君が触れてくれるなら【本編完結・番外編更新中】

作者 立川マナ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第3話 秘密の関係へのコメント

    カブちゃんよく言ってくれたー!(^^)!
    香月との連携もバッチリ。チームワークは伊達じゃありませんね。
    ナンパ男よ、もう二度と近づくんじゃないぞ((º言º))

    セナちゃんとは、まだつきあっていませんね。
    陸太と香月ものろのろでしたけど、この二人はいつくっつくでしょうね( *´艸`)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    カブちゃん、ばしっと言ってくれました。
    ブランクはあれど、香月とのチームワークは健在でしたね。二人でしっかりナンパ男を撃退しましたー!

    そうなんです、まだ付き合ってないんですよね。まだ……!(大事なので二回/笑)
    陸太と香月は相当時間かかっちゃってましたからね。えーっと……ご、五年……か?(笑)
    この二人はもう少し、早く進展してほしいものです!

    2021年5月9日 07:12

  • 第3話 秘密の関係へのコメント

    さすが香月。一瞬で察して最適な行動をとる。こういうのを、カッコいいって言うのですね( ´,,•ω•,,`)♡

    そしてカブちゃんもよくやってくれました。失礼男、二度と図々しいまねをするんじゃないぞ。セナちゃんの彼氏としての役目をしっかりはたしましたね。
    って、違う違う付き合ってないからーっ!Σ( ゚Д゚)
    ……今はまだ、ね(*´艸`)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    久しぶりの、イケメン香月です。
    そうなんですよね、察し力(ってあるのか!?)こそがかっこよさの秘訣ですよね〜。察してサッと行動を取る。そう、さりげなくベンチにハンカチを置くジェントルマンのような!?(実際、されたら引きそうですが……笑)

    怒るときはしっかり怒るカブちゃんでした。あの男はきっとそのうち苦情が来てバイトをクビになるでしょう……お客さんにナンパすな(笑)
    そうそう、彼氏として……って、違いますよー!? 付き合ってませんからね、まだ! まだ……!!(笑)

    2021年5月9日 07:09

  • 第3話 秘密の関係へのコメント

    更新ありがとうございます。昔の戦友(とも)は今も友。俺とお前のコンビネーションキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 一瞬で意思の疎通を図れるのはすごい。

    一方で誤解されてる事柄も。こちらはちゃんと説明せな、伝わりませんわね。セナだけに(←)

    カブちゃんとセナちゃんは ”まだ” 付き合ってはいないのです―――

    ΩΩΩ<な、なんだってー!?

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    カブ&カヅのコンビネーション来ました〜! って、サッカーでありそうな(笑)
    なんだかんだで六年の交友関係がありますからね。こちらも息はピッタリのようです!

    セナだけに(爆笑)
    そうなんですよね。すっかり、周りに誤解されているようです。まあ、あんなに仲良く(第二話)あははうふふと話していたら、そりゃあ誤解されますよね。

    逆に、『まだ』付き合ってなかったんかい!? て感じですよね(笑)

    2021年5月9日 07:06

  • 第2話 ファンへのコメント

    更新感謝です!乾杯だけに完敗!いや~こいつは一本取られたZE!Σ(ノ≧ڡ≦)
    躍進するセナちゃん。活躍の裏には支えてくれる人の存在が…(瑠那調べ)

    カブちゃんとセナちゃんは互いを励みにし合う観測関係。カレカノではないのだろうけど…急場しのぎとはいえ、勝手にあてがわれた香月ちゃんは目を白黒させていたことでしょう。笑

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    一本取れてましたYO!(>▽<)すっかり、息の合っている二人です。
    そうなんですよねぇ。支えてくれる人がいるから、セナもがんばれる。きっと、鏑木のあの言葉がなければ、ここまで頑張れてなかったかも……!?
    瑠那、もはや情報屋ですね。芸能リポーターになれちゃいそう(笑)

    カレカノ……では、まだ無さそうですね。あくまで、観測しあう仲……って、それはなんなんだ? と本人も困惑している様子ですが。そこに巻き込まれた香月。「えっ」て感じですよね(笑)
    うまく助けてくれるのか……!?

    2021年4月15日 23:00

  • 第2話 ファンへのコメント

    セナちゃんの活躍。ファンとしては、これほど嬉しいことはないですね!(^o^)!
    会う機会が減ってしまったのも、ファンとしては仕方ないと思うしかありませんが、ファン以外の部分ではどうなのでしょう?

    突然割り込んできた男は、ファンとしても友人としてもお引き取り願いたいところですが、どうしたものか。
    香月、出番だよーっ!(^o^)!

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんです、『ファンとしては』嬉しいんですよね! 有名になって活躍するのは、ファンとしては喜ばしいところ。でも……何か引っかかっているところがありそうな鏑木。
    ファン以外としての気持ちも……あるんでしょうかね〜??

    >突然割り込んできた男は、ファンとしても友人としてもお引き取り願いたいところですが

    ほんとですよねー(>_<)ファンとしても友人としても! いや、ほんとその通りだ、と頷いてしまいました(^^)そして、バイトとしてもお引き取り願いたいところですよね(笑)

    こういうときこそ、イケメンの出番(笑)香月、頼んだぞー!

    2021年4月15日 22:51

  • 第2話 ファンへのコメント

    セナの人気が再燃。喜ばしいことですけど、彼氏と誤解されては迷惑がかかるかもしれない。
    この辺が、有名人と付き合っていく上で難しいところですね。

    救世主香月の登場で、切り抜けられるか(≧∇≦)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんですよね。セナも有名人になり、鏑木の『観測』もなかなか複雑になってきたようです(>_<)
    男子高で女子との関わりもあまりない鏑木。いきなり、大人気モデルとなったセナとの付き合い(どういった付き合いかはまだ謎ですが笑)が始まって……これからどうなることか!?

    救世主香月! まさに鏑木にとっては、そんな感じですよね。
    ちゃんとなんとかしてくれるかな……?

    2021年4月15日 22:46

  • 第2話 理想のカノジョへのコメント

    おおお…次世代恋愛アプリ、てかAIすごい…

    作者からの返信

    @1121uniya様

    初めまして。拙作をお読みいただき、こうしてコメントを残していただき、ありがとうございます!
    応援、大変励まされます〜。

    そうなんです……スーパーAIです(笑)ダウンロードするの、ちょっと怖いですよね。

    2021年4月8日 14:37

  • 第1話 星と太陽へのコメント

    自信を持つことができなくて悩むセナ。
    だけどちゃんと見て応援している人がいるってことを、太陽くんは教えてくれましたね(#^^#)

    失敗することもあり、テンパってしまう太陽くんですけど、気持ちはしっかり届いていますよ!(^^)!

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんですよね、ちゃんと見て応援してくれてる人がいる、て分かるだけで、ほんと力がもれるものなんですよね。家族でも、友人でも、また、見知らぬ人でも……。
    いつも余計なこと言っちゃう鏑木ですが、今度ばかりはグッジョブでした(笑)

    ほんと、鏑木は常に失敗ばかりで、慌てること多々ですが……熱く優しい心はちゃんと届くんですよね〜。

    2021年4月7日 06:48

  • 第1話 星と太陽へのコメント

    自分の言ったことに慌てふためいていますが、こんなに力強く応援されて、嬉しくないはずがありませんね。
    これからもセナちゃんを観測して、そしてセナちゃんに観測される日々が始まるわけですか(*´艸`)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    そうですよね! 力強い応援の言葉……これほど力になるものはないですよね。弱った心に、ガツーンと効いちゃいますね。セナもそりゃあ、イチコロ……!?

    そうです、そうです、観測しあう日々が……!(^^)

    2021年4月7日 06:46

  • 第1話 星と太陽へのコメント

    更新ありがとうございます。一日千秋の思いでお待ちしておりました、カブちゃん&セナちゃん回。

    モデルとして行き詰っていたセナちゃん。彼女に足りないものがあるとすれば、水とそしてお日様の光。積もった雪を溶かすのも春の太陽。

    氷上の妖精を照らす太陽…って、ややアンバランスだけれど。笑

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    一日千秋……! そうおっしゃっていただけて、嬉しいです〜。
    いつか描きたい、と思っていた二人の話なのですが、需要があるのかは定かではなかったもので……お待ちくださっていた、と聞いてほんと感激です(^^)

    わわ、素敵なたとえの数々〜。うっとりしました(>▽<)
    自信を失くし、一人、ふさぎ込んでいた様子のセナ。氷のように冷たくなりかけていた彼女の心を溶かしてくれたのは太陽だった……と。うふふ……。

    >氷上の妖精を照らす太陽…って、ややアンバランスだけれど。笑

    ほんとですねー!?(笑)気づきませんでした!
    確かに……『妖精』溶ける、溶けるー!!

    ハリネズミのジレンマ、て知ってる?(Aカギ博士)てやつですかね?(ちょっと違うかもしれない笑)

    2021年4月7日 06:44

  • 最終話 特別なものへのコメント

    更新ありがとうございます。

    他人からすれば何の変哲もない、ただのグミでも。二人にはもう違ってて。
    初めてもらったバレンタインの贈り物で、思い出で、二人だけの絆なのですね。

    甘すぎて、香月ちゃんがいればチョコなどいらない陸太くんでした。笑
    なお、小鶴さんから貰ったやつー。だからとっとと隠滅しておけとあれほど…(言ってない)

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんですよね。このバレンタインも二人の思い出になるわけで。ただのグミでも、二人にとっては大切な絆の証。
    これから、また一枚ずつトレカが増えていくのもきっと楽しいだろうな、と(^^)

    >甘すぎて、香月ちゃんがいればチョコなどいらない陸太くんでした。笑

    ほんと、それですね!? 香月で十分糖分取れてるので(笑)チョコなんて要りませんね。
    ほんとですよー。隠滅しておけば良かったものの……。義理チョコもらってもいいけど、それをカノジョに渡すとは。愚かの極み(笑)こっそり食べるか、父親にあげるのが紳士の嗜みですね(?)

    2021年3月23日 05:16

  • 最終話 特別なものへのコメント

    バレンタインということで、積極的になった香月。
    チョコレートよりも甘いキスに、キュンキュンさせられました( 〃▽〃)

    最後のヤキモチを妬く香月も。本人たちにしてみれば良くないことでしたけど、読む側からすればそれすらも可愛く見えましたよ。
    ごちそうさまです( *´艸`)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    キュンキュンしていただけたみたいで、良かったです〜(>▽<)ホッといたしました!
    バレンタインということで、こういうキスもいいかな、と思って描いてみたものの、読者の方に引かれやしないか、とハラハラしてました。(でも、実際、この最終話は皆さまの反応がいつもより少ないので、やり過ぎてしまったかな、と反省しています……汗)

    ヤキモチも可愛く見えた、とのこと。嬉しいです!
    香月もこういうヤキモチもするようになってきたんですよね。陸太は怯えてましたけど、これも愛情。そのうち、陸太も余裕を持って受け止められる日が来るかな〜。

    2021年3月23日 05:12

  • 最終話 特別なものへのコメント

    香月からの贈り物。陸太にとっては、これだけで十分に特別ですね。そしてその後のキスは……十分以上です(///∇///)

    ただその後は、ちょ~っとまずいことになってしまいましたね。
    チョコはいらない。香月からのグミだけあればいいです(;^_^A

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんですよね。陸太にとってはこれ以上に特別なものはないんですよね。香月からもらった……とそれだけで、なんでも特別になっちゃいます(^^)
    もちろん、キスも……!?

