ガンズ・オン・グレイブ

作者 藤原埼玉

56

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 暴力組織も兼ねる教会『主の岬』の神父と見習いコンビが、孤高の暗殺者〝蛇〟と激突するお話。
 エンタメ上等なガンアクション活劇の第二弾です。単話の短編とはいえ設定的には連作ですので、前作『ガン・オン・グレイス』とあわせて読むとより楽しめるかと思います(作者ページからどうぞ)。
 ものすごく乱暴に要約してしまうのなら、『やたら癖のある(そして顔のいい)男たちが、大量の銃火器を振り回してはちゃめちゃに殺し合う物語』で、とどのつまりはゴリゴリの大衆娯楽作品です。いいところは山ほどあるのですけれど、すべて〝エンタメ〟の一語で説明できてしまう——というか、あらゆる美点がその一点に向けて徹底されているところが、本作最大の魅力であるように思います。
 特筆すべきはやはり設定の明瞭さ、言い換えるなら「設定を見ればどう楽しむべきお話かわかる」ところです。『暴力組織としての裏の顔を持つ教会』というのは前作の時点でも明らかなのですけれど、今作では敵対組織についても描かれており、より組織同士の抗争という面にクローズアップされています(前作はどちらかといえば主要人物同士の出会いに主眼が置かれていた)。
 畢竟、登場人物の数も多くなるのですが、魅力的なのはその立場や抱えたものの違いがはっきり伝わるところ。要は事実上の群像劇なのですが、彼らひとりひとりのキャラクターがしっかり立っているという以上に、それが作劇上の役柄に囚われていないところが最高でした。わかりやすく言うなら、「全員死なせるには惜しいのに、なんか全員いつ死んでもおかしくない感じがする」ような読み心地。この人物の肌触りと、そして暴力の出し惜しみのなさが魅力でした。
 個人的に好きなのは、本来敵役に当たるはずのジュージが、単話としての主人公役を担っている点。これは彼の物語であり、にもかかわらずシリーズの主人公たるふたり(ウィステリオとハーブ)… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 皆様は黒髪長髪イケメンについてどうお考えでしょうか。どうせ長髪ならば例えばセフィ……みたいに色素は薄いほうが良いと思われる方はけっこういらっしゃるのでしょうか。
 諸君わたしは黒髪長髪が好きだ。
 艶めく烏の濡れ羽色。
 頬に張り付く一筋の黒。
 日本人が持つ美しい髪色ではないですか。

 こちらの作品には、黒髪長髪敬語属性の美しい男が出てきます。血を浴び、黒髪を揺らし、美しく笑います。素晴らしい……あまりに素晴らしい……。

 戦場を飛ぶ一羽の黒揚羽もとい、一匹のサイコ爬虫類。
 推しになりました。皆様も是非お読みください。

★★★ Excellent!!!

慎ましい。あまりにも慎ましいガンアクション。

神の名において、その慎ましさは美徳なのでしょう。
もう信仰は捨てよう。ヘリとガトリングで町が残るなどあっていいことなのでしょうか。ベトナム戦争を思い出していただきたい。ナパームだって撒いたっていいじゃないですか。ガトリングでたったの三千発。その消費には秒ですら短すぎます。桁が違っていたかな。三万でも三秒あれば終わるその弾数で何ができるのか。味方なんて無視して撃ち続けましょうよ。もっともっと撃てますよ、まだまだ遠慮が見えます。もうあれです、弾が足りない。ゲリラ豪雨より強く多く激しく撃ち続けるだけの火器を。それが叶わないのならばガンカタを。

神よ、ガンアクションはお嫌いですか?

★★★ Excellent!!!

軽妙に進むテンポ、台詞の応酬とアクションのリズム感が心地よい。読んでて気持ちよくなれる作品です。

しかし、それにしても今回は旧キャラ新キャラあわせて名言たくさん出ましたね!
「CP固定しておかないと解釈違いは血を見ることになるわよ?わかる?」
「推しカップルの関係性は二人だけの世界…私の存在は不要なんです。私は壁。」
自らがなんだかよくわからんすげえ一族の後継者としてわかった直後なのにこのセリフを吐けるとは、若いのに本当に将来が期待できるお嬢様です。クソデカ感情に情緒を見出したのなら次は「不穏」というものにぜひ手伸ばしていただきたい。最高ですよお嬢様。


イサキお嬢様も若いというのに主人としての胆力がすばらしい。
「私の罪の代償だから…」と主従の誓いを新たにする。そして是非もないと受け入れる従者………なんて美しきかな……(イヤなんかものすごい銃撃戦どころじゃない戦いの後なんですが)
いやあこれでイサキお嬢様がおぼっちゃまだったらコトリお嬢様もとてもCP固定に悩んだことでしょう。イサキお嬢様がお嬢様で本当に良かったと思った瞬間です。それだけ今回のストーリーのきもというべきは家族愛を含んだ主従というところです。全くもって美味しいです。ごはんがうめえ。


シスター・チヒロも最高に毒舌でかっこいいのに眼鏡に身を捧げる姿勢、信念、素晴らしすぎてどこからどう褒めたらいいかわからないです。
「前提を間違えていたのよ…白兵戦というね…フフ…クソ喰らえだわ…」
ダ●クロはじめたらこの人、「白兵がなんじゃああこちとら火力固定値爆上げRCじゃああああ」っていってプラズマカノン飛ばすと思います。完全に私見です。


そして特筆すべき蛇ことジュージ。
やーもー存在がやばいのでー。ずっとやばいのでー。さいしょからさいごまでやばいのでーーーーーー。
いいとこあげていったら「もうSSにしたほうが早… 続きを読む