SILENT DEVIL Ⅱ ~大陸編~

作者 シンム

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全94話

更新

  1. 零章 夢と幻
  2. 零話――大嫌いな神様……
  3. 零話ノ弐――子守唄と――
  4. 零話ノ参――ルゥリィエとネェリィエと闇
  5. 登場人物たち
  6. 主人公と友人(?)と各章の登場人物たち
  7. 一章――目覚め
  8. 一話――イミフな目覚め
  9. 二話――聞こえてきた声、三つ
  10. 三話――変わった自己紹介
  11. 四話――話していたら……
  12. 五話――台所で一働き
  13. 六話――朝餉をご一緒に
  14. 七話――今後の方針
  15. 八話――勉学は別に好きでも嫌いでも
  16. 九話――彼女の茶は絶品
  17. 十話――残念ドジ超全開
  18. 十一話――カゼェオンの鍵
  19. 十二話――おドジの探し物
  20. 十三話――変な異常気象
  21. 十四話――町の喧騒
  22. 十五話――ドジ三昧満喫(?)
  23. 十六話――人工人類
  24. 十七話――証明写真
  25. 十八話――苦手なオーラ
  26. 十九話――一時金がもらえたので……
  27. 二十話――フィフラーバル第三大通り
  28. 二十一話――トニーヴ通りの端末屋
  29. 二十二話――いやいや紹介してもらって
  30. 二十三話――端末の使い方
  31. 二十四話――さっさと選んで設定会計して
  32. 二十五話――第三大通りの異常事態
  33. 二十六話――黒き悪魔類人の討滅
  34. 二十七話――言い訳無用
  35. 二十八話――名など知らぬは非常識らしい
  36. 二十九話――日用品を買いに
  37. 三十話――お買い物と……おっぱい
  38. 三十一話――……ち、珍事?
  39. 三十二話――あれ、言ったっけ?
  40. 三十三話――ザラの非常勤
  41. 三十四話――不名誉撤回
  42. 三十五話――青年の問い。店主の心づけと頭痛
  43. 三十六話――当初の疑問、机に答あり
  44. 三十七話――クィースの家庭事情
  45. 三十八話――友人の為に燃やす怒り
  46. 三十九話――代行リンチも気分でできます
  47. 四十話――お手伝いを引き受けて
  48. 四十一話――へぶてびっ?
  49. 四十二話――お土産市で
  50. 四十三話――……きらい
  51. 四十四話――女の子の大好物
  52. 四十五話――ザラ刺し祭のち……
  53. 四十六話――逢貝
  54. 四十七話――タダより怖いものもある臭い
  55. 四十八話――我が心へ色を願う
  56. 四十九話――複雑なる心。ドジのご愁傷様
  57. 五十話――夜の林で
  58. 五十一話――突風と共に消えて
  59. 五十二話――帰宅
  60. 五十三話――いきなり刺します
  61. 五十四話――夕餉のこしらえ
  62. 五十五話――夕餉掃討!
  63. 五十六話――手伝いながら頑張る
  64. 二章――面談
  65. 五十七話――泣いているの、どうして?
  66. 五十八話――静寂の中で……
  67. 五十九話――起きなかったから
  68. 六十話――異国な朝餉
  69. 六十一話――悪魔さんと三人の嫌いなもの
  70. 六十二話――いざ、学校へ
  71. 六十三話――教職員事務室
  72. 六十四話――職員室でも毒毒毒
  73. 六十五話――お次は保健室
  74. 六十六話――お喋りと幻と
  75. 六十七話――保健医の噂話
  76. 六十八話――渡り廊下で
  77. 六十九話――第一体育館の騒動
  78. 七十話――騒動後の騒動
  79. 七十一話――御令嬢のお願い
  80. 七十二話――野次馬れでぃず
  81. 七十三話――ある意味発狂女も参加
  82. 七十四話――笑えぬ時ほど笑み湛えよ
  83. 七十五話――無駄圧かけられつつ
  84. 七十六話――面談待っていると……
  85. 七十七話――面談試験開始
  86. 七十八話――自己紹介
  87. 七十九話――愚者への断罪
  88. 八十話――面談も後半へ。そして合否
  89. 八十一話――バカを躱して履修届を
  90. 八十二話――なぜかハイソな地区へ
  91. 八十三話――お祝いを受けて
  92. 八十四話――月夜の密談
  93. 三章――武術科と屠勠者
  94. 八十五話――アナタはダレ?
  95. 八十六話――ひどい夢のあとに
  96. 八十七話――みんなで軽食もぐもぐ
  97. 八十八話――はじめての授業
  98. 八十九話――最初の課題と宿題
  99. 九十話――お仕事をしたくて