にこにこマートは転移しました

作者 奥森 ゆうや

123

42人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

スーパーマーケットが異世界に転移する、不思議な異世界ファンタジーです。
読みやすく、温かい気持ちになります。
モンスターたちが人情味に溢れていて、とても優しい世界です。
異世界ファンタジーが苦手な方も、この作品はすんなり胸に入ってくると思います。
読んでみてはいかがでしょうか?

★★★ Excellent!!!

閉店間近のスーパー、にこにこマート。閉店セールに向けての準備を進めていた沢渡店長と新米社員の高橋くんでしたが、そんな最中信じられない事が。なんと二人はお店ごと、異世界に転移してしまったのでした。

そして飛ばされた異世界で、二人はにこにこマートの営業を続けていく……。

異世界転生ものの小説は数多くありますけど、彼らは勇者になるわけでもチート能力を授かるわけでもありません。やるのはスーパーの経営なのです。

いきなり現れた見慣れぬ建物に興味を惹かれてやって来たのは、人間ではなくモンスター。スライムやドラゴンなど数多くのモンスターがにこにこマートを訪れ、やがてそれらは従業員となり、皆でスーパー経営をしていくのでした。

本当ならモンスターは怖い存在ですけど、この作品に出てくるモンスターは愛嬌があって親しみやすい者達ばかり。特に不器用だけど頑張り屋のスライムくんが可愛いです。

にこにこマートとそこで働く人たちのことが大好きで、皆のために奮闘するスライムくん。これほどまでに可愛いスライムを、今まで見た事がありません!

モンスターと人間が仲良く経営するスーパー、にこにこマート。新感覚の異世界ファンタジー物語です。

★★★ Excellent!!!

たぶん、これまでいろんな人やモノが異世界へと転移した。高校生やニート、プログラマーや自衛隊、シェフや医者…… だが、この物語で転移したのは何とスーパー。それもどこにでもある様な店舗!しかも閉店間際というオマケ付。

このお話はそんなスーパーが異世界という商圏で顧客、従業員、お金、ニーズに悩み、毎回起こるトラブルを解決し、前へと進んでゆく物語です。

暖かく、優しい物語ではあるのですが、しっかりと商業の目線を保ち続けているのでドキュメンタリーようでもあります。

ソフトながら整理された文章構成も読みやすく、大きな魅力です。ぜひご一読を!


★★★ Excellent!!!

もはや説明不要なくらい一大ジャンルとなった異世界転移ですが、スーパーマーケットが転移したなんて話が、いったいどれだけあるでしょう。

スーパー、にこにこマートと共に、偶然異世界にやって来た、店長の沢渡と、店員の高橋。異世界ではお馴染みの、チート能力なんてものはありません。
色々あって、モンスター達と一緒にスーパーの営業を始めるのですが、なにしろ人間の常識なんてまるで通じないモンスター。業務どころか、まともな話をするだけでも一苦労。やっぱりモンスターでスーパーを回すのは無理なのか?
ですがそんなモンスター達も次第に仕事を覚えていき、何より愛着が沸いてくるのです。特にスライムくん。スライムくん! スライムくん!!!

三回もスライムくんと言いましたが、これもそれだけ彼に思い入れがあるから。
なぜかって? それは、読んでみれば分かります。

★★★ Excellent!!!

優しい世界といってしまうとなんだか軽い雰囲気になってしまうけど主要登場人物もモンスターもひたすらに心優しい。

今の時代は(大雑把なまとめ方ですみません)がむしゃらに頑張ったり、団結したり、他人からの優しさや思いやりを素直に受け取れない時代だけど、この物語には古き良きな昭和の人情味を感じた。人間も捨てたもんじゃない(現代を生きるモンスター私視点)って思える作品でした。面白い!私もにこにこマートで働きてぇ!

★★★ Excellent!!!

閉店が迫ったスーパーマーケット、『にこにこマート』がですね、なんとびっくり異世界に転移(これもある意味移店ってやつなのかな?)しちゃうんです。

でも、転移したのはにこにこマートだけではありません。そこの店長沢渡さんと、それからバイトの高橋くんも一緒です。
 
ここで「おうよっしゃ!これが異世界か!待ってろハーレム!」となるわけもないんです。普通の神経してたらいきなり見知らぬ土地に飛ばされて「ステータス、オープン!」とかやりませんからね。

ですが、うろたえているばかりでもお話は進みません。沢渡店長と高橋くんは力を合わせて営業を開始します。

お客様!袋を勝手に開けないでください!
お客様!店内での炎はご遠慮ください!!

やはりモンスター相手に商売は無理だったのか……?と思いきや、救世主登場!皆大好きスライム君です!!!

