雪の女王は戦馬と駆ける

作者 Veilchen(悠井すみれ)

亡国の元王女と敵国の王との権謀渦巻く王宮での戦いと艶やかなロマンス!

  • ★★★ Excellent!!!

 本来ならレビューは最後まで読んでから書くべきだとわかってはいるのですが、9章まで読んで、タイトル回収エピソードとその後の艶やかなロマンスが素晴らしすぎたのでこの熱量を一度ここで放出させていただきます。

 イシュテン国の侵攻により、父と兄たちを失い、ミリアールト国の最後の女王となったシャスティエは、自らの命を差し出すことさえ許されず、大切な人たちによって命を贖われ、イシュテンの人質に。

 権謀渦巻く王宮で、それでも矜持を失わず、復讐の機会を窺う彼女は、初めはイシュテンの王ファルカスに指摘された通り、美しく気高いが、世間知らずの姫君であったのが、彼をはじめ多くの人々と出会い、かつ苛酷な権力争いに巻き込まれる中で次第に冷静さと強さをも兼ね備えていきます。

 群像劇というと、権謀術数や戦いのシーンに終始しがちなイメージもあるのですが、この物語では、各話ごとに予めどの登場人物の視点なのかが示され、そしてそれぞれの心情も含めて丁寧に語られており、テンポよく進む物語に退屈する暇もなく惹き込まれてしまいます。

 特に、美貌の元王女シャスティエ、苛烈で果敢な美丈夫で「狼」の名を持つイシュテン王ファルカス、常に軽薄と言われてしまうそれでも有能な王の側近のアンドラーシ、片足が不自由ながらも一見凛々しい貴公子に見えるティグリスなど、どの登場人物も個性的で一筋縄ではいかない人々ばかりです。

 そんな中、特に目を引くのが王妃ウィルヘルミナの存在でしょうか。無知で美しいだけ、と時に蔑まれることもありながら、その純粋無垢な心はついにはシャスティエをも動かし、それもまた、ファルカスとの関係を変えていく一つのきっかけとなったように見えました。

 やがてシャスティエが故国のためにした決断と、その立ち回りの見事さに思わずおおおっと声がでてしまいました。
 9章終盤での「雪の女王は戦馬と駆ける」というそのタイトルのシーンは本当にドラマチックで、さらにはそれまでほとんど甘さのなかった二人に訪れる関係の変化にぎゅんぎゅんと心揺さぶられてしまいます……!

 二百万字超という壮大な物語ですが、長いからと臆せずぜひぜひ手にとっていただきたい素晴らしい作品。

 この後もじっくりと楽しみに読ませていただこうと思います!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

橘 紀里さんの他のおすすめレビュー 294