宮廷魔法士です。最近姫様からの視線が気になります。

作者 安居院晃

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第29話 妹の占有魔法へのコメント

    本当に、その仕草をやめれほしい
    →やめて欲しい、かな

  • 第28話 公開処刑も同然の口付けへのコメント

    いつも楽しませていただいております
    誤字報告
    放った球はその全てが生徒たちの頭部に直撃し、その場に昏倒する勢いで的外れな咆哮に飛んでいく魔法がほとんど。
    咆哮→方向

  • 第24話 圧倒的な差へのコメント

    君がなぜ負けたかわかるかい?ですね。
    答えも想像しやすいなぁ、若いなぁ

  • 第24話 圧倒的な差へのコメント

    いつも楽しく読ませていただいています。
    誤字報告失礼します。

    僕の戦い方は殲滅閉室の中でもかなり異端なのだから
    閉→兵

  • 第13話 魔法植物へのコメント

    周辺の虫までも死滅させてしまう減少なんて、聞いたことがない。

    減少じゃなく現象では?

  • 第21話 小柄な少女へのコメント

    平民って言った直後に伯爵家三女って名乗ってますよ?

  • 第20話 仲裁へのコメント

    100話おめでとうございます。

    これからも更新楽しみにしています。

  • 第20話 仲裁へのコメント

    100話おめでとう🎉

  • 第19話 教室へへのコメント

    クロンさん、@sueze256さん、別に女子校設定ではないですよ。
    王女の隣に見ず知らずの男が居たら問題になりかねないので、女装してるだけです。
    入学式の話辺りを読めば、レイズの発言で「少年少女」と言っているので間違いないかと思います。

  • 第19話 教室へへのコメント

    教室の中では、一組の男女が互いを罵りあいながら様々な魔法を放ち続け、
    →レイズの女装がただの趣味になってしまいそうなやつじゃないですかぁ!
     誤字より酷いよこれ!

    追記
    実はレイズを女装趣味にしたいのは私でした。何というかすみません

  • 第19話 教室へへのコメント

    女子校だったようなきがします

  • 第18話 クラス発表へのコメント

    書いてある名前見てもヤバイんじゃ?

  • 第17話 妹との朝へのコメント

    ・「く打つが少しでも和らげばと」→「苦痛が少しでも和らげばと」

    でしょうか。

  • 第15話 学園長室へのコメント

    最高に仲の良い兄妹が、そばにいて共に戦ってくれるなら任務も成功間違いなしですね!
    しかし妹ちゃんも専有魔法があるのかな?気になります!

  • 第14話 洗礼へのコメント

    今私が行ったのは一種のテストのようだと思ってくれ。
    →ようなもの、かな?そのままだと表現として変な気が

  • 第6話 相席した人はへのコメント

    横暴系のキャラばかり増えませんよーに…。

  • 第12話 襲撃者(仮)へのコメント

    ついに妹ちゃんの登場ですね!
    ソアと二人でレイズにしがみつく姿が目に浮かぶ(笑)

  • 第12話 襲撃者(仮)へのコメント

    ずっと気になっていた妹キャラがついに登場して嬉しいです。
    あと占有魔法って、「占有」「専有」のどちらですか?

  • 第14話 生まれたての悪意へのコメント

    最新は、細心ではないでしょうか

  • 第9話 感謝へのコメント

    しかし、彼らの顔馴染みであるソア僕の傍にいることから、
    →が、が抜けてますね

  • 第10話 入学式当日へのコメント

    あ、、、、、
    あの公女閣下?殿下?か.......。

    これからどうなるのかなぁ.......

  • 第8話 動きだす敵へのコメント

    入学フラグ(女子校)

  • 第3話  方針決定へのコメント

    面白いです。
    ここまで一気に読んでしまいました( ´,_ゝ`)
    ただ女装と言うのが少し苦手なため、読んでて少し吐きそうになりましたが頑張りたいと思います。

  • 第3話  方針決定へのコメント

    読み終わったと思ったら更新来ててめっちゃ嬉しかったわ

  • プロローグ 新任務と作戦へのコメント

    入学。

  • 第1話 逃走されました……なぜへのコメント

    鈍感に難聴もかぁー。

  • プロローグ うちの姫様がジッと見つめて…へのコメント

    あいそれと>おいそれと

  • 第8話 朝の喪失感へのコメント

    無実の罪を着せた王の所業を省みて戒める方向に向かうならまだしも、魔法士を無理矢理押さえ付けるなんて、この国中々腐ってますね~

  • プロローグ 新任務と作戦へのコメント

    つまり女装は予言だった・・・?