何やかんやあってスライム君たちモンスターを雇い、今日もにこにこマートは営業中!!

とはいえ、なかなか順風満帆にはいかないようで……?

一難去って、また一難!
時に笑いあり、時に涙ありの異世界ファンタジーです!

個人的にはもうスライム君が可愛くて可愛くて仕方がありません!!

★★★ Excellent!!!

嵐の夜、閉店間際のスーパーごと、異世界に飛ばされてしまった店長の沢渡と、店員の高橋の男性二人。

異世界へ来たけれども、やることは……日本と同じ、スーパー経営!?

けれども、そこは異世界。お客さんはモンスター達ですし、お金だって違いますし、店員は二人だけですし、なにより電気もありませんし……。

そんな中、二人はあきらめずにお店を開き続けます。
モンスターを店員として雇って。

右も左もわからぬ中での異世界スーパー経営。

出てくるモンスター達も個性的で、特に素直で純真なスライムくんが可愛すぎます!

一風変わったほのぼの異世界ファンタジー。気になった方はぜひどうぞ!

★★★ Excellent!!!

文章や構成、世界観などがとてもしっかりしてる上での異世界ファンタジー。しかしただの冒険活劇ではなく、スーパーマーケットが舞台になっているという一風変わった作品。だが読めば、必ず引き込まれること請け合い。読み易さもさることながら、読ませていく技量が凄い。

スーパーマーケットを運営していくサワタリとタカハシは人間だが、周りはモンスターだらけで、そんな違い過ぎる彼らが少しずつ絆を育み、成長していく姿に胸をうたれる。

個人的にはがいこつ剣士のガイさんが好きなキャラで、ガイさんがメインの回で恥ずかしながら涙してしまった。

個人的には一番書籍化して欲しい作品。



★★★ Excellent!!!

 ある日、にこにこマートは閉店することとなり、在庫セールを終えた。店長と新人の二人が、店を名残惜しんでいると、そこに雷が落ちる。そして、店ごと異世界に来てしまったのだ。どうやら、転生ではないらしいが……。
 戸惑っている中、モンスターたちがやってくる。もちろん日本の常識も日本円も持ち合わせていない。しかし、店長と新人は、モンスターを雇ってにこにこマートを経営することにする。しかし近くの町では、モンスターが邪険に扱われ、店長と新人もモンスターの仲間と勘違いされる。腹を立てながらも店に帰り、モンスターたちと店をやりくりしていると、モンスターと仲の良い村があると判明する。そこで仕入れをすることで、店は通常販売できるようになる。そして、町からパン屋の娘を雇い、店の看板商品もできる。電気が使えるのは、発電ゴーストのおかげ。パンが焼けるのはドラゴンのおかげ。店が回せるのは、骸骨やスライムのおかげ。総菜があるのは、軍隊蟻のおかげ。電気ゴーストのストライキや、店員同士の嫉妬、試食トラブルなど、経営は一筋縄ではいかない。それでも、「転んでもただでは起きない」という姿勢で、次々とアイディアで困難をチャンスに変えていく!
 しかし勇者一行が現れ、アイテムでにこにこマートと同じ店を隣にオープンさせてしまう。ライバル店の登場に、困り果てるが、ここもアイディアで乗り越えるのだった。そのアディアとは?
 そしてある日、すっかり従業員として成長したモンスターたちが、店に出勤しなくなってしまった。一体何があたのか?

 今までになかった異世界スーパー経営物語!
 とても読みやすく、すらすらと拝読でき、場面が浮かんでくるようでした。
 これは面白いです。読まないと損です。
 ほのぼのとしたやり取りが、たまらなく好きです。

 是非、是非、御一読下さい。

★★★ Excellent!!!

世の中に異世界転生ものは多々あれど、スーパーマーケットごと転移してしまったのは、この作品がはじめてではないでしょうか?

思考を覆されるのはそれだけではなく、とてもけなげなスライムくんや、結構従順なモンスター達を従えて、異世界でスーパーマーケットを展開してゆきます。

おもしろい!! そして、次々と起こる苦難の日々に、彼らと一緒に一喜一憂したりします。

とてもおもしろいです。ぜひ、呼んでみてくださいっ!!

★★★ Excellent!!!

