メビウスの分岐点♾ 〜浮遊霊は女子高生に拾われ、やがて式神になる〜

作者 水樹

死霊×霊能者×未来科学の新感覚SFファンタジー

  • ★★★ Excellent!!!

 冒頭からの美しくも儚い、壮大な幕開け。そして物語を読み進めていくと共に明らかとなっていく、ヒロインの深淵と世界の裏側……。
 主人公やヒロインを含め、登場人物それぞれが記号ではなく一人の人間として生きている。これは簡単なようで実は相当難しい。世界観や名称の説明一つ一つにおいてもそうだ。作者様は、描写の中で「流れるように説明を入れる」ことが上手い。重厚な設定のもとに成り立っている話だというのに、読む側にはまるで無理解のストレスが存在しないのだ。

 そして、なにより話が面白い。誰もが一度は想像したことのある「幽霊」や未来の科学技術。それらオカルトと科学という本来なら交わることのないロマンが絶妙に織り混ざっているのだ。

 最後に、ファンとなった私から一言。

 浮遊霊と霊能者が交錯する時、物語は大きく動き出す──!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

アオピーナさんの他のおすすめレビュー 69