キイチ・ブラッドとストレンジャーな婚約者

作者 ノザキ波

178

66人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

【物語は】
プロローグは、エリカ視点から始まる。大好きな婚約者のお別れパーティで、自分だけが悲しい想いをする羽目に。それが誤解であるとも知らぬまま、ある人物の悪戯によって更に酷い結果となってしまう。エリカと婚約者は喧嘩別れしたまま、7年の月日を過ごすことになるのだ。
これは憶測に過ぎないが。エリカが誤解をしてしまった要因の一つには、彼と自分では釣り合いが取れないと思っているという理由があるのではないだろうか。彼女は自分自身に自信が持てないように感じる。
この不穏な始まりが今後、物語にどのように関わってくるのだろう。

【世界観について】
本編に入ると7年後、現在となる。
彼女が受けている授業によって、この世界がどんな状況なのか分かって来る。
この世界では、人間と吸血鬼が暮らしている。両者は決して仲が良いとは言えない。100年前にやっと共存という形で歩き出したが、そのいがみ合いは未だ変わらず、人間側と吸血鬼側共に”過激派”が存在している。

そして、この世界には様々な術が存在する。中でも、変身術というのは貴重らしい。術はこの物語に、どのような影響を与えるのだろうか?

【恋人の帰省により、変化する日常】
人間と吸血鬼の間で結ばれた和平協定。それに伴い建立されたのが、両種族が共に学ぶ学院である。それは友情を誓う、証のようなモノであった。しかしながら、人間と吸血鬼ではカリキュラムが別であり、それを受ける場所も分断されている。 (別の場所で受講する)
これは、どういうことなのだろうか。友好が表向きのものなのか、それとも何らかの理由があり分けられているのか。この辺については、後に分かって来るのではないかと思う。

この物語は単なる、いがみ合う異種族間による恋愛物語ではない。例えば、親世代が仲が悪いからと言って、子世代も仲が悪いとは限らない。もしかしたら、”いがみ合う異種族間に友情が… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

吸血鬼のキイチと、人間のエリカのじれじれのもどかしい恋にこっちがヤキモキしました。
というか、絶賛でヤキモキしてます。
主にラブがメインですが、ドギマギする様々な事件に巻き込まれて、どの層にもウケるバランスのいい物語です、面白いです。
個人的には重くて暗いシリアス的展開は心臓に悪いので、中和するように会話などでコメディ要素があって、本当に読みやすいです。
あと、キイチの一途さに普通に惚れます。

★★★ Excellent!!!

人間と吸血鬼が敵対する世界で両種族の間で和平が結ばれてから、百年。
優れた素質を持つ吸血鬼の少年キイチと人間である少女エリカは両者の友好を象徴する存在として、婚約関係にあるのですが幼き日の苦い思い出がエリカを蝕み、二人は中々、距離を狭めることが出来ず…
という異種族によるもどかしいラブコメテイストで始まるこの物語。
学園を舞台に素直になれないエリカとの駆け引きによるラブコメが繰り広げられるかと思いきや、物騒な陰謀が張り巡らされ、様々な思惑が絡んできたりと二人の恋路には障害が多いのです。
しかし、とてもテンポよく話が進むほど読みやすいので、読んでいると気が付かないうちにどんどん読み進めてしまうかもしれません。

★★★ Excellent!!!

異人種ラブロマンスが主題ですね、戦闘とか、社会の隔たり系のテーマも含まれていますが、
主題はまず、ラブロマンス。
書きたいことが明白で、ゆえにターゲットになる読者さんも掴みやすいと思います。
作品に無駄がないですよ、ライターさんが書きたいことを書いているのが好感が持てます。

★★★ Excellent!!!

第二章までを読ませて頂いた時点でのレビューとなります。

この物語の始まりである第一話のプロローグでは幼い恋心を描き、そして第三話で再会する成長した主人公とヒロインの心情でグッと引き込まれます。

そして素直になれない時に二人に降りかかる事件の数々。
それを乗り越える度に「恋」だったものがいつしか「愛」に変わっていく様子が見所の一つではないでしょうか。
「幼い恋」が「じれったい恋」に変わり、やがて「愛」へと変わっていく。
それを直接的な言葉を使わずに巧みな文章力で表現されています。

次にタイトルで主人公の名前を入れているのに許嫁であるヒロインの方は「ストレンジャー」と言う言葉を上手く使って、その「ストレンジャー」が何者であるのかを作中に取り入れている点も良いと思いました。
なぜならば、「吸血鬼である主人公」と「ストレンジャーという名を背負った人間であるヒロイン」という風にヒロインに付加価値が付けられているからです。
第一章で触れられた「ストレンジャー」の名が今後の物語に大きな影響を及ぼしていくのではないかと予想と期待をしています。

更に第二章の終盤で主人公とヒロインそれぞれの親友達のやり取りが第三章への期待を膨らませてくれます。
まさに期待の第三章!心待ちにしています!

皆さんも是非意地っ張りな二人の恋愛模様に触れてみて下さい。

★★★ Excellent!!!



