ある日ゴミ屋敷の住人が死んだ。

作者 奥森 ゆうや

誰も知り得ない彼女の一生

  • ★★★ Excellent!!!

とっても濃密な人生を読ませていただきました。
花村悦子さんの過去と現在が、ゴミ屋敷を片付けながらだんだんとリンクしていきます。
華やかさもあり素敵な女性なのにどうしてゴミ屋敷の住人となってしまったのか、読み進めるごとに明らかにされます。
ああぁぁそれはダメ悦子さぁん!やめて、マジで!自分がこの場にいれば!と何度かひっくり返ってしまいました。
人生いろいろだし振り回されるけど、花村悦子さんは最後までとっても素敵な女性だと私は思いました。
面白かったです!おすすめ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

げえるさんの他のおすすめレビュー 147