宮廷魔法士です。最近姫様からの視線が気になります。

作者 安居院晃

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全31話

更新

  1. プロローグ 1
  2. プロローグ うちの姫様がジッと見つめてくるんですが
  3. 一章
  4. 第1話 逃走されました……なぜ
  5. 第2話 寒空の下で散歩
  6. 第3話 王女とお話
  7. 第4話 宮廷魔法士の仕事
  8. 第5話 おつかい(強制)
  9. 第6話 相席した人は
  10. 第7話 姫様はご機嫌斜めです。
  11. 第8話 朝の喪失感
  12. 第9話 郊外の変化
  13. 第10話 理不尽な強さは相手が可哀相になる。
  14. 第11話 案外あっさりと見つかってしまった
  15. 第12話 王女殿下は侮れない
  16. 第13話 奇襲は音もなく
  17. 第14話 多分、うちの部署に優しい人はいない
  18. 第15話 予感
  19. 第16話 とあるお方の夢
  20. 第17話 だらしない大人にはなりたくない
  21. 第18話 お願い
  22. 第19話 建国祭を姫様と
  23. 第20話 お悩み相談
  24. 第21話 繋がった疑念
  25. 第22話 僕らの部署
  26. 第23話 交わした約束
  27. 第24話 撤退
  28. 第25話 戦いの行方
  29. 第26話 布石は最後まで勝つ執念のあるものが打つ
  30. 第27話 超位魔法
  31. 第28話 エピローグ
  32. プロローグ 2
  33. プロローグ 突然の出張
  34. 二章
  35. 第一話 列車内