異世界モノ、ちょっと斬ってみた件について

作者 夏川 俊

言いたかったことが網羅されていました

  • ★★★ Excellent!!!

ここ数年ですっかり主流になった、異世界もののライトノベル。しかし、ゴールをどこに持っていきたいのか、目的は何なのか、内容が薄くていまいち伝わってこない作品が多い気がしていました。

自分自身もヒロイックファンタジーなんてものに手を出してしまった素人ですが、目的を持って各種描写にも力を入れているつもりです。自分、裁量が下手くそなので、描写が多めになって読みづらいのかもしれませんが⋯⋯自分の作品以外でも、拝読した描写多めの内容もよく練りこまれた素晴らしい作品が、総じて評価低めなのが少々納得いかなくて。
心の中で叫んでいたいろんなことが、ここでは見事に網羅されていました。

拝読していて耳の痛い部分もあれば「そうそう、そうなんだよ!」と何度もうなずく場面もあり。
素晴らしい「気づき」を与えてくれる作品です! 痛い目に遭うかもしれませんが、ぜひご一読を!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

異世界転生転移ものを書く書き手に対して思う最大の汚点は、評価されやすいからという環境にあぐらをかいて慢心すること。
慢心は向上心を奪い、それでも読まれるので作者は勘違いしその一人一人の積み重ねが界隈… 続きを読む

鬼無里 涼さんの他のおすすめレビュー 74