    しかし、最後に詰めが甘かった!? やっぱり、恋愛偏差値は低いままの陸太。初歩ミスをやっちまいました(笑)
    これからは、香月のグミだけで。その他のチョコは、こっそりお父さんにあげましょう(笑)

    2021年3月23日 05:06

  • 第7話 初めての……へのコメント

    更新感謝です。「小学生か!」より「一途か!」がいいと思います。笑
    気分はスピッツの「チェリー」ですね。

    何気ないやり取りをずっと覚えててくれたのだなと思うと。愛おしさがこみ上げる陸太くんの気持ち、伝わります。その想いに、どうすれば報いることが出来るのだろう。

    わからないけれど、今はただ触れたい、そして抱きしめたくて仕方ないのでしょう。

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    「一途か!」いいですね〜(>▽<)デレツッコミですね(笑)
    「チェリー」懐かしい〜! 一途な歌詞なんでしたっけ? もう一度、聞きたくなってきました(^^)

    何気ないやり取りでも香月にとっては特別だったんですよね。その頃は、まだ、はっきりと『好きだ』と自覚はしていなかったとしても、なんとなく『渡したい』という気持ちはすでにあって。ずっとその気持ちを胸に抱いたまま、今まで来ていたんですね。

    >わからないけれど、今はただ触れたい、そして抱きしめたくて仕方ないのでしょう。

    そうなんですよね! こみ上げてきたのは、きっと『愛おしさ』。触れたい、と思うのはもう自然な流れですよね〜。これで抱きしめたら香月も喜びそうです。

    2021年3月19日 02:48

  • 第7話 初めての……へのコメント

    陸太が忘れてしまっていたバレンタインの思い出を、香月はずっと大切に覚えてくれていたのですね。

    陸太との一瞬一瞬、一言一言をとても大事にしていたのが、よく分かります(*´▽`)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    ちらっと聞いたことでも、香月にとっては重要なことだったんですね。些細なことでも、好きな人の好きなものは特別なんですよね〜(^^)

    そうなんですよね! 一瞬一瞬、一言一言。香月はしっかり胸に刻んできたんですね。

    2021年3月19日 02:37

  • 第7話 初めての……へのコメント

    『ボケモン』のトレカ入りグミ。いったいなぜと思いましたが、そんな理由があったのですね。
    小三の時から毎年、陸太の言った一言を覚えていて、本当はずっと渡したかった。その一途さに涙が出てきます( 。゚Д゚。)
    目一杯抱きしめて、グミを食べて、トレカは大事に大事にとっておきましょう(*´▽`*)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    涙が出てくるとのお言葉、嬉しいです〜(>▽<)子供ながらに、そういう『渡したい』という想いはあったんですねぇ。当時は、それが恋愛だということは、分かっていなくても……。毎年、バレンタインには、渡したいな〜、て思って過ごしていたんでしょう(^^)

    ふふふ。そうですよねぇ。トレカも大事に取っておかなくては。(もしかしたら、何十年後かにプレミアがつくかも!?笑)

    2021年3月19日 02:31

  • 第6話 バレンタインなのでへのコメント

    バ・レ・ン・タ・イ・ンー!Σ( ゚Д゚)
    自分はてっきり……いえ、何でもありません(^◇^;)

    最後の香月のセリフ、遠慮がちに言ったところに緊張が現れていて、それだけにとても可愛く感じます。
    想像していたものとは違ったけど、忘れられない大事な思い出になりそうですね( 〃▽〃)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんです、ふつーのバレンタインでした(笑)
    てっきり……てっきり……!? って、いや、もうミスリードガンガンだったので。これ、香月が全部ワザとだったら、かなりの小悪魔ですよね(笑)

    >最後の香月のセリフ、遠慮がちに言ったところに緊張が現れていて、それだけにとても可愛く感じます

    そうおっしゃっていただけて、嬉しいです〜!
    そうなんです〜、あの香月が緊張している……という、そういう場面を強調したかったので、気づいていただけて感激です(T_T)それだけ、彼女にとっては特別な日なようで(^^)その想い、陸太にちゃんと通じるかな……?

    2021年3月17日 04:56

  • 第6話 バレンタインなのでへのコメント

    最後までドキドキさせられました( *´艸`)

    自分達のペースで構いません。ゆっくり確実に、歩を進めていきましょう。
    このドキドキは今しか味わえないのですから、たっぷり堪能してください(#^^#)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    最後までドキドキー!? 嬉しいです、ありがとうございます〜。そうおっしゃっていただけると、ホッとしますね〜(^^)

    そうなんですよね、ゆっくり確実に。焦らなくていいんですよね。『初めて』のドキドキを一つずつ重ねていけばいいんですよね。
    今しか味わえないドキドキ……! ありますよね、ありますよね。この歳ならではの……! いいですね、青春(遠い目)

    2021年3月17日 04:54

  • 第6話 バレンタインなのでへのコメント

    更新ありがとうございます。気分は毎日がバレンタイン!(←)

    陸太くんのベッドメイキング力が上がっている…乱す前に整えるのが男の流儀ですね、わかります。

    香月ちゃんは焦らず、ひとつひとつ。”初めて”を更新していけたらいいと思ってくれている様で。陸太くんの方はバキバキみたいですけど…

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    わ〜、そのお言葉に一気に気が楽になりました(笑)
    『やばい……ホワイトデーすぎとるやん。早く終わらせないとー!』と心が折れそうになったのですが、このまま、予定通りに書き進めていきたいと思います!

    ぶふっ! ベッドメイキング力! ほんと、上がりまくってますね。付き合いだして、どんなところをスキルアップしてるんだ!? と(笑)
    見出す前に整えるのが男の流儀! 名言、いただきましたー(>▽<)そうですよねぇ、やっぱり部屋もベッドもキレイにしててくれると気分が違いますよね。樹の部屋はもう言語道断で、典子はなんと思っているのやら(笑)

    >焦らず、ひとつひとつ。”初めて”を更新していけたらいいと思ってくれている様で

    素敵なお言葉……! そうなんですよね、『初めて』は何もあれ一つじゃないですから。『初めて』はなんでも特別。きっと、香月は一つ一つ大切にしていきたいんですよねぇ。
    バキバキ!? ちょ……初めて聞きました(笑)バキバキとは……!?

    2021年3月17日 04:51

  • 第5話 初めてと最後へのコメント

    『今、俺が好きなのは香月だ。これからもずっと傍にいて、幸せにしたい。――そういうふうに誰かを思ったのは、香月が初めてだ。この先も香月だけだと思う。てか、香月だけでいい。俺は、一生……』

    この陸太君の台詞を聞けば今までのモヤモヤ
    (陸太君の初恋は香月さんじゃないって事)
    なんか吹っ切れちゃうだろうな〜
    ある意味プロポーズだと言われても納得する位ですし…
    こんなの聞いたら小さい拘りなんかすっ飛んでいっちゃいそうです。
    初恋より今、そして最愛の人の最後になる方が重要ですよ!

    さてさて次はドキドキワクワクの展開を期待して待ってますね。

    作者からの返信

    @centurion41様

    コメント、ありがとうございます!
    引き続き、バレンタイン短編(短編の長さじゃなくなってきてますが笑)もお読みいただき、嬉しいです。

    ほんと、プロポーズですよね〜! 本人に自覚はなくても、それくらいの気持ちはきっとあるんですよね。陸太は、きっと香月以外は考えられないんじゃないか、と思います。実際、香月じゃないと陸太は受け止めきれないんじゃないか、とも思いますね〜。
    ここまで言われたら、さすがに香月も吹っ切れますよね。初恋だなんだ、と悩んでいるのがもったいないくらいで。

    >初恋より今、そして最愛の人の最後になる方が重要ですよ!

    そうですよね! 『最愛の人の最後』……! それが何よりの幸せですよね(^^)初恋は初恋で特別ですが、最後だって特別。そんな最後の相手に、陸太は自分を考えてくれている……とそれが分かって香月も不安が一転、嬉しくてニヤニヤしていそうです。

    もうすっかりバレンタイン過ぎちゃってホワイトデーになりかけていますが(笑)、甘々展開をご用意しておりますので。引き続き、ご賞味いただければ光栄です!

    2021年3月11日 15:06

  • 第5話 初めてと最後へのコメント

    更新感謝です。

    最初にはなれなくても、最後にはなれる…素敵な言葉ですね。
    最後に倖せだと思えたならそれで。

    「誰を愛そうと…どんなに回り道をしようとも構わぬ。最後にこのカヅキの横におればよい!!」

    後の世紀末覇者・かぢゅきちゃんである(ぉぃ)

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    素敵な言葉、とのコメント、嬉しいです(^^)
    そうですよね、終わり良ければ全て良し、と言いますか。最後に一緒にいられたらそれが全てですよね。
    このままいけば、きっと二人はそうなりそうですし……。万が一別れても、また復縁しそうな感じがあります。いつかの、あの二人のように(笑)

    世紀末覇者になっている!?(爆笑)
    彼女ならそれくらいのことを言っちゃいそうです(^^)それにしても、『かぢゅき』の字面が可愛すぎますね(笑)『じゅ』と『ぢゅ』の違いを見せつけられます……!

    2021年3月11日 14:51

  • 第5話 初めてと最後へのコメント

    一瞬香月が陸太殺すのかと思った

    作者からの返信

    @Sats様

    はじめまして。
    本編、そして、番外編も引き続き、お読みいただき、ありがとうございます。いつも、応援していただいて、大変励まされています!
    こうしてコメントも残していただけて、光栄です。お話しできて嬉しいです〜(^^)

    香月が陸太を殺す……!? すみません、吹き出してしまいました(>▽<)
    ど……どこで思われたのでしょう!? 『最後』だからですかね? なるほど……『あなたを亡き者にすれば、永遠に私の物!』的なやつですかね!? 
    そう言われて読んでみると、確かに、このまま一気に昼ドラ? 火サス? 展開になってもおかしくない雰囲気がありますね(笑)

    2021年3月11日 14:46 編集済

  • 第5話 初めてと最後へのコメント

    陸太、香月との恋を最後の恋にしてくださいね!(^^)!

    そして、この「部屋、行っていい?」の意味は(*/□\*)
    これはドキドキです( *´艸`)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    そうですよね〜。『最後の恋にする』って、つまり、そういうことになるので(^^)陸太にはもういっそのこと腹括ってもらいたいところです!(笑)

    はてさて。香月は部屋で何をするつもりなんでしょう……??

    2021年3月11日 14:42

  • 第5話 初めてと最後へのコメント

    初恋は特別なもの。だけど今抱いている香月への恋心だって、他の何にも変えられない特別なものですね。
    最初の恋の相手にはなれなくても、最後の恋の相手にはなれるはず(*´▽`*)

    『初めて』『部屋』。これは、まさか……(///∇///)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんですよね〜。今の恋心だって、初恋に負けないくらい特別なんですよね(^^)
    特に、これが最後になれば、それはつまり……!

    初めて、部屋……このワードから導き出されるものは、なんなんでしょう!?

    2021年3月11日 14:34

  • 第4話 素直にへのコメント

    更新感謝です。うんうん、曖昧にせずちゃんと終わらせて、先に進んで行かなければですね。

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんですよね。曖昧にしていたら、やっぱり香月としては気がかりが残ってしまいますからね(>_<)しかも、絢瀬は同じ学校ですぐ傍にいるわけですし。すっきりさせてあげるためにも、陸太は、過去のことだ、とはっきりさせなくては!

    2021年3月10日 05:19

  • 第4話 素直にへのコメント

    初恋は特別なもの。それは自分のでも他の人のでも変わりはなくて、だからこそどこかで気にしてしまうのでしょう。
    だけどもう、それぞれ新しい恋を胸に抱いているはず。全ての想いに決着をつけ前に進むため、陸太、今ある想いを伝えてね(#^^#)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんですよね。『自分のでも他の人のでも』って、まさにそうで! 香月にとって、初恋は陸太なので。初恋はまた一段と特別なんですよね。だから余計に、陸太の初恋は気になっちゃうんでしょうねぇ。

    >全ての想いに決着をつけ前に進むため、

    なんと素敵な一文……! ぐっときました〜(>▽<)
    ほんとそうですよねぇ。絢瀬に対しては決着はつけたわけですが、香月にはずっとはぐらかしてきてしまったので。香月に対しても、決着をつけるときが来たわけなんですよね!

    2021年3月10日 05:18

  • 第4話 素直にへのコメント

    陸太、有耶無耶にせずに、ちゃんと話をする道を選びましたか!(^^)!

    香月はドキドキしてるかもしれませんけど、勇気を出した陸太の言葉を、聞いてあげてください(*´▽`)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    とうとう、絢瀬とのことを口にする決意をしたようです。そういえば、ずっとはぐらかしてきましたからね。

    そうですよね、香月としては聞くのもドキドキ……。今までもずっとモヤモヤしてきたことでしょうし。改めて話をされるというのも、かなりの覚悟が必要なことですよね。
    落ち着いて聞くんだぞ、香月!!

