独断と偏見で現代語訳した古事記

作者 烏目浩輔(からすめこうすけ)

古事記に馴染む方がカクヨム界に増える事は良い事だ!

  • ★★ Very Good!!

塩野七生先生のローマ人の物語シリーズには、経済人を含め、幅広い層のファンがいる。
千年ほど遡った作品なら、源氏物語。現代でも、女性を中心に老若を問わず唸るほどのファンがいる。
でも、1,500年弱も伝わる古事記については、ファンの存在が希薄だ。正史として編纂された日本書紀と違って、古事記は庶民でも親しめるようにと伝承を重視したのに、考古学者や歴史学者しか近寄らないイメージが強い。

烏目さんも指摘する通り、内容的には非常に面白いのだ。肩の力を抜いて楽しめる神話なのに、残念な事だと思う。
だからこそ、本作品のようにオチャラケた雰囲気で紹介する作品の存在意義は高いと思う。
是非読んでみて下さい。興味を持てたら、以降のエピソードも網羅した現代語訳にトライしましょう。
日本人として、故国の神話に親しみましょうよ。

でも、私自身は既に何となく知っているので、星2つです。
短編にはMAX2つの信条を安売りはしない…かな。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

時織拓未さんの他のおすすめレビュー 546