  • プロローグ 新任務と作戦へのコメント

    処女はお姉さまに恋してるかな?(無知

  • プロローグ 新任務と作戦へのコメント

    女装だね…

  • プロローグ 新任務と作戦へのコメント

    きっと女子生徒にモテるね、女装だけど。

  • プロローグ 新任務と作戦へのコメント

    女装…ですね。

  • プロローグ 新任務と作戦へのコメント

    この話読んで小鳥遊君を思い浮かべられました…

  • プロローグ 新任務と作戦へのコメント

    女装… か。

  • 第16話 対面へのコメント

    正気は薄いぞ?

    勝機

  • 第14話 子供たちの成れ果てへのコメント

    誤字報告です

    内蔵損傷

    内臓

  • 第12話 ぶち壊された壁へのコメント

    地溜まりの中で動かない

    血溜まり

    赤い血を作り出したんです。

    赤い水、のほうが良いのでは?

  • 第7話 怒りへのコメント

    誤字報告です。

    い汚らしい魔獣の声でもなく、

    汚ならしい

    地が滴っている

  • 第23話 交わした約束へのコメント

    誤字報告です

    殲滅兵室の存在事態を
           ↓
           自体

  • 第20話 お悩み相談へのコメント

    誤字報告です

    ふふ。それはないより、です♪
            ↓
          なにより

    貴方が危険にさらされることだけは合ってはならない。
                     ↓
                   あってはならない

  • 第14話 多分、うちの部署に優しい人は…へのコメント

    誤字報告です。

    他社の自我を支配し

    他者

    僕は攻撃特価なので
       ↓
      攻撃特化

  • 第8話 朝の喪失感へのコメント

    王族の名前を聞かなければいいだけだし過去の事件を鑑みれば当然でしょうか。
    首(物理)じゃなくて良かったまである

  • 第17話 追撃へのコメント

    今回のことを、ボスにボスに伝えなければなりませんから
    →ボスが多いです。

    突きの体勢入った彼は、
    →体制に

    一度補足した敵は効果が来れるまで僕の目に移り続ける。
    →切れる

    これ……アリナさんい怒られるな
    →アリナさんに

  • 第16話 対面へのコメント

    その視線が何だか危険なものに感じ、思わず方が強張った。
    →思わずの後が足りないような?

  • 第15話 小さな太陽へのコメント

    誤字報告
    ・ドロドロに誘拐し
    →ドロドロに融解し

  • 第15話 小さな太陽へのコメント

    こんなクソみたいな実験しでかした代金はでかいぜ?
    →代金よりは代償の方が合ってそうな気がします

  • 第14話 子供たちの成れ果てへのコメント

    僕に仕える回復魔法は初級だけ。
    →使える、ですね。
    男性がかっこいい作品は珍しいので好きです。少ないんですよね・・・

  • 第12話 ぶち壊された壁へのコメント

    君の悪い魔獣が飛び出してきた。
    →気味、かと
    グレースさん、一本に繋がってたのかぶち抜いてきたのか判断に困るよ!

  • 第28話 エピローグへのコメント

    一章追いついたー!
    次二章、いくぞーー!

  • 第11話 一人より二人へのコメント

    針の糸→針に糸
    かな?

  • 第10話 白炎装へのコメント

    どのみり倒れる運命にあるのは変わりない。
    →どのみち
    熱に絶対的な体勢があると思っていた身体が、
    →耐性
    あともう一人の方も言ってますが去勢の3つ、今回多いですね?w

  • 第10話 白炎装へのコメント

    去勢するのはかわいそう(違
    虚勢を張らせてあげて下さい。

  • 第2話 買い出しへのコメント

    王都中央──王宮の付近には、数多くの店が立ち並んでいる。喫茶店、書店、八百屋、ブティック、宿屋、などなど、王国の中でも随一と言えるほどの店舗数だ。人の出入りが多い王宮の近くに店を出せば、それだけ客も多く訪れるという考えの元、数多の☆承認(商人)☆ が多額の資金を投じて店を開いている。

    誤字報告です。
    ☆の部分変換間違いでは、


  • 第7話 怒りへのコメント

    何度もかんでも殺してしまう癖があるんです。
    →何でも、かと
    い汚らしい魔獣の声でもなく、大人のそれでもない声は、まだ幼い子供の声。
    →汚らわしい、でしょうか
    まだ拷問中の子がいたなら、攫われたばかりの子は無事・・・なのかな?