    2021年3月10日 05:11

  • 第3話 二人の関係へのコメント

    更新感謝です。みんな一緒だったのですね、成程なるほど。

    セナちゃんカブちゃん、ずっと気になっていたので素敵な報せにほっこりしました。よかったですね。(╹◡╹)瑠那ししょーもきっと喜んでくれますね。

    陸太くんと香月ちゃんも幸せになるんやで。

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんです、みーんな一緒でした〜。
    ある意味、陸太、ひとり仲間はずれということで(理由はあるのですが、そこは次話で)。それはそれで悲しい状況じゃ!? と私は一瞬、思ってしまいましたが、彼はその辺は気になっていないようで(笑)

    なんと!! ずっと気になっていた!? 嬉しいです〜(T_T)
    あの二人は私の中ではずっと決まっていたカップルでして。本編描いている間も、私の脳内では、あの二人もしっかり進展していたんです(笑)本編も完結したし、番外編でなら描いてもいいのかな、と思って、このSSを描き始めたのですが……ほっこりした、とおっしゃっていただけて、ほんと、感激です!
    詳しい馴れ初めは、次の番外編で描く予定ですので。そちらもお読みいただければ、嬉しいです〜(^^)

    陸太と香月も幸せになってほしいものです。おそらく浮気とかの心配はなさそうな二人なので。陸太がしっかりしていれば、末長く爆発してくれるんじゃないかと!(笑)

    2021年3月7日 07:56

  • 第3話 二人の関係へのコメント

    香月と護、やはりやましいことは何もありませんでしたか。むしろ隠れた陸太の方が、よっぽどやましい気持ちになってしまいましたね。それとゴメン、自分もちょーっぴりハラハラしてしまいました(>_<)
    しかし罪悪感が押し寄せる中でも、香月の「子猫ちゃん」にはしっかりキュンとさせてもらいました( ´,,•ω•,,`)♡

    絢瀬とカブちゃん、おめでとう。じーっくり話を聞かせてもらうからね(*´艸`)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    香月と護は真っ白でしたね〜。もちろん、後ろのカップル(笑)とは離れて二人で歩いてはいたのでしょうが、陸太が恐れたようなことは何もなかったようです。それでも、あの状況じゃ、「え!?」と思いますよねぇ。
    陸太とともにハラハラしてくださってありがとうございます〜(^^)そして、「子猫ちゃん」にキュンとしてくださったとのこと! 嬉しいです〜。あそこを描くためにこの番外編を描いたといっても過言ではな……あ、いやなんでもないです!(笑)

    祝福のお言葉ありがとうございます〜。
    ふふふ、二人の馴れ初め。どうやって付き合い出したのでしょうかね〜。その辺は次の番外編で描こうと思っていますので、もしよろしければ、そちらもぜひよろしくお願いいたします(^^)

    2021年3月7日 07:49

  • 第3話 二人の関係へのコメント

    つい隠れてしまって、出ていけなくなる。対応に困るパターンですね(>_<)

    だけどピンチのところを、神対応してくれた香月、さすがです(≧∇≦)
    『おいで、おいで』が、可愛かったです(。-∀-)♪

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんですよね〜。隠れちゃうと今度は出ていけなくなるんですよね(笑)うまく出ていければいいのですが、不自然に出ちゃうともう気まずいったらありゃしない。

    さすが、イケメン彼女(笑)『なにやってんの?』とは言わず、相変わらずの甘々です。
    可愛かった、とのお言葉、嬉しいです! 香月は、いったい、『おいで、おいで』から何を期待していたのやら(笑)

    2021年3月7日 07:46

  • 第3話 二人の関係へのコメント

    なんと!そういう展開になってたのですね!(カブちゃん)

    作者からの返信

    @naoto311様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんです、実はあっちのほうはこういう展開になっていたのです!
    (彼ら二人については、次の番外編で描こうと思っています。もしよろしければ、そちらも引き続きお読みいただければ幸いです♫)

    2021年3月7日 07:43

  • 第2話 なんで?へのコメント

    更新感謝です。かぢゅきちゃん…

    隠れたくなる陸太くんの気持ちはわかる。笑

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    香月、いったいどうしたんでしょう??

    やっぱり、隠れちゃいますよね!?(笑)反射的に。
    遊佐だったら隠れなかったかもしれませんが(笑)、護は前にいろいろありましたし……。

    2021年3月2日 08:24

  • 第2話 なんで?へのコメント

    見損なったぞ香月ー! この浮気王子ー!
    陸太というものがありながら、護と逢引してるだなんてー。・(つд⊂)・。

    ……って、たぶん違うのでしょうね。
    だけど、だけどですよ。違うと分かっていても、つい不安になっちゃいます。陸太が変な誤解をしてしまうかもしれませんし。
    下手したら、素敵なバレンタインどころか修羅場になるかも((( ;゚Д゚)))

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    心の叫び、しかと届きましたー!
    『浮気王子』っていいですね(>▽<)ハンカチ王子とかはありますけど、そういえば、今まで無かったですよね? 『浮気王子』! なんだろう、なんか許せてしまいそう(笑)
    まさかの逢引疑惑が……!? そんな……香月に限って!?

    いったい、どんなバレンタインになるのやら? しゅらバレンタインなんてことには……!?

    2021年3月2日 08:21

  • 第2話 なんで?へのコメント

    いや……いやいやいや。これはきっと、何か事情があるのですよね。心配することなんて、何もない……はず。

    そうは思っていても、こんな場面を見てしまっては、ハラハラせずにはいられませんーっ!ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    これは……これはいったい、どういうことなんでしょう!?
    え、まさか? まさかの……!?

    『うっかり見てしまう』って嫌ですよねぇ。私は経験無いですが、フィクションにおいては大好物です(笑)

    2021年3月2日 08:14

  • 第2話 なんで?へのコメント

    何があったのでしょうね?
    陸太以外の男と二人きりで出掛けたことなかったはずなのに!

    作者からの返信

    @naoto311様

    コメント、ありがとうございます!
    引き続き、お読みいただいていて本当に嬉しいです。応援、いつも励まされています!

    わああ……! 覚えていていただいて光栄です(>▽<)
    そうなんですよね、香月は少なくともあの告白のときまで、陸太以外の男とは出かけたことがなかったはずなんですよね。それが……護と二人きり!?

    2021年3月2日 08:04

  • 第1話 ほのかな期待へのコメント

    更新感謝、感謝です。相変わらず遊佐くんはいいサンドバッグだなぁwww

    彼の言う様に、好きな人に悩ませない、惑わせないと心掛けるのも優しさだけど。
    一方で好きな人がいなければ悩むことも、得られる喜びもないわけで。あーでもない、こーでもない、と振り回されるのも乙なものです。

    それに香月ちゃんならきっと、苦手なのに頑張って食べてくれる
    陸太きゅんの顔を見ながらゾクゾクと打ち震えることでしょう。(ん?)

    はたして彼女はいったいどんなサプライズを用意しているのやら。

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    うぅ……ありがとうございます〜。こちらこそ、引き続きお読みいただき、感謝感謝でございます(T_T)ほんといつも励まされます!

    遊佐はほんとサンドバッグですよね(笑)
    女の子からの扱いがいつも杜撰ですが、それはそれで彼はきっと幸せなんでしょう(笑)

    >一方で好きな人がいなければ悩むことも、得られる喜びもないわけで。

    そうですよねぇ。好きな人がいてこその悩みもありますが、その分、喜びもあるんですよね(^^)
    プレゼント選び、チョコ選び(?)もその一つ。クリスマスもきっと楽しんだことでしょう〜……ふふふ。

    >それに香月ちゃんならきっと、苦手なのに頑張って食べてくれる
    陸太きゅんの顔を見ながらゾクゾクと打ち震えることでしょう。

    ぶふっ……!(笑)もう完全にドS疑惑が……!?
    香月ならしかねませんねぇ。そういう姿を「かわいい」と愛でそうです(笑)

    香月はどうやらしっかりこの日を覚えているようですが……何を渡すつもりなんでしょうね〜?

    2021年2月25日 14:33

  • 第1話 ほのかな期待へのコメント

    あらら、バレンタインに期待どころか、存在自体を忘れていたのですか。それにしても、香月はいつも『もらう側』だったとは、さすがです(≧▽≦)

    だけどそんな香月も、今回はあげる側? これは、一気に期待しまいますね((o(≧∀≦)o))

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    無関心すぎて、すっかり存在自体を頭の中から消去していたようです(笑)香月がもらっているのを見てきただけなので、女→男という意識が薄れていたんでしょうねぇ。そして、きっと香月はもらうことに慣れてそうです(笑)

    そうなんです! そんな香月が今度はあげる側に!
    陸太も初めてのリアルなバレンタイン。小鶴さんに煽られちゃって、さらに期待が高まっちゃいますねぇ。

    2021年2月25日 13:56

  • 第1話 ほのかな期待へのコメント

    バレンタインのお話。きっと香月は女子からたくさんチョコを貰うのだろうなと思ってたら、やっぱりですか(≧∇≦)

    バレンタインの事を忘れていた陸太ですけど、こんな風に言われたら、期待をするなと言う方が無理ですね(#^^#)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    やっぱり、香月はもらってたようですね〜(>▽<)予想していてくださったんですねー! 嬉しいです🎵
    自分よりもチョコをもらってたカノジョを持つ陸太。すっかりバレンタインなんて他人事になってたみたいです。
    そんなときに小鶴さんが煽る煽る(笑)これじゃあ、バレンタイン初心者陸太は期待しちゃいますよねぇ。

    2021年2月25日 13:43

  • 最終話 恋人の距離へのコメント

    こちらもエピローグお疲れ様です。

    陸太くんは甘やかしを覚えた!こうかはばつぐんだ!

    男の子はボロきれやカタツムリ、あとは子犬のしっぽ、そんなもので出来ていて、かたや女の子はお砂糖やスパイス、あとは素敵な何か。

    恋は人を甘く切なくさせるけど、それでも変わらないものだってあるのです。
    香月ちゃんは、そんな相変わらずな陸太くんが大好きなのねん。

    「いつまでもカワイイままだと思うなよ!(ぼろん)」

    「ちょ⁉しまって!陸太しまって!」

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    労いのお言葉、痛み入ります〜(T_T)

    こうかはばつぐんでしたね!?
    そうですね……これは、『甘やかし』ですね!? 帰りにスイーツ買ってきてくれたら、カノジョはもう蕩けちゃいますよね(^^)

    子犬のしっぽ! 子犬のしっぽとはなんなんでしょうね!?
    この一文、初めて知ったのですが、とっても可愛らしい喩えでほっこりしちゃいます(^^)
    しかしながら……男の子、結構ボロクソ!?(笑)

    そうなんですよね。やっぱり変わらないところもあって。今のカレも、昔のままなところも全部、ひっくるめて愛おしいんでしょうねぇ。

    ちょ……ちょ……最後!! ぼろんって!? 陸太、何出した!?
    コーヒーを吹き出しそうになりました(爆笑)
    「どうしよう、そんなつもりは無かったのに……」
    ってやつですね、分かります。続きはWebで……ならぬ、ノクタで!(笑)

    2021年2月13日 08:18

  • 第8話 変化へのコメント

    淋しいなら、逢いに行けばいいじゃない。いま、会いにいきます…と書けば市川拓司さんの小説になってしまいますけど。言うて別に病に侵されているわけでもないですし。

    疎遠だった時も久しぶりに会えば普通に友達だった二人。恋人同士になっても、それは変わらない様で。男子三日会わざれば何とやら。陸太くんも随分と男前が上がりましたね。笑

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんですよねぇ。新幹線で二時間なら会いに行ける距離ですから!
    会いたくなれば会いに行けばいいだけなんですよね(^^)
    二人で距離も乗り越えればいいのだ、と!

    >陸太くんも随分と男前が上がりましたね。笑

    そうおっしゃっていただけて、嬉しいです〜!
    付き合って二年。いろんな線を超え(意味深)、陸太もすっかり漢になったようです!

    2021年2月13日 07:56

  • 最終話 恋人の距離へのコメント

    ラブラブですねー。甘々ですねー( 〃▽〃)

    二人とも、前より数段に甘くなっていますよ。心が糖尿病になるくらい、激甘です(≧∇≦)

    これからも末永く、ラブラブしていってください(ノ≧ڡ≦)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    すっかり二人もラブラブになりました〜!!
    遠距離になってしまったとはいえ、仲は深まっているようで。甘々なひととき、楽しんでいただけていたら嬉しいです(^^)

    心が糖尿病に! そこまでおっしゃっていただけて感無量です(^▽^)いろいろと乗り越えた二人なので、最後はたっぷりラブラブにしようと思いまして……ふふふ。

    わ〜、嬉しい一言、ありがとうございます。『末長く』っていいですよねぇ、もう響きが……!
    ほんと、このままずっとラブラブでいてほしいものです。
    この二人なら浮気もまず無さそうなので、このままきっと順調に……!?

    2021年2月13日 07:49

  • 最終話 恋人の距離へのコメント

    あぁ尊い‥しか語彙力がない‥

    作者からの返信

    @kkym1113様

    コメント、ありがとうございます!

