「ザコは捨てていく」と奈落の底に堕とされた荷物持ち。ダンジョンの底はドロップアイテムが充実してたので、気楽に引き籠もり生活を満喫する

作者 破滅

3,262

1,304人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

超ハイスピードの展開で多分6…7時間有れば読みきれるお手頃感と納得のいく内容(個人的感想)で
この頃のなろうでは珍しい主人公の序盤最強後半苦戦という決して最強じゃ無いスタイルが良かったです、
グロいかどうかは個人の尺度が有ると思いますが、個人的にはそんなにグロく無かったと思います
言い意味でチープなグロさとサクサク話しが進むのが良い点だと思います
ただ世界設定が説明しきれておらずなろう系を読み慣れてい無い人からすると若干説明不足なきがします
あとこれで完結で今後の投稿予定が無いそうですがその後どうなったのか気になりますアフターストーリーとして書いていただけるととても嬉しいです

最後に少くともこの小説は星1では無い星1を付けて良いのは文脈や内容がグチャグチャな作品だけで何でもかんでも星1付ければ良いとか思ってるアンチはその心をグッと堪えて星2にして欲しい

★★★ Excellent!!!

普通っぽい主人公の頑張りが力を上げて行き、その表面上の姿が読む者を楽しくさせている。が、本当のおもしろさは、主人公や登場人物の心の動きが細かく書かれていることに有りました。
他の作者にない、各キャラクターへの愛情がそうさせているんですね。次回作にも生かしてくださったら、また、愛読させていただきます。ありがとうございました。

Good!

 最後まで読んでないのですが、主人公を含むキャラクターの会話や思想の中に現代を思わせる記述が散見されます。
 この小説の舞台は異世界なのか、現代のパラレルワールドなのか・・・
 どこか時代劇の中でカタカナ言葉を聞いたような違和感のようなものを感じます。
 どうしてもその違和感がぬぐえず、読むのをやめてしまいましたが、最終的に解消されるのでしょうか?もしかしてこれが叙述トリックなんでしょうか?
 話の進め方などは多少ご都合主義に感じるところもありますが面白く、なおさら残念に感じました。

★★★ Excellent!!!

1.この作品に出てくる登場人物は、主人公を含めて悪人ばかりです。主人公サイドと敵サイドとの戦いが描かれるのですが、善人が出てこないので、まるでヤクザ映画のような面白さがあります。

2.主人公がいつまでも最強にならないので見ごたえがあります。主人公が根本的に一般キャラであるという制限を最後まで突破できないため、「負ける可能性が結構あるよな。」という思いを最後まで持たされます。

3.主人公とヒロインとのイチャラブがうざくない。通常のなろう系小説では、主人公とヒロインとのイチャラブが始まったり、ハーレム展開が始まったりすると読むのをやめます。気持ち悪くなるからです。しかしこの作品では違いました。この主人公にモテ要素が全くなく、主人公にとってはこのヒロインが唯一の相手なんだろうと思われるからだと思います。「多少イチャイチャしたっていいじゃないか。」そんな風に感じてしまいました。

4.特に後半になるにつれ、誤字が多くなっていきます。ただ「この小説って、ものすごいスピードで書き殴ったんだろうなあ。」「絶対に推敲してないよな、書いて書いて書きまくったんだろうなあ。」と思われるので、それはそれでありだと思います。何はともあれ、完結しているところが素晴らしいです。

全体的に細かい設定がザルで、何故そうなるのかを読者に理解させる描写も少ないまま物語はどんどんと進んでいきます。しかしながら、それでも最後まで読み切ってしまいました。読みながら「この作者の感性は他の作者たちとは違うな。」「この作者なら、今の常識にとらわれない作品を期待できるのではないか。」などと考えておりました。まあ、まともな作品ではないことは確かです。ただ、次の作品を読みたいと考えていることも、また確かです。

★★★ Excellent!!!

完結までとてもサクサク読めて面白かったです。色々な要素がバランス良く取り入れてあって、主人公が普通の感覚ゆえにグロもエロもある事でよりリアルさもあり、個人的には良かったと思いますが人それぞれですね〰。
次回も非常に楽しみにしてます!。
ありがとうございました。

Good!

叙述トリックとは誤認を与えることですが特段見当たりませんでした
全体的にいわゆるなろうで、序盤の勢いは良いと思います
しかしヒロイン等の主要キャラが非常に薄っぺらいです
背景描写が特にあるわけでもなく過程を省いて芽生える愛情、信頼、友情
描写不足に尽きますし、主人公の行動もこうだからこうしよう、で進んで行く為生きている感じが有りません
全体的に具体的な中間項なく話が進行するため没入感が得られません
中間項を省くことは所謂セカイ系でもあることですがセカイ系に置いては主軸となる個人の描写が不足してそれでいて雰囲気の醸造に必要な描写もない為詳細な粗筋と言った感じの内容でした

★★★ Excellent!!!

