人造乙女の決闘遊戯 ~グランギニョール戦闘人形奇譚~

作者 九十九清輔

19

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

第十五話時点でのレビューです。

練られた人造乙女の設定、歪んだ社会構造、そして決闘遊戯。
キャラクター達のシリアスなドラマ、まるでその場を見たかのような情景描写。
それら全てが丁寧に、緻密に積み上げられ、遊星歯車装置のようにカッチリと噛み合い回転して往きます。
導入こそ狂気の決闘シーンから幕を開けますが、それすらも世界の一部と言えるでしょう。
そして紆余曲折を経て、いよいよ真打ちの登場。

濃密な物語をご所望の向きにピッタリのヘヴィファンタジー。
浮ついた展開や安易なご都合は欠片もありません。
惜しむらくは更新が週一ペースなことぐらいでしょうか……。
週末が待ち遠しい一作です。

★★★ Excellent!!!

まるで劇場を覗いているかのような臨場感に圧倒されます。

まだ話数は少ないですが、一話一話が精緻で重厚、それでいて耽美ささえ感じる文体で綴られ、少女達の決闘に熱狂の息を吹き込んでいます。

人造少女たちを取り巻く世界がこれからどのように回るのか、展開を楽しみにしています。