普通という暴力

作者 バル@小説もどき書き

「普通」という言葉を用いた無意識の暴力

  • ★★★ Excellent!!!

「普通」とか「一般」という言葉を自分に充て、他者を攻撃する。
そういう人間は、どの世界にも、一定の割合で存在する。

もっとも、そういう言葉でくくられる範囲にいる者たちは、楽である。
自分たちは「普通」であり、「一般」だと思っていられるから。

だが、何かがそうでないとき、その手の言葉を信奉する者たちは、暴力という意識なしに、攻撃を仕掛けてくるものである。
もちろん、「攻撃している」という認識もなしに。
彼らはなまじ「ためを思って」ものを言っている要素がある分、性質が悪い。

~余談ながら、私自身、そういう人物を裁判を通してボコボコにしたことがあるので、身にしみてわかっている。

そのことを、この短編は「普通じゃない(?)」少女の身を通して我々に警鐘を与えてくれている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

与方藤士朗さんの他のおすすめレビュー 347