はなびらの中の楽園

作者 七沢ゆきの

美醜の価値と意味合いと

  • ★★★ Excellent!!!

それらの境目は酷く、非情な程に曖昧で。
それを構成する自意識と他者の感情の差異は、大体辛いものだけど。
それでも価値のあるものだと思いました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

本陣忠人さんの他のおすすめレビュー 123