大樹に立ち、青空を天に。

作者 ななくさつゆり

哀しい、けれども美しい

  • ★★★ Excellent!!!

まるで人類が絶滅したかのような世界。そこにただ一人残った私に見える光景が鳥のような視点で描かれているが、それがただただ美しく雄大で、様々なイメージを喚起させる。思い出の「彼」の記憶すら薄れゆくラストは哀しいけれども、どこか解放感すら感じさせる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

rainyさんの他のおすすめレビュー 96