一言で言って不思議な作品。
20年程前のソノラマ系のような、違うような。
確かに読む人は選ぶかもしれませんが、作品としては非常に良くできていると思います。
ただやっぱり合うか合わないかで評価が両極端に分かれそうな作品ですね。
私は結構好きです。
何というか、色々絶妙過ぎるバランスなんですよね。
ライトノベルのような、ハードボイルドのような、色々な『何か』が絶妙なバランスでブレンドされて量産型みたいで絶対に量産型ではない『何か』になっている。
重いようで軽いようで重くも軽くもない、本当に不思議な作品だと思います。
どこかで読んだような、独自路線。
作者様の才能であると思います。

★★★ Excellent!!!

この物語には誰も立ち入ることのできない、絶対不可侵の秩序が築かれている。勇者は悪で、主人公は善。絶対悪たる勇者に主人公は必然的な絶望を与えられ、そして物語を読んでいる読者に安寧を齎すように、圧倒的な力を得る。

主人公は余り有る力故に苦悩し、罪悪感に苛まれ、凄惨な光景から目を背けようとするが、その一方で現代文明の遊具で遊んでいたり、ヒロインと戯れている姿を見ると、読者はその人間臭さに「こいつは叩き潰してやりたい」とか「自分もこんな感じになるだろうな」と、個人的な感情を剥き出しにして彼の物語と対峙するだろう。

ネットスラングだとか、何処かで見たことがあるネタだとか、猟奇的な表現に辟易して読むのをやめるのもまた一興。だが最後まで読み終えた時、作者が再三主張している叙述トリックというものは、読者に文章中に仕掛けがあると錯覚させ、深みを持たせるためのハッタリであるということを、一つの知識として認識できるだろう。

Good!

叙述トリック要素は今のところ無いです。…もしかしたら「この世界では珍しい黒髪黒目の~」からの現代ファンタジーという流れがそうだと言っているのかも…?
やっぱり叙述トリック要素は無いです。

また、登場人物の心情や生い立ち、立場、行動などが一致しないと感じることが多いため、ホントに頭を空にして文章を読みたいという方にはオススメです。(ただし深い意味も無く残酷な描写あり)

本文を読むに文章力、文字回しに不慣れな印象も感じ受けます。
誤用や誤字脱字の指摘に感想欄を開くと作者のマナーが良いとは言えない返信が目に入るため、あまり良い気分では読めませんでした。いわゆる雑談スレッドのようなノリは広告無し(または広告有りの個人ブログ)ならともかく、広告収入有りの設定で利用するにはやや不適切かと。

★★★ Excellent!!!

女勇者や賢者、聖女への仕打ちは残酷としかいい様がないのですが、これよく読むと主人公が直接行ってないのですよね。部下がやっているだけ......
方法を決めたのも主人公ではない、ただ、止めないだけ......
その上、勇者達への残虐なグロシーンに主人公がショックを受けるという不思議な展開です
普通、ざまーの場合、怒りと暗い情熱に任せて残虐な事をする訳ですが、この主人公は仕方なくやっている様にも思えます
だからでしょうか......
なんか不思議な感覚です。ざまーの爽快感はなく、そのくせ勇者達への残酷なシーンに怒りを感じ、しかし、それでいて主人公には怒りが向かないのです
主人公が勇者達への残虐な行為に凹まなければ私はこの作品が好きにはなれなかったと思います。それに、結局、現在の最後のエピソードまで読んじゃいました

私は変態なのでしょうか?
勇者達の残酷な処刑シーンに釘付けになりました
美しい者が壊される。そこに何故か快感を得ました
それでいて、自分がやった訳じゃないからと仕方がないと思ってしまっています
つまり、私も主人公も同じな訳です。主人公に感情移入しているのです

少なくともこの作品の最大の訴求ポイントは勇者達への非道と主人公へその怒りが向かない事です。それが無いとこの作品の魅力は半減したと思います

だから、どんどんやっちゃてください

Good!

 世界観やキャラクターの一人一人は良いと思います。主人公が普通の人間であるため色々思い悩む部分があるのも、良いと思います。ただ勇者と戦うたびに同じことを繰り返して、考えの浅い行動を何度もしているあたりで少しくどさを感じる。
 後半に行くほど展開が単調になるので、改善してもらえるともっと読んでてワクワクするかなと。うまくまとめてくれることを期待しています。

Good!

レビューで書く事ではないのは理解してる

それでも書かせて欲しい
自分はある話が出た瞬間に不快すぎて読むのを辞めた、、その後なんとか頑張って読み直して確かに所々思うところはあった、

でもここで書くべき作品にはどうしても思えない、、カクヨムを使う年齢制限が無いなかでタグもそういうのはないし、、もし読んで後悔して欲しくないから僕はどうしても書かずにはいられなかった

これに理解を示す人は勿論いると思う
だが、ただ小説を読んで感動したり楽しんだりしたいのならオススメはしない

ゲテモノでもなんでもござれ
自分自身かなり歪んでるって方にはオススメ

Good!

