異変解決屋へようこそ!〜夢物語を綴る君と出来損ないの僕の世界〜

作者 紅香飴

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全106話

更新

  1. 第1部 異変解決屋、始動編
  2. 序章 Welcome to the Dream World!
  3. おやすみ、いつもの現実
  4. ハロー!この世界の新しい主人公
  5. このせかいを、きらわないで
  6. 君と僕の世界救済への第一歩
  7. エピソード1 スタート/新参者の記録係と二人のまほうつかい
  8. 君はまるで魔法使い!
  9. 魔法使いのようなマホウツカイ
  10. よろしく、出来損ないの世界。
  11. 邂逅、紅い瞳の隣人
  12. 桜庭優雅、非日常へと落ちる
  13. 《極光》という組織を知ってるか
  14. 極光からの刺客現る
  15. 飛び交うナイフにご用心
  16. 煽り上手な翠と煽られ上手な紅
  17. エメラルドの瞳の化け物
  18. 嘘から出たまこと。嘘かと思えばまこと。
  19. 『夢/冒険』のはじまり
  20. エピソード2 花畑を夢見る少女と村の御神木
  21. がたんごとん。列車は揺れる
  22. 初調査に向かうは、巨大な深緑の胃袋か
  23. のどかな時間流れる花の村よ
  24. フォイユ村の少女、エマ
  25. 到着、ウッドハウス家
  26. 案外、彼って良い子ちゃんなのかもしれない
  27. 静かな夜の約束事
  28. 僕の楽しい夜のお散歩
  29. 火に油を注ぐ天才
  30. いざ、森へ。しかしその前に。
  31. 異変、牙を剥き。対話の余地なく襲いくる
  32. 聖域。御神木。黒い果実。
  33. その声の先にあるものは
  34. 白い花を鎮魂花にして。彼女は真実へと近づいていく
  35. 念願の不幸な再会
  36. オズワルドのタワーディフェンスゲーム
  37. アナタは酷くて優しい人
  38. そして彼は英雄になった
  39. 花葬
  40. 踏みにじられた記憶
  41. その夢を、忘れないで
  42. 足並みのそろわない再出発
  43. エピソード3 蜂とマホウツカイのランチタイム決戦
  44. ダリル・ハニーボール、おつかいに出かける
  45. 人の痴話喧嘩に巻きこまないで
  46. 音速の男と蜂の人間
  47. 槍、一斉展開
  48. 共食いの女王蜂
  49. 五分時間を稼げれば
  50. 緊急任務:爆弾蜂の群れを撃退せよ
  51. 蜂とマホウツカイの終戦
  52. 人の幸せを強要する奴に、ろくな奴はいない
  53. エピソード4 囚われのマホウツカイ、救出作戦
  54. 宝石商の依頼
  55. 消えたマホウツカイ達
  56. レンガ造りの街アフラート
  57. 如月の腕試し
  58. 叱られた番犬
  59. 紅茶に砂糖を入れる自由
  60. いつも余計なことを言う男
  61. 彼が金平糖に目を奪われる頃路地裏では
  62. カメラに残された手掛かり
  63. 囚われた先は暗くて寒い格子の中
  64. 牢の中の小鳥ちゃん
  65. アンタは用のない人間
  66. それを人はボール遊びとは言わない
  67. 鉄格子を抜け出せ
  68. 新しい友人
  69. そこは見知らぬ屋敷の腹の中
  70. 追う者と追われる者、形勢逆転
  71. 自己犠牲の大馬鹿者
  72. イーリイ家の主
  73. 三匹の門番
  74. マジュウのチカラ
  75. バネのマジュウ
  76. 醜悪な面だね
  77. 毛玉のマジュウ
  78. 三つ首のマジュウ
  79. 氷vs炎
  80. 彼女の役割
  81. 救援は突然空からやってくる
  82. 鳥籠を追え
  83. 身勝手で自分勝手でわがままで
  84. 嬉しい誤算
  85. そのナイフをつかって
  86. 作戦決行
  87. 桜庭の初陣
  88. 不安にさせるのは誰
  89. 敗走
  90. いつもの僕に戻るため
  91. 静かな裏門にて
  92. 逃げ道をふさげ
  93. マジュウを手懐ける女
  94. 氷をまとう者
  95. 『フロスティ・スノーグローブ』
  96. 救出作戦成功?
  97. 一触即発
  98. 見えない信頼
  99. 感謝の言葉は素直に言えず
  100. 乾杯の音頭の際は静粛に
  101. 僕が要求したいことは
  102. いつかお礼を言いたくて
  103. エピソード5 底なし沼の大きなトモダチ
  104. 急な来客ほど困るものもない
  105. 解読された暗号
  106. ボロボロの木を目指して
  107. 大きな水たまりを目の前に、彼らは二手に分かれて行動する
  108. これは大きな岩ですか?
  109. 泥土の操り人形、起動する。
  110. 風穴をあけろ
  111. 高らかに叫ぶ不名誉
  112. ダリル・ハニーボール、今日も女に振り回される
  113. なぜ、人は話を聞かずに勝手な行動ばかりするのか