彼の視線、私の視線

作者 OKAKI

ありますよね、なんかその人とついつい目が合ってしまうこと

  • ★★★ Excellent!!!

 クラスで人気ナンバーワンの男子と、なぜか目が合ってしまう地味子。
 彼なんかがあたしなんかを相手にするはずがない……。と思いつつも、彼の視線が気になってしまう。

 まったく恋に興味のなかった蕾の女の子が、ゆっくりとその花弁をひらく青い春の物語です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

雲江斬太さんの他のおすすめレビュー 370