どうしてもあちこち既視感が有ります。
あとはノンストレスが売りなハズですが、主人公の人格にも、勇者の人格にもイライラする人は多いのかなぁという感想でしょうか。
パーツ、パーツを見る限り、面白いものを書ける作者さんだと思いますので、オリジナルの設定やストーリーが見てみたいです。
今回は期待値込みで星1つ。

★★ Very Good!!

ありがちな導入から、よくある主人公の強化、ヒロインの登場
ところが途中から「へぇ、それやっちゃうんだ」というヒロインとの関係性
さらには突発的なザマァ要素が強烈に襲いかかり
このあとの展開書きにくくない?と心配してると、次の日には平然と通常業務に戻っている
心情をあえて描いてないのか、サイコっぽく見せる演出なのか
ジェットコースターとメリーゴーラウンドに同時に乗せられてる気分です

★★ Very Good!!

序盤の勢いは今までカクヨムで読んでいた中でかなり面白いと思いました。

ですが中盤辺りから本当に作者が書きたい事(作者ご都合主義)を書いているのでなんと言うか微妙な感じになってます。

もう少し考えて書いてくれたら凄く面白いと思いますが、これからの期待を込めて2にさせて頂きました。

★★★ Excellent!!!

まだ最初しか読んでないのですが、捨てられる主人公が絶望の中に見つけた自分の人生を歩み始める所がすごく素敵です。足手まとい、何をしても人の顔色をうかがってばかりの自分と少しだけ重ねて見ていました。そんな自分にも才能はあり、良いところの一つはあるんだと絶望から立ち上がったあの頃を思い出しながら読んでます(気を悪くしたらこのレビューは消してください)この作品と出会わせてくれて本当にありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

とても面白いと思います。
しかし、作者に対する尊敬がないとあまり面白くないかもしれません。


すいません引用です。

この小説を読みたくなるように
おすすめレビューには、この小説を薦める内容を投稿してください。小説を読んで受けた感動や興奮を共有したり、魅力をすくいあげて表現したり、あなたの言葉で誰かもまた読んでみたくなるような投稿をお待ちしています。

不適切な投稿を控えてください
おすすめレビュー機能が本来の目的を果たすために下記の投稿は控えてください。
作者やユーザーへの誹謗中傷
小説と関係ない内容
誤字や脱字の指摘
小説を読まずに投稿する行為
配慮の無いネタバレ行為

まぁこのレビューを見ても読みたくなる人は少ないかと思いますが…

Good!

物語自体に特に好き嫌いの感情は持たなかった。よくあるなろう系。それに尽きる。特出した点もない。が、何より不快だったのは参加コンテストの名前や作者の読者への態度がこの作品の価値を下げているようにしか思えないと言うこと。
この作者の元で出た作品はどのような内容であれこれから先期待は出来ないんだろうと思わせてくれる作品でした。

Good!

仮にこの作品に叙述トリックがふんだんに使われてるとして、叙述トリックがあります!って公言してるのは如何なものか
叙述トリックは読者がそうであると気づかないから活きてくるものであって、公言するものではない
叙述トリック使ってます!って公言するという行為が、自分はこんなことを書けます!すごいでしょ!褒めて!讃えて!って自慢してるように感じる
それさえなければ、まあよくあるなろう系のダンジョン運営ものの小説と大差ないので、テンプレが好きな人にはいいと思う
ついでに言うと、表現等についての指摘やコメントをすると、非常にイラッとくる煽りで返されるので、そのようなコメントを書くことはオススメしない

★★★ Excellent!!!

ちょっとした「え!?」と思うような叙述トリックがあり、今の所『パッと見は普通のダンジョン系なろう小説』ながら読んでいて面白い。このあたりもたぶんなんか仕込んでる。

完結まで待ち遠しいけど、この手のは一気に読みたい欲もあり悩ましい。けど多分更新の度に読む。そして終わってから読み返す類の小説。お勧め。


追記
最新話周辺にグロ表現あり。
自分は平気だが人によっては要注意。

Good!

設定がわかりずらい、異世界と地球が融合したのか、ただ地球にそうゆうのが生まれたのか?。

そして主人公は勇者に復讐するのか?
男なら殺せばいいけど。俺だったら拷問してショック死するまでやるけど。
女だったら逃がすかな。強姦とか復讐するの嫌いだし(女に)。(て言うか、そうゆうのが大嫌いだし、他のやつらが女と付き合うことがわからん)(まぁ自分は自分、他人は他人だけどね)
ゴミを処分できるなら殺りたいし。
ざまぁするなら、圧倒的力(アイテム)で無傷ってのやって欲しい(女だったら。あと平和だしw)
残酷描写だけじゃなく、R15もしくはR18まである。