日向の窓で、君と

作者 澤田慎梧

 これは、壊れてしまった二人の、取り戻せはしないけど、前へは進める物語

  • ★★★ Excellent!!!


 広い家に一人で暮らすアラフォー無職男のもとへ、三十年前に行方不明になった同い年の従妹が突然帰ってくる。ただし彼女はどうみても十代。なんと従妹の美遊は三十年間異世界に転生しており、時間の流れの違うその異世界から生還してきたというのだ。

 そして始まる、遥かに歳の離れた幼馴染の少女との生活。

 一応異世界という言葉は出てくるんですが、異世界自体は出てきません。これはそういったお話ではないのです。
 本来同年代だったはずの従妹が少女で、自分だけが歳をとってしまい、でも逆の立場で見れば、従妹の少女は住んでいた世界があっという間に三十年も未来になってしまっている。そんな二人の、価値観のズレと心の隙間を抱えた日常が、しっかりとした筆致で淡々と綴られています。

 つまり、読者をぐいぐい引き込むような急展開の物語ではないのです。

 時間という壁によって引き裂かれてしまった男女の日常。一見ラブコメのような設定にも見えますが、残念ながらラブにもコメディーにもなりません。二人はそこに踏み込むことができないのです。

 これは、一緒に住んでいるのに引き裂かれてしまった二人の、お互いを思いやりながら、徐々に徐々に、歩み寄っていこうと足掻く物語です。

 お互いに想い合っているのに踏み込めないそのじれったさが、じわりじわりと胸に沁みこむ作品です。

 当初、読ませる力が弱いんじゃないか?と思っていた本作ですが、なぜか読み進むうちにだんだん抜け出せなくなるという、そんな不思議な魅力の主人公とヒロイン。いや、家族というべきか。

 不器用だけど、思いやりに溢れた彼らが住むその家に、あなたもしばらくお邪魔してみたらいかがでしょうか?



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

雲江斬太さんの他のおすすめレビュー 268