龍の町に星が降る

作者 てつひろ

38

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

籠根町という美しい観光地を舞台に、主人公・十香が様々な人物たちと出会っていきます。

十香のキャラクターが個性的で面白く、初対面の人物に対してもあっという間に打ち解けて、どんどん話を聞き出してしまう様が痛快です。
登場人物たちが次から次へと関係を繋げていき、物語が巡っていく様もまた痛快。
なるほど、次はこう繋がるのか!と、感心してしまいます。

徐々に明かされていく、複数の物語。
そして十香自身の目的とは。
張り巡らされた伏線の網を、あなたも共に辿ってみませんか。

★★★ Excellent!!!

龍神町、そこは龍の伝説が残る町。
この町を訪れた一人の女性、一之瀬十香が町の人たちと出会い、触れ合い、心を通わせながら、過去と現在を繋いでいく。

掛け違えたボタンの場所を優しく教えてくれる。そんな温かな物語。

透きとおるような文章と、美しい情景。
ページを開くと、穏やかな町並みが広がり、爽やかな風が吹き抜けます。
彼らが語る伝説を一緒に覗いてみませんか。
おすすめです!

★★★ Excellent!!!

いつも、楽しく読ませて頂いております。
物語が完結してからレビューしようかと迷いましたが…この作品をもっと多くの方に読んでもらいたく、頑張ってレビューを失礼します。

拙い文章しか書けない私には、こちらの小説の優れた文章力が、とても勉強になりました。語彙力不足ですみません (汗)
とにかく、綺麗な文章力に圧倒させられました。
なんだか、その情景が目に浮かぶのです…そして、自分も物語の中にスッと入り込める……。これは、独特な物語の力でもありますね。私は、この世界観が好きです。

ライトノベル好きの私ですが、この作品こそがライトノベルだ ! …と、感じました。

是非、ライトノベルが好きな方や、小説が好きな方に、読んでもらいたい作品です。