  • 第4話 簡単な作戦会議へのコメント

    事件を解決したりするのも確かに面白いんですが、最近お姫様が登場しないなぁ、等と思う今日この頃です。いえ、タイトルがタイトルですし(^^;。

  • 第26話 殲滅の炎へのコメント

    全てが炎のできた巨大な龍は
    →炎でできた、かできたを無くして炎の、かと

  • 第30話 エピローグへのコメント

    いやもう、レイズさんかっこいいです。淡々としていながら使う魔法が半端なくてスッキリ。次のお話も楽しみに待ってます。

  • 第17話 だらしない大人にはなりたくないへのコメント

    >横に掛けられていた魔法士の清掃へと着替える。

    正装ですね

  • 第13話 奇襲は音もなくへのコメント

    スナイパーライフルを近距離では使わないみたいなのと同じ感じかな?

  • 第23話 とある執事の過去へのコメント

    けれど数秒もしないうちの、新たな欠損部位が勢いよく生えてきた。
    →うちに、ですね。

  • 第20話 黒幕の正体へのコメント

    新作読みます。楽しみです。

  • 第19話 執事と宮廷魔法士へのコメント

    かっこいい!

  • 第18話 逆探知へのコメント

    強いですねー!負けるはずはないと思いつつもドキドキしました! ロイドさんの奥様も解放されると良いです…。

  • 第12話 王女殿下は侮れないへのコメント

    ヤンデレの予感…

  • 第17話 晴れのち雷へのコメント

    「関連小説」から来ました~♪
    最近、「宮廷魔法(導)士」関連のお話しが好きなのです。
    とても読みやすく、ほのぼのしたかと思ったら過激な占有魔法があったりとドキドキハラハラ具合も読み続けたくなる要素かと思います!
    今後の姫様に期待(笑)

  • 第14話 生まれたての悪意へのコメント

    誤字報告です。

    洗い息→荒い息

  • 第15話 追跡者へのコメント

    誤字です。
    「すみませんアリナさん。どうやら、客人ようです」
    →客人のようです では?
    周囲の建物の窓ガラスに日々が入る中、
    →ガラスにひび(罅、ヒビ)

  • 第13話 魔法植物へのコメント

    周辺の虫までも死滅させてしまう減少なんて、聞いたことがない。

    減少じゃなく現在では?

  • 第13話 奇襲は音もなくへのコメント

    あれ?いざとなったら何かあるのかと思ったけどほんとに近距離戦は弱いのか
    読み進めていけばわかるのかと思ったけど、なんで遠距離攻撃しか出来ないから近距離戦が弱いってことになるのかがよくわからなかったな
    遠距離で確実に決められるほどの威力、速度、命中力があるなら近距離でも遠距離魔法で勝てるのでは
    多分最後に使おうとした指針雷?なら手足の付け根や脳や心臓撃ち抜けば終わりそうだし

  • 第7話 姫様はご機嫌斜めです。へのコメント

    いきなり様付けとか意外と度胸あるのね。
    殿下って付けるかと思った。

  • 第10話 食い荒らす者へのコメント

    うわぁ...

  • 第10話 食い荒らす者へのコメント

    来てますねぇ。

  • 第10話 理不尽な強さは相手が可哀相に…へのコメント

    師匠もトンデモ魔法士なのか…

  • 第9話 公爵令嬢との密会へのコメント

    誤字です。
    流石に王族であられる方に失礼ですね。体操お可愛いことでしょうが……」
    →大層お可愛い

    珍しい遠距離魔法に長けた魔法士であり、狙撃制度は一流を超える。
    →狙撃精度

  • 第8話 執事との会話へのコメント

    すでに我が身を犠牲にして守ってるんだよなぁ(´・ω・`)

    姫様のお気持ちにいつ気付くのか、ラブコメ時空はどうなるのか!

