異世界モノ、ちょっと斬ってみた件について

作者 夏川 俊

事実は小説より奇なり。

  • ★★★ Excellent!!!

異世界って別の惑星の話では?
なんて言ったらまかり通ってしまいそう。
モンスター?
それらしき生き物はむかし実在していますし。
ヌエとか怪鳥とか史実にあるよ!!

魔法ですら出エジプト記で。
エジプトの魔術師が駆使しているなど。

科学に対するアプローチが違うので。
それは省きましょう。
こちらは「解き明かす(神が作ったものを使えるようにする)」
そちらは「発明する(人間が新しく開発したパワー)」

異世界モノはつまり。
いままで世界各地で書かれた。
ファンタジーをすべてごちゃ混ぜにした少年向け大衆文学。
こんな考察でいいのかな?

異世界はRPGの丸写しであって。
現実に「それら」の内容が好きでしょうがなくて。(いかに俗的でも)
そのような人間達が単に多い。(そこまでメンヘル化した)

異世界が売れるのは。
そういう連中が単に多いだけ。

別に変な事では無いと思います。
事実は小説より奇なり。

この世で実際に起きる事件や物事のほうが。
小説よりもよほど複雑怪奇で変化に富んでいる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

フロネシスさんの他のおすすめレビュー 13