日向の窓で、君と

作者 澤田慎梧

59

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

神隠しにあった女の子。待ち続けた少年は四十路になって、無職。
ある日帰ってきた少女は異世界で呪術を学び、戦っていた。

思わず二〇歳以上離れた年齢は、二人の間に奇妙で微妙な関係を生む。

時間も世界もずれた戦場に居た彼女は、アンバランスな心を持って、主人公との生活を再開する。でも、何かがずれていて、切なさと不穏さがそこにあって。

そんな心の機微をじわじわと見せる良作。
ただのヒューマンドラマでもなく、異世界転移の設定を現実世界から逆方向に利用して、それを人間関係のドラマに融和していくストーリーは、コミカルでありつつ、大人の筆致を感じさせる。

ずれてしまった時間と、ずれてしまった世界を、埋める優しさを。

時々笑いながら、それでも、じんわりさせてくれる物語です。

★★★ Excellent!!!

異世界転移から帰還後の話ということで
興味をひかれて読み始めました。

行方不明となっていたヒロインの美遊ちゃんが、30年の時を経て異世界から現実世界に帰還する。
異世界と現実世界の時空の歪みにより、同い年だったはずの従兄弟である主人公とは、親子のような年齢差に。
この時点でかなり心に来るものがあります。
さらには美遊は異世界でかなり過酷な状況下を生き抜いてきたようで、物語が進むにつれて、それらが徐々に明らかになっていくのですが……これも辛いもので、異世界転移したからって俺TUEEEEだと思ったら大間違いでした。(笑)


主人公とヒロインが、キャラクターとして機能しているだけでなく、ひとりの人間としてちゃんと生きていると感じました。
それゆえ、一筋縄ではいかない諸々の問題を乗り越えていく様には、思わず身を乗り出して「幸せになってくれ」と願いたくなりました。
もし世界のどこかに本作品のような異世界転移者たちがいたら、残された家族や周囲の人間に起こることは、本当にこんなふうなんじゃないか、と想像してしまうほどに、全てに説得力とリアリティがあります。
反面、脇を固めるキャラクターにはラブコメ色の強い属性持ちもいて、ともすればシリアス一辺倒に走りそうなストーリーに、絶妙なバランスで明るい魅力を添えています。

最後までバッドエンドにもグッドエンドにも転びそうな展開に、先が気になること間違いなしです。
読み進めるほどに、これが後日譚ではなく、二人の再生のための前日譚だったと気付かされる構成はお見事でした。
(あとがき読んでなるほどと思いました)

普段あんまりラブコメ読まないって方にも、
ちょっと異色のラブコメをお探しの方にもぜひ、おすすめの一作です!

★★★ Excellent!!!

異世界ものですが、舞台は現在の日本にあります。
無職をかこつ清十郎のもとへ幼なじみだった美遊が不意に訪れる。
行方不明だった彼女は昨日まで異世界で戦っていたのだ。
彼我、時間の流れが異なるらしく、彼女はようやっと十代後半の年格好になったばかり。一方の清十郎は父兄と言われても世間に通る位の年になっていて-。
うら若い美遊に翻弄されながら、彼女との関係を再構築しようと苦心する清十郎とその周りの人々の姿が何とも微笑ましいお話しです。

★★★ Excellent!!!


 広い家に一人で暮らすアラフォー無職男のもとへ、三十年前に行方不明になった同い年の従妹が突然帰ってくる。ただし彼女はどうみても十代。なんと従妹の美遊は三十年間異世界に転生しており、時間の流れの違うその異世界から生還してきたというのだ。

 そして始まる、遥かに歳の離れた幼馴染の少女との生活。

 一応異世界という言葉は出てくるんですが、異世界自体は出てきません。これはそういったお話ではないのです。
 本来同年代だったはずの従妹が少女で、自分だけが歳をとってしまい、でも逆の立場で見れば、従妹の少女は住んでいた世界があっという間に三十年も未来になってしまっている。そんな二人の、価値観のズレと心の隙間を抱えた日常が、しっかりとした筆致で淡々と綴られています。

 つまり、読者をぐいぐい引き込むような急展開の物語ではないのです。

 時間という壁によって引き裂かれてしまった男女の日常。一見ラブコメのような設定にも見えますが、残念ながらラブにもコメディーにもなりません。二人はそこに踏み込むことができないのです。

 これは、一緒に住んでいるのに引き裂かれてしまった二人の、お互いを思いやりながら、徐々に徐々に、歩み寄っていこうと足掻く物語です。

 お互いに想い合っているのに踏み込めないそのじれったさが、じわりじわりと胸に沁みこむ作品です。

 当初、読ませる力が弱いんじゃないか?と思っていた本作ですが、なぜか読み進むうちにだんだん抜け出せなくなるという、そんな不思議な魅力の主人公とヒロイン。いや、家族というべきか。

 不器用だけど、思いやりに溢れた彼らが住むその家に、あなたもしばらくお邪魔してみたらいかがでしょうか?



★★★ Excellent!!!

 よくゼロ年代ほにゃららとか評するけど感覚的にはもうちょっと前だねこれ。
 従姉妹や実妹モノが全盛だったのは90年代。leafがビジュアルノベルで美少女ゲームの可能性を広げる一方で、elfがインモラルで暗いアンダーグラウンドの世界を醸成する。そんな只中、あるいはその途上にあることを感じさせてくれる、魂が震える作品。ぶっちゃけ、その年代前後の人々には、例外なく突き刺さるでしょう。

 それだけのポテンシャルがあるのに、なんでこうぱっとしないかな。
 割と初期の方から追っかけてて、おぉぅ好みのストライクゾーン、楽しめるぅとか思っていたんですけれど、やっぱ時代と僕はずれてるのかね。
 けどまぁ、WEB小説は楽しんだもの勝ち。自分のために書いてくれていると思って熱烈ラブコールを送るとしましょう。んもう、最高、たまらん。このままの調子でいっちゃってどうぞー。

 さて、まぁ、どんな内容かっていうとひとこと紹介に尽きる。

 行方不明になった従妹が帰ってきた。しかも居なくなった当時の姿のままで。彼女の両親は既に他界しており、引き取れる肉親は主人公しか居ない。更に、従妹は行方不明になっていた期間異世界に拉致されており、そこで少女兵として過酷な生活をさせられていた。
 異世界での時間を埋め合わせるようにずぶずぶと主人公に依存するような態度をみせる従妹。それを理性で抑えつけて、なんとか彼女をこの世界に馴染ませようとする主人公。いや、お前も無職ぞ、もっと危機感持て。(ぉぃ)
 かつての友人や異世界対策のエキスパートたちを交えて距離を縮めていこうとするのだが、その過程で従妹は異世界でも恐れられた魔法の持ち主――「呪い」の使い手だということがあきらかになっていく。そして、その「呪い」は戦場で人にも容赦なくむけられていたことまで分かり……。

 なっ!! それっぽいやろ!!(90年代感あるぅー!!… 続きを読む