大樹に立ち、青空を天に。

作者 ななくさつゆり

ひとり残されて、風と化す

  • ★★★ Excellent!!!

自分以外の全てがいなくなってしまった世界。そんな中で在りし日に思いを巡らす。しかし……。

人の思いというものは、どこまでその形を保てるものなのだろうか?どこかで失われたりすることはないのだろうか?


美しく流れる物語の中で、巡らす思いもまた儚いものなのかも知れません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

フィリーさんの他のおすすめレビュー 167