何と言われようとも、僕はただの宮廷司書です。

作者 安居院晃

2,336

874人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

魔導書の使用、主人公が司書である設定などは某なろうなどで最近よく見られる異世界ものとは違い、興味をひかれた。ただ、成り行きで主人公に救われた少女が主人公に惚れる部分は、まだ物語序盤であり、読み手のキャラクターへの理解度が低い段階では、物語内の人物関係と読んだ時の人物関係の深さの差を生み出す原因となる為、少し微妙であると感じた。とはいえ、まだ物語は序盤であり、ここからの展開次第ではその部分がかえって良い効果を出すこともあると思うので、今後に期待したい。筆者の文章力に関しては、細かい描写が苦手な人は適度に読み飛ばせばいいと思う程度で、特に違和感は感じなかった。
最後になりましたが、これからも応援しています。

Good!

司書という立場と本の虫という特性から柔軟な発想と闘いをするジャイアントキリングのような話だと思ったら…意外や意外!
何が意外かは一章の終わりまで読むとよろしいですぞ!!
唯一の欠点は!!本の虫すぎて女心をわかってないところかな。ʅ(◞‿◟)ʃ

★★ Very Good!!

司書という目新しい要素は好きですね。
ただし、設定・語彙・誤字・おかしな解釈や登場人物の言動など色々とツッコミどころが多く、残念ですが最高評価には至りませんでした。
もし書籍化の話があった場合、広範囲にわたって加筆修正する必要があるかと。
他のことはともかく、誤字や誤変換はアップする前に読み返せば一定程度は防げるものなので、せめてその辺りは気を付けていただければと思います。
続きを楽しみにしています。