キイチ・ブラッドとストレンジャーな婚約者

作者 ノザキ波

71

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

設定が古き良き文庫のラノベって感じで凄く秀逸!

ダークファンタジーな世界観のだけど、日常会話のテンポや明るいキャラクターたちのおかげで重くなり過ぎず、面白い!

吸血鬼と人間で平和条約が結ばれて100年、それでも禍根は残り続ける。

そんな中でも一途にヒロインのエリカを思う主人公キイチが格好いいし、最初の伏線がしっかり回収されたりと丁寧に作り込まれた作品です!

★★★ Excellent!!!

吸血鬼と人間の共存、を目指しているはずなのに事態はどんどんと深刻になっていって……。

全くもって個人の感想ですがこの世界観の設定が物凄く好きです。どこか中世のような雰囲気がありつつ現代感もある、何より吸血鬼が出てくるのがいいです。
物語の構成や導入も見事でまさしくこれからの展開を期待させる文章。
複雑な心境や環境の拗れさせ方が面白い。

多分、箱から飛び出し来るカエルほど怖いものはないよなって。やっぱり古典的なものほど強烈なんだよなって。画面の前で若干飛び跳ねたのはくれぐれも内密に……。

更新楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

吸血鬼と人間と対立がありましたが、この両者がメインとなる小説を初めて読みました。
これまでに吸血鬼の生態を表す映画や本は目にしたことがありましたが、
私がこれまで勝手に抱いていたイメージとは全く違うもので、読み進めるごとに明らかになるその細かな設定には関心させられます。

登場人物の名前はどれも覚えやすく、過去の人物なのかと調べると何名か該当する方がいました。
それを著者が考えて付けているのかは分かりませんが、これだけ設定する方だから何かメッセージがあるのだろうと
違った意味でまた面白さを与えてくれます。

世界観や単語、設定などはもちろんですが、個人的にすごいな、と感じたのはシーンの切り替えで見せるテクニックです。これは真似したい、と思うほど自然かつ、時に場面の緊張感をそのままにした状態で読者を誘導するので、驚きました。

個人的にはプロローグのエリカの様子を後半でも見られたら良かったなと思いましたが、そこを求めるからこそ興味を惹かれるのだと思います。

良い作品でした!

★★★ Excellent!!!

こんにちは
主役男性はツンですねー
ヒロインも成り行きでツンになってしまったので、ツンな二人がどうなるのか気になります
二人が恋に落ちたきっかけや出会い、素敵な思い出も読みたいです
思い出の小道具があるといいかも?それを伏線にもできますし

ヒロインにも呪術の力があるのなら、どんなのか気になります
できれば女の子に多い回復系じゃなくて、攻撃とかか何か強いのが希望かもです

イルアンヴァンについて、異世界なのでいいのですが、ちなみに
イルはフランス語で彼
アンヴァンはen vain で虚しくと言う意味らしいです

続きを楽しみにしています!

★★★ Excellent!!!

Twitterから読ませていただきました。

キイチの想いとエリカのトラウマの拗れ具合がいい感じですね。
ストーリーも吸血鬼と人間との間にある溝を上手く表現出来ていたと思うし、説明臭さがなくて読みやすかったです。
キイチがエリカのために奔走する様もいいなと感じました。

続きが楽しみです!

★★★ Excellent!!!

まず、ストーリー展開がとてもスムーズで、読んでいて負担になることが全くない。
また、世界観や人物設定など、説明臭さはなく、読んでいくなかで分かるようになっており、登場人物像が思い描きやすい。

そして、ストーリーについてだが、素直に面白い。
まだ序盤だが、既に物語のキッカケとなる事件も起きている。飽きる暇がない!
また、ヒロインとその幼馴染みの吸血鬼との今後の関係も気になる。

恋愛要素とミステリー要素、それから所々で見え隠れする影。それが上手く重ねられており、読みごたえは十分!
この先の展開が気になる物語!ぜひ、ご一読を!