    『尊い』というご感想、嬉しいです〜!
    語彙力がないだなんて、そんなそんな(>▽<)『尊い』という単語を最近よく見かけて、憧れていたので、「きたーーーー!!」と心の中で叫んじゃいましたよ(笑)

    2021年2月13日 07:39

  • 最終話 恋人の距離へのコメント

    唐揚げとシュークリーム。それぞれが現す陸太の変化が絶妙です!(≧▽≦)

    うんうん。陸太、君は甘くなったよ。だけど香月、君もまた、同じくらい甘くなったんだからね。
    お互い甘~くなったということで、これからも目一杯ラブラブやっていって(///∇///)



    お風呂は照れちゃうのは仕方ない。というか、むしろ照れなくてどうするって思っちゃいます(*´艸`)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    絶妙、とおっしゃっていただけて嬉しいです〜。
    唐揚げのときは、男扱い。それが、女としての香月を知って、『彼女』の好物を知っていったんですねぇ(^^)

    そうなんですよね〜。陸太も甘くなったし、香月も素直に甘えるようになって。甘くなったのはお互い様。二人ともすっかりラブラブカップルになったものです(^^)

    おお! 貴重なご意見、嬉しいです!
    どうしても、男性視点で書いているとその辺が自信が無いというか。男性からすると、お風呂入るなんてどうってことないものなんじゃ!? とか不安もあったんですが、そうおっしゃっていただけてホッとしました〜。

    2021年2月13日 07:37

  • 第8話 変化へのコメント

    陸太、変わりましたよ。以前は香月にドキドキさせられていましたけど、今は香月をドキドキさせています( *´艸`)

    もちろん前からドキドキはあったでしょうけど、レベルが違いますね(≧∇≦)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    陸太、変わりましたか!? そうおっしゃっていただけて、私も感無量です〜。
    そうなんですよねぇ。前まではドキドキさせられ、イケメンカヅキにたじたじだった彼ですが、今はちゃんとドキドキさせてあげられてるようです(^^)
    またもや、立場が逆転しました!

    前は、陸太がデレても、まだぎこちなかったですしね。きっとキュン……! くらいだったと思いますが、今はもうしっかり堂々と言うようになって、香月もそりゃあ、一たまりもないですよねぇ。

    2021年2月11日 16:55

  • 第7話 訪問その二へのコメント

    更新感謝です。今はあいにくと距離が遠いけれど。”おはよう”と”おやすみ”、”ただいま”と”おかえり”を繋ぎ合わせて、いつか家族になっていくんやろなぁ(しみじみ)

    自分も香月ちゃんの待つ家に帰りたい。(切実)

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    >”おはよう”と”おやすみ”、”ただいま”と”おかえり”を繋ぎ合わせて、いつか家族になっていくんやろなぁ

    なんと素敵な一文……! ジーンときました〜。そうですよね、家族になる、てそういうことなんですよねぇ。
    そして、『おはよう』と『おやすみ』もいいですよね……! すごくほっこりします。

    >自分も香月ちゃんの待つ家に帰りたい。(切実)

    切実なコメント、ありがとうございます!!(笑)
    そんなご感想をいただけて、ほんと光栄です〜(^^)

    2021年2月8日 15:36

  • 第7話 訪問その二へのコメント

    合コンで鉢合わせした時は、終わったって思ったでしょうね。
    けど、あれが新しい始まりでした!(^^)!

    陸太、嬉しいこと言ってくれましたね。
    キュンキュンさせられます(ノ≧ڡ≦)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    ほんと、『終わった!』て瞬間だったでしょうね。それまでもきっと、何度も言おうか迷ったこともあったでしょうに。まさか、あんな不意打ちになってしまうとは……!

    >けど、あれが新しい始まりでした!(^^)!

    わ〜、嬉しいコメント、ありがとうございます!
    そうなんですよねぇ。あれのお陰で、二人とも急接近できましたからね。始まりでもあったんですよね。

    キュンキュンしていただけて、嬉しいです!!(>▽<)
    それを聞けてホッといたします〜。

    2021年2月8日 15:29

  • 第7話 訪問その二へのコメント

    ずっと男ということでやってきて、思わぬ形でバレてしまった。それを思うと、ずいぶん遠くまできたものですね(*´▽`*)

    遠距離になっても想いは変わらず、会えたら心臓がはね上がる。イケメン香月、今回は乙女モードです(///∇///)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    ほんと、そうなんですよねぇ。あんな形でバレてしまうとは……あのときの香月は、きっと血の気が引いたことでしょう(>_<)
    あそこから、今やもうすっかりラブラブカップルですからね。雨降って地固まる、てやつですかね!?(^^)

    そうなんです! すっかり乙女モード全開です(>▽<)
    陸太と付き合い始め、大学に入り……香月もすっかり女の子になっているようです。

    2021年2月8日 15:05

  • 第6話 自覚へのコメント

    更新ありがとうございます。自覚、していなかった。意識していなかっただけで。心の中に種があって、芽を吹いて、日々成長していたのですね。

    この時はまだ片想いだから、開花には足りないけど。その為に育てていたんだなって思います。

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    うぅ……こちらこそ、ありがとうございます〜(T_T)更新を喜んでいただけると、ほんと嬉しいです!

    >心の中に種があって、芽を吹いて、日々成長していたのですね。

    なんと素敵な一文か……!
    そうなんです、まさにそんなイメージで。まさに『芽吹き』をテーマに書いた番外編だったので、そういったご感想をいただけて本当に嬉しいです!

    『この時はまだ片想いだから、開花には足りないけど』……って、その通りだー! と目からウロコ体験(?)でした。ほんと、そうですよね!? 片思いだと開花できないんですよね。わあ〜、なんて素敵な表現だろう、てうっとりしました。ありがとうございます!
    ここからじっくり育て、この四年後(五年後? ほんと算数苦手です笑)には無事、開花できたわけですが……ふふふ。

    2021年2月2日 14:16

  • 第6話 自覚へのコメント

    可愛いだろうとカッコいいだろうと、大切なのは好きって気持ち。とうとう気づいちゃいましたか(*´艸`)

    こういうのは大事なときに取っておけと言う陸太ですが、その言葉通り、後々とーっても大事な時に使われましたね。
    その相手も自分になるとは、この時は想像もしていないでしょう(≧▽≦)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    >可愛いだろうとカッコいいだろうと、大切なのは好きって気持ち。

    それですよね!? そうですそうです、もう、なりふり構わず……でいいんですよね。大切なのは、好きって気持ちなんですよね!?
    中学生になってなかなか気難しい年頃になって、悩んでいた香月でしたが。大切な気持ちに気づいて、だいぶスッキリしたようです(^^)

    >こういうのは大事なときに取っておけと言う陸太ですが、その言葉通り、後々とーっても大事な時に使われましたね。

    そうなんですよー! 覚えていていただいて嬉しいです〜(T_T)
    しっかり、大事な時にちゃんと言えたんですよね。それも、陸太に。もう何年越しという一言をちゃんと伝えられて、香月もきっとすっきりしたことでしょうねぇ(^^)

    2021年2月2日 14:10

  • 第6話 自覚へのコメント

    陸太も可愛いですけど、恋する香月も可愛いですねえ(*´▽`)

    こんな恋心と性別を隠したまま、これから何年も一緒にいたわけですから、相当大変だったでしょう。
    大丈夫、時間が掛かっても、君の願いは叶うから。頑張れ香月(≧∇≦)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    陸太も可愛い、とのお言葉嬉しいです(^^)隠れヒロインなので(笑)
    ここから、香月も恋する乙女に大変身したんですねぇ。今やもうデレデレふにゃふにゃですからね(笑)

    そうですよね!? 恋心と性別を隠して、友達として……て結構つらいですよね(T_T)いろんな誘惑もあったでしょうに。そう考えたら、香月としては不本意だったでしょうが、あの合コンでバレちゃって良かったですよね(>_<)

    >大丈夫、時間が掛かっても、君の願いは叶うから。

    暖かなコメント、嬉しいです〜! ほんとそうだな〜と私もじーんとしちゃいました(^^)もう何年越しだ!? て願いでしたが、ちゃんと叶ったんですよね。

    2021年2月2日 14:05

  • 第5話 笑顔へのコメント

    物語的に掴めて無いところで書くのも、物凄く野暮な気もするんですが……。

    フィクションで意図の無いことであっても、リスクの芽を積んで注意書きとかされていることが素晴らしく思います。カクヨム自体がオリジナルであり、本への卵だからでもあるんだと思いますが、著作物が現実への影響とかにならないように、という配慮ができることはそうありません。いろいろな本を読んでいますが、実際に事件や事故の後に影響出たりしてからという流れがあるようです。配慮を積める作品があるのは、なんか安心しますね。

    作者からの返信

    Kishi様

    コメント、ありがとうございます!
    引き続き、番外編もお読みいただき、嬉しいです。いつも、応援いただき、励まされております〜(T_T)

    いえいえ、野暮だなんてそんなそんな! こうして、注意書きへ、素晴らしい、とのご支持のお言葉をいただけるなんて、光栄です〜。
    そうなんですよね……どういう影響が出るか、分からないもので。インターネットで公開している限り、どこでどういった風に受け取られ、どういう結果になるか分かりませんよね。それを考えると、たまにWeb小説を書いていて怖くなることもあります。
    難しいのは、そうして安全な内容ばかり発信していると、今度はエンタテイメントとしてつまらなくなることもあり。今回は、『注意書き』という形で保険をかけることにしたのですが、Kishiさんから『安心する』というお言葉をいただけて、私もホッといたしました。

    暖かなコメント、ありがとうございます!

    2021年2月2日 05:50

  • 第5話 笑顔へのコメント

    恋をするともっと近づきたい、触れたい、という欲求が強くなるものですね。人の脳がそういう仕組みになっているので、香月ちゃんがおかしくなったわけではありません。そう、君は悪くない。笑

    陸太くんはいつだって、香月ちゃんの一番の味方ですね。

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    人の脳はそういう仕組みになっているんですか!? 知りませんでした〜。不思議ですねぇ。恋心も脳に仕組まれているということでしょうか!?
    なるほど。それじゃあ、香月は至極正しい段階を踏んでいるのですね。あとは、本人が気づけば……!?

    >陸太くんはいつだって、香月ちゃんの一番の味方ですね。

    そうなんですよね(^^)
    きっと、陸太は香月を誰よりも信じていて。理由を聞かずとも味方になって傍にいてくれるんですよね。
    もはや、この頃から彼氏ですね(笑)

    2021年2月2日 05:38

  • 第5話 笑顔へのコメント

    更新お疲れ様です。

    こういう裏話を読むと、陸太のことへたれとか可哀想ではないとかコメントしていたけど、「ごめんなさい」と謝りたくなりますねorz

    深い絆で結ばれた二人だったのかな?

    作者からの返信

    @naoto311様

    コメント、ありがとうございます!
    引き続き、番外編もお読みいただき、嬉しいです。いつも応援いただき、本当に励まされています(^^)

    わわわ、懐かしいコメントです〜……! あの頃が思い出されます。
    いやいや、そんなそんな! @naoto311さんのご感想は正しいですよ! あの頃(この話からすると未来ですが)の陸太は立派なヘタレだったと私も思います(笑)
    この章は香月の乙女フィルターがガンガンにかかっている&これから、香月が陸太を甘やかしまくるので……あのような、ヘタレ野郎に変わるのでしょう……(笑)

    >深い絆で結ばれた二人だったのかな?

    そうですねぇ(^^)親友としても固い信頼で結ばれていた二人だったみたいです。やっぱり、相性はバッチリだったんですかね。

    2021年2月2日 05:34

  • 第5話 笑顔へのコメント

    きっと以前から、無意識のうちに陸太に惹かれていたでしょうけど、今回の事で更に大きく前進したでしょうね(#^^#)

    今はまだ、『親友』ポジションにいるい香月。自分の変化に戸惑う様子が、可愛いです(≧▽≦)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんですよね。きっと、以前から惹かれていたんですよね。ふふふ……。香月はまだ幼くて気づいていなかっただけで……(^^)
    この出来事で、香月の気持ちにも変化は生まれるのか……!?

    >自分の変化に戸惑う様子が、可愛いです(≧▽≦)

    そうおっしゃっていただけて、嬉しいです〜!
    このときは、まだ子供っぽいというか、結構脆い面がある香月。これから四年後には、大胆な小悪魔に変わるのかと思うと、いったい何があったんだろう、と思ってしまいますね(笑)

    2021年2月2日 05:28

  • 第5話 笑顔へのコメント

    何があったか。全部話そうとすると、隠していることも喋らなければならないので、どうしても言葉を選んでしまいますね。それでも、即座に「お前は悪くない」と言える陸太。いかに香月のことを信頼しているかわかります(#^^#)

    『男』らしくや、『女』としての自分に戸惑っている香月ですが、恋心はそれらを軽く飛び越えてやって来ますね( 〃▽〃)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんですよ。何があったか話そうとすると、自ずと『女』だということも明かさなきゃいけなくなってしまうので。香月としては言えないんですよね。そこも話出したら、加賀先輩どころじゃなくなってしまいますからね(T_T)

    >いかに香月のことを信頼しているかわかります(#^^#)

    そこを読み取っていただけて嬉しいです〜! そうなんですよね、あの一言にカヅキへの信頼が集約されているんですよね。

    ふふふ……恋心ってのは、もう全てを悩みも葛藤もねじ伏せてしまいますねぇ。

    2021年2月2日 05:22

  • 第5話 笑顔へのコメント

    堕ちた…

    作者からの返信

    なぎさ様

    初めまして。百話以上の長編となった拙作を、最新話までお読みいただき、ありがとうございます!

