神の悪意の物語

作者 王立魔法学院書記官

王道の世界観の中で紡がれる、正統派ファンタジー

  • ★★★ Excellent!!!

 第一章まで読み終えました。世界観は王道ではありますが、細かい文化や風習が描かれていて、徐々に引き込まれました。主人公も周りの人々の力を得て徐々に強くなっていき、しかし敵も侮れない強さを持っているなど、戦闘シーンも見ごたえがありました! 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

路地裏の本棚さんの他のおすすめレビュー 175