最終話

「雄介! ほらお弁当!」

「あー悪いサンキュ! 母さん行ってきますっ」



 昨夜、平井さんからの『おやすみ』のメッセージが嬉しすぎてなかなか眠れず、すっかり寝坊してしまった。

 電車数本分の遅れだ。駅への道を自転車で必死に突っ走る。



 高校の最寄駅を飛び出し、学校へ向けてダッシュする。

 体力には自信がある。この時間なら、なんとか間に合うだろう。



 強い黄味を帯びた朝の日差しが、額のあたりに眩しく当たる。

 太陽の光は、強烈なパワーを全身に注ぎ込んでくれるから好きだ。



 吸って、吐く。

 リズミカルに繰り返す自分の息が、ただ大きく脳内に響く。


 ——無心で走るうちに、生物の授業で習った内容がふと脳に戻ってきた。



「『走光性』は、生物が光刺激に反応して移動する性質のことである。

 光のある方向へ近づく行動を『正の走光性』、逆に光から離れるような行動を『負の走光性』という——」



 走光性。


 人間も、そういう習性がある。

 不意に、そんな気がした。



 光に向かって手を伸ばし、ひたすら何かを追いかけたいという欲求。

 闇を見つめ、ともすれば吸い込まれそうになりながらも、そこから離れられない執着。


 自分自身の理性ではコントロールすることができない、強烈な何か。

 俺たちは結局、その訳のわからない何かにどうしようもなく突き動かされ、運命を激しく揺さぶられながら、生きていく。——力尽きるまで。


 その先に何があるのかなど、一切わからないまま。



 それでも——

 今、俺の中に漲るのは、「正の走光性」だ。

 間違いなく。


 大切なものが——守りたいものができた。

 自分の全てと引き換えにしてでも。



 身体の底から不思議なほどに湧き上がるこの力は、何があっても決して抑え込むことなどできないだろう。

 ——そして、光に向かって伸びるこの道を、何者にも阻ませたりはしない。

 絶対に。




 俺の心は、いつしか校舎ではないどこかに向かって疾走していた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

走光性 aoiaoi @aoiaoi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画