    いつも応援いただき、本当に励まされていました。お名前を拝見するたび、「ありがとうございます!」と心の中で繰り返しておりました!
    そして先日は、レビュー☆もいただいて……この場を借りて御礼申し上げます(T_T)
    こうして、お話できて嬉しいです(^^)

    そうなんです、まさに『堕ちた』瞬間でした。いろんな意味で(笑)
    ここから、あのデレデレ香月が出来上がったわけですねぇ。

    2021年2月2日 05:20

  • 第4話 親しみの味へのコメント

    塩分が身に沁みる。疲れた時は甘い物というけれど、頭と体は別なのさ。
    香月ちゃんが落ち込んでいるとわかっちゃうのが陸太くん。

    形は変わっても、彼が心の支えであることまでは変わらない様です。

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    なるほど! 唐揚げは塩分なのですね!?
    甘いもの→心。塩分→身体……ですかね?

    陸太もしっかり、香月のこと分かってたんですねぇ。この頃から……。
    さすが、六年の付き合い! 大切だと思い合っているのはこの時も今も変わらないようです。

    >形は変わっても、彼が心の支えであることまでは変わらない様です。

    胸熱なご感想、ありがとうございます!
    ほんと、そうなんですよね。このときも、親友として陸太は香月の支えで。そして今は……(^^)

    2021年2月1日 06:51

  • 第4話 親しみの味へのコメント

    なにも言わなくても、元気がないと察してくれた陸太。長い間一緒にいただけあって、ちょっとの変化もわかっちゃいますね。

    香月、頼ってもいいんだよ。君が陸太を支えたいように、きっと陸太も、君の力になれると嬉しいはずだから(*´▽`*)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんですよね、長い間一緒にいたんですもんね。だからこそ、陸太は無自覚だっただけで。こうしてちゃんと香月のことを気遣ってあげられていたんですよね。

    ほんと、それですよね! 陸太は事情が事情なだけで、香月に頼る機会が増えてしまいましたが、香月を大事な親友と思っている(この当時は……笑)のは変わらないわけで。香月の力になれたら陸太も嬉しいはずなんです(^^)

    2021年2月1日 06:48

  • 第4話 親しみの味へのコメント

    さすが陸太。香月の様子がおかしいことを、察してくれましたか!(^^)!

    もしかしたら香月が陸太のことを支えてくれていたように、陸太も無意識のうちに、香月に元気を与えていたのかも( ´,,•ω•,,`)♡

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    本編のほうでは、陸太は、自分はちゃんと香月のことに気づいてやれてなかった……と後悔していましたが、彼は彼でちゃんとこうして察してあげていたようで(^^)

    わああ、嬉しいご感想、ありがとうございます♪
    そうなんですよね、陸太は陸太で香月を支えていたんですよね。気づいていないだけで、そうやって支え合えていたんですよね。だからこそ、香月は……(続きはWEBで! みたいな笑)

    2021年2月1日 06:46

  • 第3話 追憶へのコメント

    香月視点で話を追ってみると、陸太が非常に輝いて見えます。あの時手を差し出してきた陸太は、香月にとって間違いなく王子様ですね!(^^)!

    女だとなかなか言い出せずに、その上陸太が女性恐怖症になって。ややこしい状況になりましたけど、支えようと決意をした香月が格好良いです(#^^#)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    >香月視点で話を追ってみると、陸太が非常に輝いて見えます。

    そう感じていただけて、嬉しいです〜。香月視点だと、思いっきりフィルターかかってますよね(笑)きっとキラキラエフェクト勝手にかかってますね。カブちゃん視点だとまた違った光景になっていそうです(笑)

    そうなんです! 手を差し出してきた陸太こそ、香月にとっては王子様だったんですよね。本編じゃ逆転してますが(笑)

    >ややこしい状況になりましたけど、支えようと決意をした香月が格好良いです(#^^#)

    そうおっしゃっていただけて嬉しいです〜。
    小六でも、そこはしっかり、もう心構えがイケメンになっている香月でした(^^)小一のときと比べると、その辺はだいぶ変わって強くなりましたよねぇ。

    2021年1月29日 15:27

  • 第3話 追憶へのコメント

    こうして見ると、香月も最初からイケメンだったわけではないのですよね。
    声をかけてくれたのも、『男』になろうと思ったのも、それを続てきたのも、全てきっかけは陸太から。本人はちっとも気づいていませんでしたが、今のイケメン香月は、陸太と共に作られていったと言っても過言ではないかもしれませんね(#^^#)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんです、香月は最初はイケメンではなく、モジモジとした女の子で。おそらく、陸太に性別を間違われることがなければ、そのまま、育っていたのかな……なんて。

    >今のイケメン香月は、陸太と共に作られていったと言っても過言ではないかもしれませんね(#^^#)

    なんと素敵なコメント、ありがとうございます! ほんと私もそう思います〜。イケメン香月は、陸太に憧れて、陸太と仲良くなりたくて……と、陸太の背中を追いかけながら、香月が作り上げた『自分』なんですよね。女の子が好きな人のために、一生懸命化粧して可愛くなるようなもの……の反対を行った感じですかね(あれ? たとえが悪いかもしれない!?笑)

    2021年1月29日 15:22

  • 第3話 追憶へのコメント

    更新感謝です。始まりの追憶ですね…懐かしい。
    人間万事、塞翁が馬。まさかあんな風に(意味深)に二人の関係が移り変わっていくなんて。わからないものです。

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    こちらこそ、引き続き、お読みいただいて感謝感謝です〜(T_T)

    ほんと、もはや懐かしいです……出会いの頃。
    関係がどうなるものか、分からないものですよねぇ(^^)まさか、そう……あんな風になってしまうなんて……(笑)

    2021年1月29日 15:15

  • 第2話 救出へのコメント

    男装して会いに行く。順を追って説明されると、移動時間を含めてかなりの手間ですね。それも、陸太への思いがあるからこそ。

    もちろん陸太は香月が女だなんてちっとも気づいていませんが、事情が事情なだけに、ふとしたことから大いに動揺してしまいそうです(・・;)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    今回は、陸太と会うまで……の手順解説になりました(笑)
    ほんとここまでするのは、相当な思いがあって……ですよね。こんな彼女なので、付き合いだした今、どれだけ陸太に尽くしているのやら……想像もつきませんね(笑)

    そうなんですよね。このころの陸太は女性を毛嫌いしていたので。そういう発言もよくしていたでしょうし……香月はぎくりとすることもたくさんあったでしょうねぇ(T_T)

    2021年1月27日 12:22

  • 第2話 救出へのコメント

    香月視点ですね。
    時間かけて男装して、これまた時間をかけてピンチに駆けつけるなんて、改めて考えると相当健気です(#^^#)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    はい、がっつり香月視点です!
    こういう視点換えは、読者の方のヒロインのイメージを壊したりしてしまうこともありそうで、怖いところでもあるのですが(>_<)ハラハラしつつ更新してます(笑)

    そうなんですよ。ぱぱっと出かけられるわけじゃないんですよね。陸太と会おうとするとそれなりの支度をしなきゃいけないので。
    この努力はほんと健気ですよねぇ(T_T)高校生になると、これプラス男装メイクもあるので……はわわわわ!(笑)

    2021年1月27日 12:19

  • 第1話 悪女の噂へのコメント

    更新感謝です。

    香月ちゃんが思わせぶりなら、言い寄る男子も思い込みが過ぎました。
    子どものままではいられないというなら、考え方も大人になっていかなければなりません。

    自分の気持ちに正直になるのはいいけれど、自分勝手は駄目ですね。

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    こちらこそ、さっそくお読みいただき、感謝感謝でございます〜(T_T)

    >子どものままではいられないというなら、考え方も大人になっていかなければなりません。

    まさに、そうですよね!? 体や心も変わっていくなら、考え方だって変えていかなきゃいけないんですよね。
    このまま、そっくり加賀にメールで送りつけてやりたいですね!

    ほんと、自分勝手はダメですよね。相手の気持ちは完全無視で、自分の欲望だけぶつけているだけですもんねぇ。

    2021年1月25日 14:05

  • 第1話 悪女の噂へのコメント

    少し間が空くのかな?って思っていましたが、早速読めて嬉しい限りです。
    ありがとうございます。

    「君が触れてくれるなら」とそのタイトルが陸太君を主役とした話であり、彼の望みを表しているとしたら、今回から始まった香月視点から描かれる事になるお話は、その対になる作品として、《カヅキでは無い」香月さんの女の子としての内心と望み表している「君に触れたくて」「君と触れ合いたい」などのタイトルを付けて、改めての香月さんを主役とした新作としてはいかがでしょうか?

    と、私個人はそんな事を考えてしまいました。

    立川先生の中でも色々なお考えや新作の構想もあるでしょうから、その中での一提案としてご検討頂けるだけでも幸いです。

    作者からの返信

    @centurion41様

    コメント、ありがとうございます!

    わわ、そうおっしゃっていただけて嬉しいです〜(^^)
    皆様に忘れられないうちに……と思って(笑)、さっそく始めさせていただきました!
    こちらこそ、引き続き、お読みいただきありがとうございます。

    なんと……素敵なご提案、ありがとうございます! ここまで親身に考えていただけて、幸せです〜。
    なるほど、改めて新作として……。そういう手もアリなんですね!? 確かに、「ラブコメ」ではカテエラな気もしているので、「恋愛」として投稿したほうがいいのかも……とも思いますね。
    ただ、実はこの番外編、あと三、四話ほどで終わる短いものになる予定でして(^^;)なので、新作だと短過ぎてしまうかもな〜とも思いまして。

    素敵なご提案、本当にありがとうございます!
    題名の提案もいただいて、すごく嬉しかったです〜(T_T)

    2021年1月25日 14:02

  • 第1話 悪女の噂へのコメント

    香月としては、普通に接しているだけなのに。小学生の頃はそれでよかったのかもしれませんが、成長すると共に、本人の意思とは関係なく、男女それぞれの枠に入れられてしまうのですよね(´・ω・`; )

    しかし、それにしたって先輩は許せません。勝手に勘違いしたくせに、責任もてるか!(╬ಠิ益ಠิ)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    >成長すると共に、本人の意思とは関係なく、男女それぞれの枠に入れられてしまうのですよね(´・ω・`; )

    そうなんですよね、そういうお年頃なんですよね! 『男女それぞれの枠に入れられる』……それだ! とハッとしました。
    小学校のときは、「もう男子〜、掃除してよー」みたいな男女のいさかいはあれど(笑)仲良く校庭で遊んだりもできたわけで。中学校になってからは、なんでもかんでも恋愛沙汰にされて騒がれたりしてしまうんですよねぇ(>_<)

    (╬ಠิ益ಠิ)
    な……なんてインパクトの強い顔文字でしょう!? 怒りが画面から伝わってきます!!
    ほんと許せませんよね〜。勝手にフラれてなさいよ! と言ってやりたいです……(╬ಠิ益ಠิ)

    2021年1月25日 13:56

  • 第1話 悪女の噂へのコメント

    勘違い野郎のせいで、悩まされていますね。
    中学生になっても、男女の差為しに仲良くしたっていいと思うのですが、周りはそっとしておいてはくれませんか(-_-;)

    ごちゃごちゃ考えずに、まっすぐな気持ちで相手と接するのが香月の良さなのに。
    先輩には、謝る必要なんてありませんよ( `Д´)/

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんですよね、香月は香月でこの時期、女の子としての悩みも抱えていたようで。
    ちょっとでも一緒に帰ろうものなら、付き合ってる? と騒ぎ立てられる年頃(令和の今はもう違ったりするのでしょうかね?)、イケメン三年生の浮いた話に周りも悪ノリしてるようです……。ほんと、皆、暇ですよねぇ(*_*)

    >ごちゃごちゃ考えずに、まっすぐな気持ちで相手と接するのが香月の良さなのに。

    香月を良く分かっていてくださって嬉しいです……(T_T)
    何も悪いことはしてないはずなのに、こんな風に悩まなくてはならなくなるなんて。理不尽ですよね、中学校とは!(持論です笑)
    先輩こそ、クソ野郎ですよねぇ!?

    2021年1月25日 13:51

  • エピローグへのコメント

    完結お疲れさまでした!

