ある日ゴミ屋敷の住人が死んだ。

作者 奥森 ゆうや

死から掘り起こされていく老女の過去に、目が離せません。

  • ★★★ Excellent!!!

河川敷で死んだ一人の老女。
元人気のホステスで、立派な屋敷をゴミ屋敷に変えていた彼女の、秘められた過去とは……?

まだ連載中の作品ですが、いったいこれからどうなるのかと、ハラハラと見守ってしまいます。

ゴミ屋敷のゴミを強制撤去していく中、日記やダイヤの指輪など、次々と見つかる気になる品々。
そして、回想を挟みつつ徐々に描かれていく老女・悦子の過去が、読者を掴んで放しません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

綾束 乙さんの他のおすすめレビュー 292