これほど愛おしく描き出した作品があったでしょうか。あのスライムを。そして、人間を。

ちょっと遊んだ感じのレビューを書きたくなってしまうのは、この作品が持つワクワク感や親しみやすさ、そして作者様の人柄が滲み出る真摯な筆致についつい心を開いてしまうからではないかと思います。
シリアスかと思ったら不意にコミカルに畳み掛けてきたり。異世界で懸命に生きる彼らの姿に時に胸が熱くなり、思わず涙したり。こういう作品本当に好きだなぁと、内心呟きながら夢中で拝読しました。

常に作品に寄り添う作者様の描く世界はどこか優しくて、情があり、温もりを感じます。血の通った作品とでもいいましょうか。
綺麗事で済ませたくなることもこの作者様は真摯に描いていて、『もしかして今自分が正しいと思ってることは本当に正しいのだろうか? 』と、拝読しながら自分も持っているかもしれない思い込みを不意に感じてドキリとしました。そこを切り捨ててしまわず絶妙なバランス感覚で作品として纏め上げてるところに、作者様の力量と、作者として作品の世界を見守る愛情の深さを感じます。

非日常の世界で描かれる日々の営みの中に、懸命に生きようとする彼らの意気地を感じます。
かえって新鮮な驚きと喜びをもって、人情とでも言うべき感情に触れられる本作品は、エンターテインメントそのものではないかと思います。

忘れたくないモノが沢山詰まったこの作品、これからの時代もぜひ生き残って欲しいと、願わずにはいられません。

にこにこマート、大好き。

★★★ Excellent!!!

頭が薄くなった店長が、長年勤めたにこにこマートの閉店セールを行うという哀愁漂うはじまりからの、なぜかスーパーごとの異世界転移してしまう物語。

剣は握って戦いません。戦略はすべてこの異世界でどう売り上げをあげるか。
異世界転移でも一風変わっていますが、そこが面白い。

タグにもありますが、某有名RPGゲームを彷彿とさせる世界観ですっごく読みやすいです。

店員はモンスターという、今後どうなるのか予想がつかないドタバタ感と、モンスター目線で進むので悪いのは人間!? という本来のゲーム目線とは逆の視点で話は進みます。

でも出てくるモンスター、みんな良い奴すぎて愛着が湧いてくるかわいい子ばかり。
まるで子供を育てるかのような従業員を教育していく様子も見どころです。

経営が面白くてすっかりにこにこマートの繁栄に目を奪われていますが、果たして転移してしまった店長沢渡と高橋くんの未来はどうなるのか、まだまだ目が離せません。

★★★ Excellent!!!

連載中ではありますが、レビューを書かせていただきます。
なぜか? にこにこマートの常連客を増やすためです!

とある閉店寸前のスーパー『にこにこマート』はある日、雷に打たれ、店舗と従業員が異世界へと転移してしまいます。
店長の沢渡と駆け出し店員の高橋の二人はこの逆境にもめげず、新たに『にこにこマート』をこの地でオープンさせます。
ですがまぁ、そこはやっぱり異世界。現代とは事情が大きく違います。
ここから二人の困難とその打開、そして彼らを助けてくれるモンスターたちとの絆が結びつき、物語は加速していきます。

この設定を十分に生かしつつも、さらに極上のドラマに仕上がっていく様は、まさに作者ならではの筆の冴え。
親しみやすく読みやすい語り口の良さはもちろん、語られる物語そのものが喜怒哀楽がたっぷりあって、なんとも面白い!

それらから魅力的なキャラクターたち。人間味あふれる主人公たちに、さらに『人間味』があふれちゃってるモンスターたちのなんともいいこと。
彼らが困難に立ち向かい、にこにこマートをより良い店にしようと頑張っている姿は、感動と笑いに満ち溢れています。
異世界を題材にしていながらも、どこか現代ドラマを読んでいるような気分になる不思議な物語で、ほんわかしているようでも、なにか芯の通った力強さがあります。

とにかく先が気になる面白さなので、連載を追いかけて楽しんで欲しい、と思います。ホント面白いです! ぜひ。

★★★ Excellent!!!

雷にうたれ異世界に移転したにこにこマート。
店と一緒に移動してしまった沢渡店長と高橋くんだが……。

連載中「Lv.27 勇者様御一行ご来店」読了時点のレビューとなります。

どんな境遇になろうと明るく精一杯お客様に喜んでもらおうと奮闘する沢渡店長。
そんな店長に足並みを揃え、時には斬新なアイデアで店を盛りたててくれるまだ入社3ヶ月の高橋くん。
二人は人格者であり、異世界においてもモンスターに慕われ、一つひとつ問題を乗り越え、信頼を築いていく様子がとても楽しい物語です。

そんな彼らの前に勇者様御一行が現れるのですが……モンスター視点で進んできたが故に、酷い人間に見えてしまう!
もちろん勇者サイドから見たらそうでもないのかもしれませんが。

様々な人間やモンスターが行き交う中、にこにこマートはどんなお店に成長するのでしょう。
そして沢渡店長と高橋くんはこちらの世界に戻れるのでしょうか。
最後まで追っていきたいと思います。
執筆頑張ってください!