根暗で眼鏡な女子の先輩がラノベの話を延々としてくるんですよ

作者 かぎろ

111

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ウザさの限りを尽くしてやけにウザ絡みしてくる先輩と
それに対して辛辣な言葉を投げかけ続ける後輩くん。

我々は先輩の語るライトノベル(実在しない)を通して、
彼らがイチャイチャするのを見続けるのである。

そして同時に、我々は架空のライトノベルをそこに見る。
そのどれもがありそうで、面白そうで、しかし実在しない。

こんな先輩と、楽しくライトノベルを語らってみたい。
いや、直接はいいので、それを遠巻きに見ていたい。
つまりこれは、そういうお話である。

★★★ Excellent!!!

誰に?って出版社がこの作者にですよ!
こんなん読んだら書籍、買うてまうやろー!!

先輩ちゃんと後輩の会話劇がセンスofセンス。
面白過ぎます。



                                                                           

✻でも存在しないんですよね

★★★ Excellent!!!

最初に、独りよがりな解釈、的外れな指摘については、あらかじめお詫び申し上げます。さて第二話(現時点で最新話)までなんとなく読み進め、「次にくるヒロインのトレンド(死語)はきっとオタ女だな、、」などと胸の内で文芸の未来について自論を展開しつつ、小気味よい笑いと、二人のキャラクターが醸し出すそこはかとなくいい感じに結構どっぷり浸っていて、その時ふと、これは今までに無い、「語り」のまったく新しいスタイルなのではないか、、?!と思い当たりました。今、オレは、文芸の方法論の、その技術革新の、最先端の波に触れているのかも知れない!と、、。繰り返します。的外れな指摘については、あらかじめお詫び申し上げます。通常の三人称――神の視点スタイル、一人称独白体――いわゆる私小説、過去の思い出を語るスタイル、伝聞リポートスタイル、まだまだいろいろありますが、この、キツめのオタク女子がストーリーとインプレを述べて、それをカワイイ系の後輩男子が混ぜっかえす、というこのスタイル、ものすごく新しい!!と驚きを隠せません。さりげない技巧派、そんなかぎろさんならではの作品だと感じました。ストーリーも荒唐無稽で大変面白く、キャラクターも非常にいい感じ出てます。これからも更新、楽しみです。