    諸事情あって遅れました( ;∀;)
    休止中とはいえ、この作品の完結には絶対立ち会おうと思ってたのに・・・
    寝落ちした昨日の自分を恨みます。
    あ、今携帯から書いてて、他の方のコメが見れてないので(ら抜き言葉)、被ったりしてたらごめんなさいです。


    序盤はだいぶ不安でしたが(陸太くんに叫んだことは数知れず)、香月さんが本当に真っ直ぐでした。終盤の怒涛の糖分が僕の中で飽和して、それはもう最高でした(#^.^#)
    きっかけは風変わりでしたが、二人ともお互いが大好きだったからこそ、こんな素敵なカップルになれたんでしょうね(月並み)
    最後なんてのろけちゃって、ふざけんなよ(情緒不安定)

    “あの”二人の恋模様も気になるなあって。さあ、誰のことでしょう?(無理やりクイズ)

    更新を追うことができて幸せでした!
    素晴らしい作品をありがとうございました!!

    作者からの返信

    延 暦 寺様

    コメント、ありがとうございます!

    わわわ、なんと……休止中だというのに、完結を見届けに来てくださったなんて。感激です(T_T)本当にありがとうございます〜!

    >休止中とはいえ、この作品の完結には絶対立ち会おうと思ってたのに・・・

    延 暦 寺さんにそこまでおっしゃっていただけて、本当に嬉しいです。前作『あまのじゃくの恋』のときから暖かなお言葉をいただいて、心から感謝しています!
    改めまして、完結まで見届けていただき、こうしてコメントをいただき、ありがとうございます。

    いえいえ、被ってませんし、被っていても構いませんよ〜🎵
    というか、携帯からこんなにご丁寧なメッセージを送っていただいたなんて、恐縮というか、もう感無量です(T_T)

    序盤、陸太へ叫んでくださっていたんですね〜。喝を入れてくださってありがとうございます!(笑)
    糖分摂取してくださいましたか!? 良かったです〜。後半の糖分がラブコメとして足りていないんじゃ無いか、とも思っていたので、そういうご感想をいただけてホッとしています(^^)
    ほんと、最後はすっかりラブラブになりやがりまして(笑)陸太も、モナちゃんと『付き合っていた』とき以上にデレデレになりましたね。

    あの二人……! もしや、あの二人ですかね!?
    もしそうでしたら、その辺も番外編で描きたいなーと思っていたりするので、嬉しいです〜。需要ないんじゃ……なんて心配だったので、書くか迷っていたもので(笑)

    こちらこそ、ここまで見守っていただけて幸せです。
    休止中にも関わらず、素敵なコメントをいただき、ありがとうございました!

    2021年1月23日 14:40

  • エピローグへのコメント

    完結お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

    あれから陸太くん、またホッケー始めたのですね。ローラーの方ですが。同じ盤上に立つことはないし、何なら進路も分かれて遠距離ですけど。出会いも今も、ホッケーで結ばれている二人だから、離れても頑張っているんだなと思えば縁が途切れることも無いのでしょう。

    漢前だけど実は可愛らしい香月ちゃんと、女々しいようで勇気があって男らしい陸太くんのバランスが実にお似合いな二人でした。香月ちゃん視点のお話も楽しみにお待ちしております。
    新作も幼馴染ものとのこと、大いに期待です!それでは…

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    こちらの作品も完結まで見届けていただいて、本当に嬉しいです。いつも楽しいコメントをいただいて、励まされました。
    改めて、御礼申し上げます!

    >出会いも今も、ホッケーで結ばれている二人だから、離れても頑張っているんだなと思えば縁が途切れることも無いのでしょう。

    そうですよね!? 思えば、彼らの縁はホッケーで始まったのでした。
    香月は陸太のところに行って、一緒にインラインホッケーして遊んだりするのかな、と二人の様子を思い浮かべると、ホッとしたりしてしまいます。(書いてあげたかったな、とも思いつつ……)

    >漢前だけど実は可愛らしい香月ちゃんと、女々しいようで勇気があって男らしい陸太くんのバランスが実にお似合いな二人でした

    そうおっしゃっていただけて嬉しいです(^^)コメントを拝読して、確かに! と気づかされました。あの二人、そういう良い意味で凸凹
    なところがありますよね。

    番外編と新作もお読みいただけるようでありがとうございます(T_T)引き続き、宜しくお願いいたします。
    改めまして、完結まで応援していただき、ありがとうございました!

    2021年1月22日 15:20

  • エピローグへのコメント

    立川先生、これまで《君が触れてくれるなら》を読ませて頂きありがとうございました。またお疲れさまでした。

    また好きな作品が一つ完結してしまいました…作品が始まった以上は必ずどこかで終わりが来るのは理解していますが喪失感というか、寂しい感じがしますね。(個人的には二人の結婚までを見てみたかったです。)

    この後順当に行けば初めてのお泊まりの日、良い雰囲気の中、香月さんを脱がしにかかった時・香月さんのお腹を見た際に二年越しにあのおじさんが『ハロ〜陸太くん!』と笑い掛ける幻を見て、焦ってしまう。
    「ひょっとしてあの時の…??」ジト目
    それを香月さんに勘づかれて二人で笑い合えるような展開も有りだったのでは?とか考えてしまいます。



    星野君が発した台詞の「一体、それ、どういう人だよ? 全然分からん。一言で頼むわ」
    陸太君は「理想のカノジョだよ」
    と答えました。
    以下、先生の文章をお借りしますが、
    《その瞬間、考えるよりも先に、ふっと頭に浮かんだ言葉があった。》
    私「肉まんのようなカノジョかな?」

    勿論まん丸いとか太っているとかの悪い意味合いで思い浮かんだのではありません。
    香月さん=肉まんの印象が強いんですよね、温かくて柔らかくて食べると幸せな気分になってお腹も満たされるっていうのが、寂しい時も声を聞くだけで勇気が出てくるようで、抱きしめると柔らかいし、一緒に居るだけで幸せな気持ちになるっていう、こじつけ感が強いかもですが、そんな意味合いを含む表現としての肉まんです。

    また香月さん視点の番外編が始まったら勿論読ませていただきますし、立川先生の幼なじみのラブコメの新作も楽しみにお待ちしています。
    長々と思いつくままを書いてしまい恐縮するところですが、改めて一つの作品を完結させたという事からの安堵感もあるかも?しれませんが、今流行りの感染症や寒さ等から体調を崩されないように、十分ご自愛・休養してから引き続き執筆活動の程、頑張って下さいね。

    作者からの返信

    @centurion41様

    コメント、ありがとうございます!

    ご丁寧なお言葉をいただき、感動しております……!
    こちらこそ、こうして拙作を最後までお読みいただいてありがとうございました。

    完結して寂しい、とおっしゃっていただけて、作者冥利に尽きます(T_T)いつもコメントをくださり、本当に励まされていました。この場を借りて、改めて御礼申し上げます!

    >個人的には二人の結婚までを見てみたかったです。

    わあああ! 嬉しいお言葉です〜(>▽<)ほんと、この二人はこのままあっさり結婚しそうですよね(^^)プロポーズはまず間違いなく、香月から「結婚しよっか」とか言いそうです(笑)

    >香月さんを脱がしにかかった時・香月さんのお腹を見た際に二年越しにあのおじさんが『ハロ〜陸太くん!』と笑い掛ける幻を見て、焦ってしまう。

    なんて、いい展開……! そして、あの陸太ならばあり得そうです(>▽<)ものすごい焦りそう……そして、香月は怒りつつも、結局許すんですよね(笑)二年後の彼らは、そんなことも『二人で笑い合える』んだろうな、てすごく想像できますね。

    肉まんのようなカノジョ……!
    なるほど!! 確かに、香月の印象ってそんな感じですもんね!? 肉まんって暖かくて食べたらほっこりして……そして、触れるとふわふわとして。
    いや〜そういう印象をいだいていただけたなんて。ほんと嬉しいです(T_T)

    >また香月さん視点の番外編が始まったら勿論読ませていただきますし、立川先生の幼なじみのラブコメの新作も楽しみにお待ちしています。

    そうおっしゃっていただけて、本当に有り難いです。そして、体調のほうもお気遣いくださり……もう至れり尽くせりというか。
    @centurion41さんもどうかどうかお体にはお気をつけてくださいね。

    そして、素敵なレビューをいただきまして、ありがとうございました! この場を借りて御礼申し上げます。『男子からしたら羨まし過ぎる位に幸せにしてもらえるお話』とおっしゃっていただけて、大変嬉しかったです(^^)

    引き続き、番外編と新作のほうも宜しくお願いいたします。

    2021年1月22日 15:16

  • エピローグへのコメント

    ついに完結まできましたねー。感慨深いです。
    大変面白い作品でございました。書いてくださってありがとうございます。
    肝心のイチャラブシーンがないのは残念ですが、それもこの作品の味わいということでしょうか。
    この二人なら、遠距離でも大丈夫でしょうね。

    お疲れ様でした(*´∇`*)

    作者からの返信

    春一様

    コメント、ありがとうございます!

    完結まで見届けていただいて、光栄です(^^)
    ほんと、完結したんだなーと私も感慨深い思いです。達成感とともに、ちょっと寂しくもなりますね。

    面白い、とのお言葉をいただけて、大変光栄です。こちらから、コメントさせていただいてから、まさかこうして完結までお読みいただけるとは……!
    こちらこそ、お読みいただいてありがとうございます(T_T)

    イチャラブシーンは「嫌がらせ」回ので限界でしたね〜(笑)もっと書きたい思いもあったのですが……全年齢というのを考えると、あれ以上は書けませんでしたね〜。
    ただ、この作品を描く時、「指先が触れる」だけでどこまで官能的に描けるのか……を試そうという思いもあったので、これでよかったかな、とも思っています。うまくいったかは、さておき……ですが(^^;)

    労いのお言葉もありがとうございます!
    いつも応援のお言葉、本当にありがとうございました(^^)

    2021年1月22日 14:05

  • エピローグへのコメント

    立川様

    完走お疲れ様です。自主企画で知って以来、毎日楽しく読ませていただきました。面白かったです。

    作者からの返信

    Tonks様

    コメント、ありがとうございます!

    完結まで見届けていただき、労いのお言葉もいただいて光栄です(^^)
    自主企画のときは、参加させていただき、ありがとうございました。こうして交流させていただき、そして、楽しくお読みいただけたとのこと、本当に嬉しく思います!

    面白かった、との言葉に報われる思いです(T_T)

    2021年1月22日 13:51

  • エピローグへのコメント

    時が流れて、初々しかった恋心も、すっかり熟年の域に?
    いえ、『泊まる』でこんなにもはしゃぐあたり、まだまだドキドキは続いていそうですね( 〃▽〃)

    いいかい星野君。このカノジョ、とっても格好良くて可愛いんだよ。会える時を楽しみに待っててね。きっと、どういうことかすぐにわかるから(≧▽≦)

    もちろん番外編もとっても楽しみにしていますが、ひとまず完結お疲れ様です。
    最後の最後まで、二人にはキュンキュンさせられました。楽しい時間を、ありがとうございます(*´▽`*)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    ほんと熟年の域に達してますよね(笑)つーかーの仲……でしたっけ?
    ちょっと前まで、初々しかったのに、あっという間でしたねぇ。もはや懐かしいような気さえします。
    でも、『お泊まり』にはまだ浮き足立ってしまう陸太です(笑)

    星野、香月に会ったらどんな反応するんでしょうね? 紹介する場面をちょっと見てみたい気がします(^^)

    番外編も楽しみにしてくださっているとのこと、嬉しいです……!
    そして、最後までキュンキュンしていただけたと聞けて感無量です〜(T_T)
    最初の頃からここまでいつも暖かなコメントをいただいて、本当にありがとうございました! どれだけ励まされていたことか……。
    そして、ご丁寧なレビューもいただき、この場を借りて、御礼を申し上げます!
    こちらこそ、ここまで応援していただいて、本当にありがとうございました(^^)引き続き、番外編も読んでいただけるとのこと、とても嬉しいです♪

    2021年1月22日 13:47

  • エピローグへのコメント

    完結おめでとうございます。そしてお疲れ様でした。
    番外編と新作も楽しみにしています。

    作者からの返信

    囲炉裏Ⅱ世様

    コメント、ありがとうございます!

    完結まで見届けていただいて、嬉しいです〜(T_T)レビューをいただいたときは、本当に嬉しかったです。改めまして、ありがとうございました!

    番外編と新作もお読みいただけるようで光栄です(^^)引き続き、よろしくお願いいたします〜。

    2021年1月22日 13:25

  • エピローグへのコメント

    毎回更新を楽しみにしていた小説なので、完結してしまったのは寂しいですが、番外編と新作を期待してお待ちしてます。

    お疲れ様でした!

    作者からの返信

    @naoto311様

    コメント、ありがとうございます!