    次も楽しみに読ませて貰います!

  • 第8話 朝の喪失感へのコメント

    記憶操作なんてひどいですね…

  • 第8話 執事との会話へのコメント

    ロイドさん素敵です。奥様も幸せだったでしょうね。しくしく。

  • 第2話 寒空の下で散歩へのコメント

    王宮で帯剣を許されてるって、物騒な情勢なんですかね?(・_・;
    賊とか間者とかテロリストとか…

  • 第11話 案外あっさりと見つかってしま…へのコメント

    殿下と久しぶりの再会!!
    今まで会えなかった分の怒り?悲しみ?のようなものが爆発しそうですね!

    話は変わりますが
    魔物の以上発生という文は
    異常発生ではないでしょうか?

  • 第10話 理不尽な強さは相手が可哀相に…へのコメント

    説明どうもありがとう。

  • 第5話 専門家へのコメント

    平日にもこうして更新していただけるのは本当に嬉しい…。
    最後の1文だけ直していただけるとなお良いかと

  • 第27話 超位魔法へのコメント

    なんて呟いたのか予想しようと思ったらすぐ後に答えあった笑

  • 第4話 女の子は酔うと大変です……。へのコメント

    何かあるとは思ってましたけどね。ここで王女殿下のご登場ですかぁ。レイズも難儀な事で(^^;。

  • 第4話 女の子は酔うと大変です……。へのコメント

    握手ではないか→悪手ではないか
    ですかね?
    やっぱりこういうの大好きです

  • 第1話 逃走されました……なぜへのコメント

    いいねー初々しいねー

  • 第4話 女の子は酔うと大変です……。へのコメント

    まさかとは思いましたが、やはり王女様が居ましたか~?

    それも泥良い状態で・・・
    めちゃめちゃ胸キュンなっシチュエーションです。

    >悩んでいると、レナ様が僕に触れていた手を話、ソファの隣に腰を下ろした。
    (手を話)ここ自動変換しちゃったかな?

  • 第3話 公爵様へのコメント

    対した→大したではないでしょうかか?
    ヒロイン追加か!?

  • 第2話 御大層な外面へのコメント

    第貴族→大貴族だと思います。
    更新頑張ってください

  • 第3話 公爵様へのコメント

    脂肪フラグでも立つのかな?

  • 第18話 お願いへのコメント

    消えたのは宮廷魔法師たったのが王族親衛隊にかわってる
    アルセナスも魔法師だったのが剣士のようになってるし
    1話前では王宮魔法師という名称も出てきてた

    組織の関係もよくわからないところあるし読んでて???となることがままある


    それから、初めて会った侍女らしき女性が王女殿下付きと名乗ったからと、鵜呑みにして話を進めたり、警備上の制約を勝手に破って王女殿下を連れ出すとかそれこそ刑罰ものでしょう
    先に面識があるとか、もっと地位が高く信頼できる人からの相談ならともかく侍女の計画に加担して王族を危険な目に合わせるとか何かあったら誰が責任持つんだろうか

  • 第3話 公爵様へのコメント

    なかなかに大胆な。

  • 第1話 列車内へのコメント

    あー、やっぱりあの時の公爵令嬢でしたか。

  • プロローグ うちの姫様がジッと見つめて…へのコメント

    あ、そう言う事とは、つまりそう言うことなんですね。

  • プロローグ 突然の出張へのコメント

    これは、、、公爵に因縁つけられるパターンでは?

  • 第15話 予感へのコメント

    既に伊がキリキリと
    → 胃がキリキリと では。
    楽しく拝読させていただいております

  • 第15話 予感へのコメント

    初めてコメントします。

    黒を貴重とした服装

    黒を基調とした服装ではなく?

  • 第28話 エピローグへのコメント

    緩急あり甘み成分もあり、楽しく読ませていただきました。
    更新おまちしてます!

  • 第28話 エピローグへのコメント

    楽しかったです。
    第2章、楽しみにしております!

  • 第28話 エピローグへのコメント

    面白かったです。続き期待しています。
    ゆっくり考えて自分の納得できるものを投稿頂ければと思います。