東京2020

作者 江戸川台ルーペ

他人が消失した街でデートする二人を繋ぐものは?

  • ★★★ Excellent!!!

物語を読み始めた時、
イチリヅカには“僕”がいて良かったと思う。

個性を、ちゃんと個性として認めるのは簡単そうで難しい。
他人と違っているというのは、良しにつけ悪しきにつけ、当人にとっては悩みの種(時にはもっとひどい感情)を抱えることになるのだろう。

誰もいない街で二人きりになった時、お互いが感じるものは、外見の個性よりも内面の個性に変わる。

物語を読み終わった今、
“僕”にはイチリヅカがいて良かったと思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

高野ザンクさんの他のおすすめレビュー 16