    こうして最後までお読みいただいて光栄です。
    毎回更新を楽しみにしていただけたとのこと……本当に嬉しいです(T_T)そして、寂しい、というお言葉をいただけて、作者冥利に尽きるというか……感無量です!

    番外編と新作も目を通してくださるみたいで、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします〜。

    2021年1月22日 13:23

  • エピローグへのコメント

    最近カクヨムはじめまして、あっという間に読んでしまいました。男の子だった娘(こ)が女の子だった話は、憧れてしまうんですが、本になって挿絵がついたら本当にメチャクチャ買っていそうな内容でした。

    香月ちゃん、凄い娘ですよね。
    ワイルドながらも女の子が苦手という陸人にも気遣える繊細さを持っていて。でも、女の子っぽさをPRしていくときがドキドキでした。

    番外編も楽しみにしております。
    アイスホッケー時代の女子側から見たチームの状況もより知りたいとか思ってます。

    なにはともあれ、完結お疲れ様でした。
    素敵な物語をありがとうございます。
    合掌

    作者からの返信

    Kishi様

    はじめまして。拙作を最後までお読みいただき、ありがとうございます。一気読みしていただけたみたいで、光栄です。
    そして、こうしてコメントも残していただいて、本当に嬉しいです!

    なんと……カクヨムはじめてすぐに、お読みいただいたのですね。目を留めていただけて、嬉しいです。

    >本になって挿絵がついたら本当にメチャクチャ買っていそうな内容でした。

    わあああ……!? そ……そんなことをおっしゃっていただけるなんて……感激です(T_T)本になったら買っていた、なんて……もうそれを聞けたら本望というか。報われる思いです。ありがとうございます……!

    ドキドキしていただけたとのこと、嬉しいです(^^)ラブコメを描いていて、ヒロインにドキドキしていただけるのは作者冥利に尽きるというか。ホッといたします〜。

    番外編も引き続き、お読みいただけるようで光栄です(T_T)

    >アイスホッケー時代の女子側から見たチームの状況もより知りたいとか思ってます。

    そんなことをおっしゃっていただけるとは……感激です!
    アイスホッケー時代のことを気にかけていただけて嬉しいです。あの頃は、全員揃っていましたからね。和気藹々としていたのかなぁ……と私も想像すると楽しくなってきてしまいます。女子側から見たら……どんな風に映っていたんでしょうね!?

    労いのお言葉もありがとうございます(^^)
    こちらの方こそ、最後までお読みいただき、そして、こうして嬉しいお言葉までいただいて本当にありがとうございます!
    番外編もお読みいただけているみたいで、光栄です〜。

    2021年1月22日 13:15

  • エピローグへのコメント

    あれから時が流れて。遠距離になっても変わらずラブラブな二人、良いですねえ(#^^#)

    アイスホッケーではなくインラインホッケーでも、昔の陸太が少し戻ってきたみたいで、嬉しくなりました。
    香月もきっと、こんな気持ちだったのかなって思います(*´▽`)

    トラウマを抱えて、性別を隠しながら接するというちょっと変わった関係になって、そこから恋人になった二人。これからもどうかお幸せに( ´꒳​` )
    番外編も、楽しみにしています!(^^)!

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんです、あれから二年が経ちました。遠距離になってしまいましたが、二人は順調なようです(^^)テクノロジー万歳ですね(笑)

    香月と同じ気持ちになっていただけたみたいで嬉しいです〜。
    ずっと見守ってきてくださった無月弟さんに、陸太のホッケー復帰を喜んでいただけて……私も感無量というか(T_T)

    ほんと、紆余曲折ありましたが、二人もようやく幸せになれたようです(^^)あれだけすれ違った二人なので、ちょっとやそっとじゃ拗れたりしなさそうですよね。

    ここまで見守ってくださって、本当に本当にありがとうございました! いつも暖かなコメントをいただいて、どれだけ励まされていたことか……(T_T)
    そして、とっても素敵なレビューまでいただいて、もうなんとお礼を申し上げればいいのやら(>_<)
    番外編も引き続き、お読みになってくださるとのこと。ありがとうございます!

    2021年1月22日 12:52

  • 嫌がらせへのコメント

    陸太くん、際中に他のおっさんのこと考えるなんてひどいわ。(←)

    だが残念!樹さんざまぁー!m9(^Д^) 愛があればおっさんだろうと腹芸だろうと越えて見せる。その結果は…

    すごく…よかったです(恍惚)

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    ほんと、ひどいわ! サイテーよ!
    実際、香月は頭に来たでしょうね(笑)いい雰囲気になって、恋人がおっさんのこと考えてたら……おい!? と思いますよね。

    腹芸!(爆笑)
    いっそのこと、香月にはボディペイントでお腹におっさんを描いて、陸太を「サプラーイズ」してほしかったですね(笑)典子ならやりかねなさそうです……。

    >すごく…よかったです(恍惚)

    もう心のこもった一言でしたよね。恍惚……まさにそれです(笑)いったい、陸太、どんな表情をしていたのやら(>▽<)

    2021年1月21日 16:06

  • 嫌がらせへのコメント

    こういうインパクト大な出来事は存外忘れるのは難しいかも…
    それを上書き出来るような香月さんとの一時を脳内イメージに焼き付けてもやっぱり陸太君の頭の片隅にはこのおじさんの顔が気にする程ではないでしょうけど、同じシチュエーションの度に出て来ることでしょうね(笑)

    ある意味樹さんの施した一生解けない呪いでもあるのかも?
    (私個人は中々そういうのを完全に忘れ去る事が出来ないので…)

    作者からの返信

    @centurion41様

    コメント、ありがとうございます!

    >同じシチュエーションの度に出て来ることでしょうね(笑)

    想像して笑ってしまいました〜(笑)
    これから、毎回、いい雰囲気になるたび、陸太は一瞬ハッとするんでしょうか。なんてかわいそう……(笑)
    いや、でも実際、そうですよね。こういう忘れたいものほど、忘れられなかったりするもので。いつまでもしつこく深層心理に残っちゃったりするんですよね(T_T)

    >ある意味樹さんの施した一生解けない呪いでもあるのかも?

    確かに……! ハッとしました。
    そうか、これこそ、呪い……!? しかも、なかなか解けそうに無い!? この番外編の題名は、「嫌がらせ」ではなく「呪い」のほうが適していましたね〜(笑)

    @centurion41さん、恐怖体験は忘れられないタイプですか〜。ほんと、嫌なことほど覚えてるもんですよね(>_<)
    そして、あるとき、突然、嫌な思い出をふっと思い出してしまったときの絶望感といったら……!(笑)

    2021年1月21日 16:03

  • 嫌がらせへのコメント

    こういう、イチャついているだけの話、大好きです! いつまでだって眺めていたい~(*´▽`*)

    樹兄ちゃん、凄い映画見つけて来ましたね。きっと、これを見れば大丈夫と、強い自信を持って選んだのでしょう(*´艸`)

    実際途中までは効果覿面でしたが、最後の最後で大逆転。おっさんの顔も、二人の愛の前には勝てませんでしたね。安らかに成仏してね(^o^)/~~

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    わー、嬉しいです〜!! イチャついてるだけの話、喜んでいただけましたかね!? 需要あるんだろうか、と思いつつ描いた番外編だったので、「いつまでだって眺めていたい」とのお言葉にホッとしています!

    いったい、樹兄はあんな映画、どこで見つけたんでしょうね? 自分が最後まで見たんでしょうか(笑)典子さん、ドン引きしそうですよね。

    >安らかに成仏してね(^o^)/~~

    吹き出しました! ほんと、そうですよね。素晴らしい除霊法! まさに、愛は勝つ!? もう二人に何も怖いものはない……はず!


    2021年1月21日 15:59

  • 嫌がらせへのコメント

    香月、これは嫌がらせだって気づきましょう(´;ω;`)
    ホラー映画の効果は覿面。おじさんの顔がちらつくなんて、樹兄ちゃんはなんてものを選ぶのですか(^_^;)

    だけど、災い転じて福と成す。結果的にイチャイチャできて、大満足ですね。
    樹兄ちゃん、残念でしたー(≧∇≦)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    ほんと気づいて欲しかったですよねー! どれだけ、ホラー耐性あるんでしょう? 彼女にとってはただのエロ映画だったようです(笑)
    樹兄、ほんと鬼畜ですよね。こんな映画、お家デートでみたら、そりゃあトラウマになりますよ。

    ほんと、それなんです! 実は、この番外編のタイトル、「嫌がらせ転じてイチャイチャと成す」にしようかと思ったくらいで(笑)思いっきりネタバレになると思ってやめたのですが。
    陸太も大満足のドッキリ大成功となりました(笑)

    2021年1月21日 15:56

  • 第19話 君に触れられるならへのコメント

    「何に謝ってるの?」。なんかもう、この台詞が出た時点で詰んでいるような気がします。謝るポイントが的外れだったら惨事になりますし、当たっていても、分かってるなら何故そうしたってなりますから((( ;゚Д゚)))

    けど、後半は極寒の空気を溶かす甘々( 〃▽〃)
    タイトルが実に生かされていますね。樹さんがなんと言おうと、大事なのは陸太と香月の意識。存分にイチャついてください(≧∇≦)

    物語ももう終盤ですね。
    最後まで楽しく読ませていただきます(*´▽`)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    「何に謝ってるの?」が出たら、ほんと詰みなんですよね(笑)
    これの正しい返答はなんなんでしょうね? 『当たっていても、分かってるなら何故そうした』って、ほんとなっちゃいますよね!
    やっぱり、『とりあえず』で謝るのは悪手なんですかね? しかし、「なんで怒ってるの?」はまたイラっとさせますから……この状況はもう完全に詰んでますね(笑)

    >タイトルが実に生かされていますね。

    そうおっしゃっていただけて光栄です〜! 今までずっと香月の望みでしかなかったことが、今は陸太も同じことを望むようになりました。こんな二人に、もう樹さんに勝ち目はないですよね(^^)

    本当にここまで見守ってきていただいて、ありがとうございました(T_T)本編も残すところエピローグのみとなりました。最後まで見届けていただければ、大変嬉しいです!

    2021年1月16日 15:30

  • 第19話 君に触れられるならへのコメント

    出禁解除 キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

    君が触れてくれるなら。君に触れられるなら。

    意味深とかじゃなくて、ほんとの意味で二人が”男”と”女”になった日ですね。
    そうなれば物語の終わりも間近。寂しいですけどよくぞここまで来てくれたという思いです。

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    出禁がようやく解除されましたー!
    やったね、陸太。そして、護……どんまい(笑)

    そうなんですよね、ようやく真に”男”と”女”になったんですよね。
    触れてほしい、触れたい……とやっと二人の気持ちがつながりました。

    >寂しいですけどよくぞここまで来てくれたという思いです。

    寂しい、というお言葉をいただけてとても嬉しいです(T_T)そうおっしゃっていただけるのは、書き手として本当に光栄です……!
    本編もあとエピローグを残すのみとなりました。最後まで、二人を見届けていただけたら嬉しいです(^^)

    2021年1月16日 15:10

  • 第19話 君に触れられるならへのコメント

    さぁ、次が最後ですか? どこまでいくんでしょうね? この流れはもういくとこまでいくしかないですよね?
    次回更新、楽しみにしてます(*´∇`*)

    作者からの返信

    春一様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんです、次が本編エピローグになります。ここまで見守ってきていただいてありがとうございます〜(T_T)
    このあと、二人はどうなったんでしょうね……? 腕相撲ですかね?(笑)
    全年齢ということで、ここまでしか描ききれませんでしたが、補完的なものはどこか別に描いてもいいのかなーと思いつつ……のエピローグ執筆中です。

    最後までお読みいただければ光栄です〜!

