サラマンドラ航空郵便社

作者 ささはらゆき

空戦無敗の伝説の戦闘機が、郵便配達のため空を翔ける!

  • ★★★ Excellent!!!

大竜公国の敗戦での戦争終結後。
現在は一機も残っていないとされる、
大竜公国の伝説の戦闘機の姿が目撃される。
そして、とある国に、どこにでも荷物を届けるという、
モグリの航空郵便社が存在した。

連作短篇です。
いくつかの依頼を果たすうち、
伝説の戦闘機の飛行士は何者か、
なぜ航空郵便を始めることになったか、
読者の前に次第に明らかになります。

何でそんな凄い戦闘機で郵便を!? と
最初はすごく驚きましたが。
「どこにでも」ということは、
警備されてて普通入れないところにも
敵機の追跡を撒いて届けないといけないわけで。
こちらから積極的に攻撃しないにせよ、
逃げ切れるだけのスペックは必要なわけだ……。

登場する他の飛行機乗りたちにも、
サラマンドラに比べれば地味な機体だとしても、
それぞれに矜持があるのが良いです。

面白かったです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

卯月さんの他のおすすめレビュー 255