 この作品を読んでいて気付いたのは、シリアスとコメディがバランス良く入っているところです。第一章ですが、シリアスな展開に入ったと思ったのですが、その中で、キャラクター同士の会話や仕草から小さな笑いが生まれ、シリアスの重々しさを読み易くしてくれています!

 キャラクターの性格も良いですね。プロローグから長い月日が経って物語が進むのですが、プロローグと本編でのキャラクターの性格の変化が良い感じに出ていて、月日の経過もしっかりと表現しています。その中で変わらない想いがある事もまた良い


 是非、御一読下さい!!




★★★ Excellent!!!

女の子と男の子がいました。
二人はお互いを好き合っていました。
ある日、男の子が差し出したプレゼント。
女の子は期待に胸を躍らせ箱を開けます。
飛び出してきたのはカエル。
本当なら、指輪が入っているはず。
心無い者の悪戯でした。
女の子と男の子は、好き合いながらもすれ違い。
長い月日が経ちました。
吸血鬼と人間。それぞれの思惑の中、翻弄される二人の運命は。
並の恋愛では満足しない私が心惹かれつい読み込んでしまった一作。
二人の恋は、この作品は、ひっそりと咲く野花のように。

Good!

作品タイトルから連想したものとはまた違ったファンタジーでした。登場人物の行動には、どこか人間的で儚くとも面白い描写が込められていると思います。

自分の好みではありませんでしたが、こういった表現もあるのかと勉強になりました。ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

設定が古き良き文庫のラノベって感じで凄く秀逸!

ダークファンタジーな世界観のだけど、日常会話のテンポや明るいキャラクターたちのおかげで重くなり過ぎず、面白い!

吸血鬼と人間で平和条約が結ばれて100年、それでも禍根は残り続ける。

そんな中でも一途にヒロインのエリカを思う主人公キイチが格好いいし、最初の伏線がしっかり回収されたりと丁寧に作り込まれた作品です!

★★★ Excellent!!!

吸血鬼と人間の共存、を目指しているはずなのに事態はどんどんと深刻になっていって……。

全くもって個人の感想ですがこの世界観の設定が物凄く好きです。どこか中世のような雰囲気がありつつ現代感もある、何より吸血鬼が出てくるのがいいです。
物語の構成や導入も見事でまさしくこれからの展開を期待させる文章。
複雑な心境や環境の拗れさせ方が面白い。

多分、箱から飛び出し来るカエルほど怖いものはないよなって。やっぱり古典的なものほど強烈なんだよなって。画面の前で若干飛び跳ねたのはくれぐれも内密に……。

更新楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

吸血鬼と人間と対立がありましたが、この両者がメインとなる小説を初めて読みました。
これまでに吸血鬼の生態を表す映画や本は目にしたことがありましたが、
私がこれまで勝手に抱いていたイメージとは全く違うもので、読み進めるごとに明らかになるその細かな設定には関心させられます。

登場人物の名前はどれも覚えやすく、過去の人物なのかと調べると何名か該当する方がいました。
それを著者が考えて付けているのかは分かりませんが、これだけ設定する方だから何かメッセージがあるのだろうと
違った意味でまた面白さを与えてくれます。

世界観や単語、設定などはもちろんですが、個人的にすごいな、と感じたのはシーンの切り替えで見せるテクニックです。これは真似したい、と思うほど自然かつ、時に場面の緊張感をそのままにした状態で読者を誘導するので、驚きました。

個人的にはプロローグのエリカの様子を後半でも見られたら良かったなと思いましたが、そこを求めるからこそ興味を惹かれるのだと思います。

良い作品でした!

★★★ Excellent!!!

こんにちは
主役男性はツンですねー
ヒロインも成り行きでツンになってしまったので、ツンな二人がどうなるのか気になります
二人が恋に落ちたきっかけや出会い、素敵な思い出も読みたいです
思い出の小道具があるといいかも?それを伏線にもできますし

ヒロインにも呪術の力があるのなら、どんなのか気になります
できれば女の子に多い回復系じゃなくて、攻撃とかか何か強いのが希望かもです

イルアンヴァンについて、異世界なのでいいのですが、ちなみに
イルはフランス語で彼
アンヴァンはen vain で虚しくと言う意味らしいです

続きを楽しみにしています!

★★★ Excellent!!!

Twitterから読ませていただきました。

キイチの想いとエリカのトラウマの拗れ具合がいい感じですね。
ストーリーも吸血鬼と人間との間にある溝を上手く表現出来ていたと思うし、説明臭さがなくて読みやすかったです。
キイチがエリカのために奔走する様もいいなと感じました。

続きが楽しみです!

★★★ Excellent!!!

まず、ストーリー展開がとてもスムーズで、読んでいて負担になることが全くない。
また、世界観や人物設定など、説明臭さはなく、読んでいくなかで分かるようになっており、登場人物像が思い描きやすい。

そして、ストーリーについてだが、素直に面白い。
まだ序盤だが、既に物語のキッカケとなる事件も起きている。飽きる暇がない!
また、ヒロインとその幼馴染みの吸血鬼との今後の関係も気になる。

恋愛要素とミステリー要素、それから所々で見え隠れする影。それが上手く重ねられており、読みごたえは十分!
この先の展開が気になる物語!ぜひ、ご一読を!