    2021年1月16日 14:55 編集済

  • 第19話 君に触れられるならへのコメント

    前半は怒った香月にタジタジになって、そして後半は……甘々でした(///∇///)

    本作のタイトルと対をなす、「君に触れられるなら」。女の子にトラウマがあった頃の陸太なら、香月の真実を知って戸惑っていた頃の陸太なら、絶対に言えなかったセリフ。
    王子様な香月が魅力の本作ですが、同時に陸太の成長物語でもあるのですよね+゚。*(*´∀`*)*。゚+

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    前半と後半で、温度差が激しい一話となりました(笑)
    最後の最後で、これでもかと甘く仕上げてみましたが、お読みいただいている方に楽しんでいただけていればいいのですが(>▽<)

    そうなんです……(T_T)あの頃の陸太では到底、言えなかったセリフで。陸太の成長を感じ取っていただけたら、作者冥利に尽きるというものです!
    そして、『王子様な香月が魅力の本作』とおっしゃっていただけたのも嬉しいです〜(^^)そういえば、一番最初に『ヒロインイケメン』タグがきっかけで読み始めてくださったんでしたよね。懐かしいです……もう半年前なんて信じられません(>_<)

    2021年1月16日 14:40

  • 第18話 ここからは、二人でへのコメント

    香月に何かのスイッチが、入ってしまったみたいですね((( ;゚Д゚)))

    さあ、陸太はこれからどうなる? ラブラブ展開か、でなければ氷の王子様の怒りに呑み込まれるか。
    最終話目前で、なんという面白展開でしょう\(^∇^)/

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    ピタゴラスイッ……ではなく、激おこスイッチはいりましたね(笑)
    何やら逆鱗に触れたようです……陸太、そっちに触れてどうするんだ!? という……。

    ここからどんな展開で終わるのか……!?
    面白展開、とおっしゃっていただけてホッとしています〜。ずっと決めていたラストではあれど、描こうとすると悩み始めたりもしてしまいますよね(>_<)

    2021年1月14日 08:08

  • 第18話 ここからは、二人でへのコメント

    典ちゃん先輩…場を拗らせて颯爽と去りゆく…

    「陸太さん」でヒエッとなりました。これは冷徹無双の女騎士ですわ。
    怖いのだけど笑ってしまいます。笑

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    典子先輩、最後は相変わらずでした(笑)
    去り際、本人はやりきった感がありましたね。

    ヒエッとなりましたか!? 「〇〇さん」「〇〇くん」といきなり変わる女性特有の怒り方はなかなか胃に悪いですよね(笑)
    どうぞどうぞ、笑っちゃってください! あくまでラブコメなので。ここから血生臭い展開にならないことだけは確約いたします!(笑)

    2021年1月14日 08:04

  • 第18話 ここからは、二人でへのコメント

    陸太……さん!?Σ( ゚Д゚)

    ヤバいヤバいヤバい! さっき樹さんと対面した時も怖かったですが、今回はなんだか次元が違います。こんな香月初めて見た!((( ;゚Д゚)))

    最終回目前。ラスボスは、まさかの香月になりそうですね。

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    陸太さん……ときちゃいましたね。
    やっぱり香月も女の子。こういうときは恐ろしいです(笑)

    樹とはまた違った怖さがありますよね……樹のほうがまだ可愛らしいくらいだったかな(笑)
    そうなんですよ、こんな香月は初めてなんですよね! この子、対して怒らないので……。激おこカヅカヅ丸です……。

    中ボス樹からのラスボス香月……!?
    隠れボスは典子さんですかね(笑)

    2021年1月14日 08:01

  • 第17話 理由へのコメント

    香月、今まで必死に、お兄さんと会わせないように頑張っていたのですね。さっきのお兄さんを見ていると、無理もありません。

    健気に気遣う香月が可愛いです。だけど陸太も、もう大丈夫。しっかり告げて、安心させてやりましょう(*´▽`*)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    >さっきのお兄さんを見ていると、無理もありません。

    そこに気づいていただけて、嬉しいです!(笑)あんな『クソ野郎』(典子談)とカレシを会わせるのは、反対されてなくても、ちょっと躊躇いそうなものですよね(笑)
    気が合ってしまったら合ってしまったで、ちょっと不安になりそう……!

    >健気に気遣う香月が可愛いです。

    そうおっしゃっていただけて、嬉しいです〜(>▽<)完結間近だというのに、ちょっと重々しい一話になってしまった気がして、大丈夫かな〜、と心配もしていたもので。香月が可愛い、とのご感想がいただけて、ホッとしてします!

    >だけど陸太も、もう大丈夫。

    そうなんですよね。陸太も、もう香月に守られてばかりの男の子ではなくなってるんですよね。びしっと樹にも香月への想いも伝えられたわけで……それを典子さんが動画に撮っていてくれたらなぁ(笑)

    2021年1月13日 07:14

  • 第17話 理由へのコメント

    香月、そんなに謝らないで。
    思わぬ形で樹兄ちゃんのことを陸太に知られてしまいましたけど、それで傷つくほど彼はもう弱くありませんから(*´▽`)
    もしかしたらこのまま先伸ばしにするよりも、良かったかもしれませんよ(#^^#)

    ヘコンで謝る香月ですけど、そんな彼女も格好よく、同時に可愛いって思ってしまいました( *´艸`)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    香月にとっては避けたかった事態だったようで……相当、気にしているようですね(>_<)家族に(それも唯一、事情を知っている樹に)反対されている、て陸太に知られるのは香月にとっても辛いところがあるんでしょうかね……。

    そうなんですよね! 陸太は、もうそこまで弱くはなくて。香月無しでもちゃんと、樹にも典子にも立ち向かえるようになりました。その変化を読み取っていただけて嬉しいです〜(^^)

    >もしかしたらこのまま先伸ばしにするよりも、良かったかもしれませんよ(#^^#)

    そうですよね! このまま隠して行ってもいつかはぶち当たる問題ですしね……。これで何も隠さず、お家にもどんどん呼べるというものです(笑)

    謝る香月も、格好良く可愛い、と思っていただけたとのこと。書き終えてみたら、謝ってばかりの一話になっちゃったな……とちょっと心配だったもので。そんなご感想をいただけて、ホッとしています〜(^^)

    2021年1月13日 07:08

  • 第16話 真っ直ぐへのコメント

    帰っちゃやあ…(幼児退行)

    喜ばせたいのは誰よりも香月ちゃん…その通りですね。本質を間違えてはいけません。そんなけしからん誓いを香月ちゃんが知ったら樹兄ぃに激おこです(←)

    待たせてごめんね。そしてありがとう。そんな香月ちゃん見てると胸が締め付けられます。

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    厳密に書くならば、おっしゃる通り、ここの香月のセリフは、
    「帰っちゃやあ!」
    だったんでしょうねぇ。彼女もすっかり女の子になってきました……(^^)

    >本質を間違えてはいけません

    そこなんですよね! 本質!! 陸太はとてもまっすぐなのですが……全然違う方向にまっすぐ行ったら危険なだけで。まっすぐだからこそ、大切なことを見失わないようにしないといけないんですよね。

    激おこぷんぷんま……て、これはもう死語ですかね(笑)
    香月が知ったら、ほんとどんな反応をするのやら……!?

    >待たせてごめんね。そしてありがとう。そんな香月ちゃん見てると胸が締め付けられます。

    そうおっしゃっていただけて嬉しいです〜(T_T)
    最終章、お読みいただいている方に、果たして楽しんでいただけているのか、ちょっと不安だったので。胸が締め付けられる、とのお言葉、ホッといたしました!

    2021年1月11日 06:00

  • 第16話 真っ直ぐへのコメント

    樹さんとの約束は一旦置いといて、香月のことをよく見て、言葉に耳を貸すというのは大事ですね。何をしてはいけないかはもちろん、何をしてほしいかだって、しっかり察しなければ。

    「帰らないで」と言い、緊張から涙だって流してしまう香月。これを見て、何をするのが正解か、しっかり判断しましょうか(#^^#)

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    >何をしてはいけないかはもちろん、何をしてほしいかだって、しっかり察しなければ。

    そうなんですよね! 陸太は今の所、何をしてはいけないか、はよく考えているようですが、何をしてほしいか、までは考えが至っていない様子……。
    まだまだ女心を察するのは、彼には難易度高そうですね(笑)

    ほんと、そうですよね〜(>_<)帰らないで、てここまで訴えられて、そして、一人で泣いてたって知って……まさか、ここでヘタレたり……しないよな!?

    2021年1月11日 05:55

  • 第16話 真っ直ぐへのコメント

    香月、泣くほどこの時を待っていたのですね(#^^#)

    お兄さんとの約束は大事ですけど、こんな香月を泣かせるわけにはいきません。
    きっと今が、陸太にとっても頑張り所なのですね(≧∇≦)

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    そうなんですよね、感極まって泣いてしまうほど待ち望んでいたんですよね。
    十年も傍で女だと明かさずに我慢してきましたからね。ようやく、思う存分触れられると思えば、想いも高ぶっちゃいますよね。

    そうですよ! これで指一本も触れないなんて……香月、どれほどショックか。
    なんとか香月を幸せにしてほしいところですが……!?

    2021年1月11日 05:51

  • 第16話 真っ直ぐへのコメント

    更新とお疲れ様です。

    【契りを結ぶ】
    意味:①約束をする
       ➁義兄弟の縁を結ぶ

    さあ、香月さんはどっちだと思うかな?(自明)

    作者からの返信

    延 暦 寺様

    コメント、ありがとうございます!
    そして、労いのお言葉、ありがとうございます〜(^^)

    そうなんですよね、義兄弟の縁を結ぶ、て意味もあるんですよね!?
    今回、初めて知りました(笑)

    さてさて、香月の反応や……!?

    2021年1月11日 05:49

  • 第16話 真っ直ぐへのコメント

    成る程、契りの新しい使い方、覚えておきます。
    確かに契りですね。

    作者からの返信

    パタパタ様

    コメント、ありがとうございます!

    いろんな契りがありますよね(>▽<)
    『約束』のイメージが強かったのですが、今回の話を書くあたり改めて調べたら、他にもいろいろと意味があるようです。
    日本語は奥深いですよね〜。

    2021年1月11日 05:47

  • 第15話 味方へのコメント

    なんか典子さんの事、自分勝手に思い違いしていたかもしれない…
    今は世話焼きで親身な良いお姉さんに思えてきて仕方ない。
    以前コメント欄で典子さんの事、曲者と記載したのは早合点だったのかも?(未だ解らないけれど)しれませんが、読者に必然的にそう思わせてしまう立川先生に感服致しました!

    作者からの返信

    @centurion41様

    コメント、ありがとうございます!

    わわ、なんと……感服だなんて! そんなお言葉をいただけるなんて……感無量です〜(T_T)
    掴めない性格の典子ですが、どうやら根はいい人のようで……。でも、曲者疑惑はまだ拭えませんね!
    陸太の視点を通して描いているので、陸太の偏った見方を感じ取って、追体験のようなものを楽しんでいただけたら、書き手として本当に光栄です(^^)

    2021年1月9日 17:48

  • 第15話 味方へのコメント

    典ちゃんセンパイが親身…だと!?(←)

    女性恐怖症の時は自分のことしか考えられなかったであろう陸太くん。
    今は香月ちゃんの為に先輩と連絡先を交換することに躊躇わなくなりました。

    作者からの返信

    まさぽんた様

    コメント、ありがとうございます!

    あの典ちゃん先輩が……親身になっております!
    大学生になって、典子さんも丸くなったのでしょうかね? でも、相変わらず、残念なイケメンをいじり倒す精神は変わってなさそうです(笑)

    ほんと、そうですよね。女性恐怖症のときの陸太は、周りを全く見れてなかったんですよね。今は、しっかり周りの人を見れるようになってきたようです。
    『香月のために』……! そうですよね! これも香月のため。今まで、香月に支えられてばかりだった陸太が、香月のために誰かに……それも、女性に助けを求められるようになりました。少しずつ、前に進めていそうです(^^)

    2021年1月9日 17:31

  • 第15話 味方へのコメント

    典子さんありがとう。心強い味方ができました!(^o^)!
    彼女を疑うことなく、心からお礼を言えた陸太、成長しましたね。

    樹さんの言葉。これを真に受けたら、香月を悲しませることになってしまいます。こればかりは、聞き入れてはいけませんよ( ・`д・´)+

    作者からの返信

    無月兄様

    コメント、ありがとうございます!

    ほんと心強いですよねぇ。陸太、初めての『オネーサン』の味方です!
    陸太の成長、感じ取っていただけて嬉しいです〜。そうなんですよね、女性を疑うことしか知らなかった陸太ですが、信じて頼ることを始めたようです。ありがとう、が言えたこと、陸太にとっては大きな一歩ですよね。

    ほんと、そうですよね〜! 樹さんの言葉……あれは危険ですよね……。なんとか処理しなければ!?

    2021年1月9日 17:15

  • 第15話 味方へのコメント

    典子さん、陸太と香月の事を思って味方してくれるなんて、良い人です(≧∇≦)
    陸太の話をちゃんと聞いてくれるし、女性だからこそ香月の気持も理解してくれる。こういう人が力を貸してくれるなんて、心強いですよ(*´▽`)

    そして最後に、大事なアドバイスまでしてくれるみたいですね(っ`・ω・´)っ

    作者からの返信

    無月弟様

    コメント、ありがとうございます!

    典子さんが味方になった! という一話でございました〜。
    そうですよね!? 女性だから、香月の気持ちも分かってくれますもんねぇ。恋愛ごとで、異性の味方って心強いんですよね〜(^^)

    ほんと大事な課題が残ってますからね……! どんなアドバイスをしてくれるのか!?

    2021年1月9日 16:55