鼻血探偵~告白されると鼻血を出して気絶してしまうイケメン人気作家の事件簿~

作者 蒼山皆水

この時代、鼻血ブーだって許される、そう、イケメンならね

  • ★★★ Excellent!!!

 もし、未熟な結末であったなら、私はこう言うだろう。

「面白かった、どんでん返しだから」

 だが、成熟した結末だから、私はこう言おう。

「どんでん返しだ、面白い」

 前置きが必要だろう。
 どんでん返し部門と前以て、タガをはめられた作品群は不幸だと思う。
 半分ネタばらしをされたようなものだ。
 功罪は大きい。

 それをして、レビューに値する作品に出会えたことは僥倖だと思う。

 鼻血描写のギャグをこの令和という時代にブッ込んでくるレトロさ。
 読み手に負担を感じさせない、ライトなレトリックさ。
 短編連作のように、続く事件の小気味よいテンポのシャープさ。

 何より、どんでん返し部門だから、どんでん返しをしなくてはならず、それでも読む側のハードルを易々と越えてきた結末、伏線、キャラクター達、何より作者に拍手と賞賛を送りたい。

 どんでん返しであることを忘れて、もう一度読み、そして騙されたい。
 そんな作品である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

おおさわさんの他のおすすめレビュー 452