通勤快速という名の牢獄

作者 ゆあん

泣いた

  • ★★★ Excellent!!!

赤の他人から注がれた優しさとどうしようもない結末のせいか…。
僕の頬を濡らす熱い液体の正体はきっと「そういう」種類のものだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

本陣忠人さんの他のおすすめレビュー 123