ひまわりの氾濫 ―ゴッホの芸術と人に迫る―

作者 いすみ 静江

名高き絵画に引き寄せられて。高校生男女がファン・ゴッホの軌跡を追う!

  • ★★★ Excellent!!!

本作は、誰もが名前は知っているであろうフィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホによって描かれた、ひまわりの絵を巡る物語です。
理系女子・菊江と、芸術系男子・壽美登。
二人とひまわりとの出会いから、不思議な旅が始まります。

不思議なひまわりの壺、フィンセントの弟テオによる手記を手がかりに、二人の精神は過去へ飛び、フィンセントの絵画の謎、その人生さえも追いかけます。
読者も高校生二人の体験を楽しみながら、楽しくファン・ゴッホの絵画と生涯について学ぶことができます。

さらに、二人の家族との関わり、未来への展望、そして恋…と、とても内容の濃い青春物語でもあります。
高校生男女のときめきと美術史の魅力がたっぷり詰まった本作。
美術館へゆっくり足を運ぶように、じっくりと味わってみませんか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

黒須友香さんの他のおすすめレビュー 616