木徳直人はミズチを殺す

作者 アンデッド

171

64人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 本作は今までになく斬新な発想で、本格的な設定と世界観が織りなすストーリーは、至高の娯楽へと昇華する。

 主人公の木徳 直人(きとく なおと)は、ミズチという殺人鬼の魔女を目撃してしまう。

 人の闇を浮き彫りにする、真に迫った表現力や、キャラクターの人生観や本気度が伺えるストーリー展開、強烈なインパクトのある戦闘シーンなど、この作品の魅力は凝縮され、あまりにも洗練され過ぎています。

 多くの実力者達のお墨付きの、スニーカー大賞の最終選考まで残った、凄く素晴らしい秀作です。

「あなたもぜひ、このスリリングな世界観を堪能してください。
絶対に後悔させませんから」

★★ Very Good!!

ミズチという謎の女性、正確にはクラスメイトですが、主人公はいきなり殺されかけます。

その危機を打破するために動く主人公、そしてミズチとの不思議な関係性が魅力的です。

ライトに読めますが重厚感のある文章で、続きが気になるあっという間に読んでしまった作品でした。

★★★ Excellent!!!

これが最終選考到達の実力なんだと思い知らされました。
正直なところ、この作品は明るいお話ではございません。
楽しくて心が軽くなるような小説をお求めの方は、回れ右をなさってください。
しかしながら、闇が深ければ深いほど光は輝きを増します。
全編において生半可ではなく高密度な暗闇を突き詰めることで、たった一粒の光がとてつもない輝きを放ちました。
私の言ってる意味を知りたい方はぜひ最後までお読みください!

★★★ Excellent!!!

 サイコ、ホラー、正直いうと自分は比較的苦手です。ただ一話読むごとにどんどん引き込まれ、結局1日で読み切ってしまいました。

 アクションシーン、王道の部分もありながら個性がある魅力的なキャラクター。そしてキャラの心境や考え方などが話を通して変わっていくのはゾクゾクしたりしました。

 結末は自分は納得できたというか好きでした。

 拙い文章ですが作者様の次の作品などを応援しております!

★★★ Excellent!!!

ホラー、サイコ色の強い印象です。

が、日常と怪異がどちらの面もしっかりと描かれているため、読んでいて飽きません。簡単に明かされない謎も引き込まれる要素の一つになっています。

かといってラブコメ要素も入っていたりと、ホラーとかそういうの苦手……という人でもとっつき易いかもしれません。

★★★ Excellent!!!

本作は兎に角、魅せ方が素晴らしかったです!興奮が覚めないままレビューを書いているのですが、ついつい続きが気になってしまう話運びは読み進める度に謎が深まって、作品の魅力にハマってしまいます!

ホラーチックな不気味な導入から私たち読者を一気に本作に引き込みます。
そして、主人公2人のやり取りやアクションや学園物、恋愛などの要素の出し方にはこれからどうなるんだろうと、ワクワクが止まりませんでした。様々な要素の良さを本当に上手に混ぜ混んでいます。

多くの方が既にレビューでかかれているのですが、本当に暗闇を覗き込むような楽しさがある作品だと思いました!

★★ Very Good!!

一章読み終わって、結局何が起きているか分からなかった。

それは文章力がないとか、ストーリー構成が悪いとか、そういう理由ではなくて、いい意味で読者を振り回す力があるのだと思う。

サイコな美少女と謎多き主人公の、暗い密室のようなストーリーに、引き込まれることは間違いないだろう。

Good!

 ホラー、スリラー、サスペンス、アクション…様々な要素を詰め込まれた伝奇小説です。

 徹底的に暗く留めたトーンに前述の要素が詰め込まれているからこそ、時折、ついて行けないと感じる時がありましたが、物語に手を引かれているかのように読むペースが乱れませんでした。

 私はサスペンスというと理解と共感の、どちらかが欠ける物語だと思っていました。そのどちらもが欠けてしまえば破綻した物語になってしまうため、このさじ加減が非常に難しいものだ、と。

 本作、その破綻とは無縁で、理解できないシーンでは没入感が共感となり、共感できないキャラクター造形の時は、描写によって理解させられました。

 終始、暗闇を纏っている物語は、共感したら根底にある不気味さが消え、理解してしまったら爽快感が薄れると感じます。

 その双方へ振り回されている感覚が、この物語に素晴らしいスピード感ともたらし、読者を連れ回してくれます。

 そして最後に現れる「第一部・完」の文字…もう少し、この暗闇に手を伸ばしていたくなります。

★★★ Excellent!!!

通して読みました。ありがとうございます。

作者はしっかりした構成を築ける人なので、安心して最後までお読みください。
しかし、これは主人公に共感したりがんばれ!と応援するタイプの作品ではありません。
きっと皆さんは不可解に思いながらこの傍らの闇を覗き込むことでしょう。
主人公二人とも孤独で、変わっていて、独自のルールで動いていて、知らないうちに大きな何かと戦っています。
皆その構造に見覚えがあるでしょう、泥沼の中でもがくような闘いに共感できるのでは。
一見異能バトルファンタジーとして良くある形かな?と思っても、本質は違う所にあります。
好奇心をもって闇を覗き込むのが好きな方、どうぞお読みください。

★★★ Excellent!!!

今まで平凡な毎日を送っていた主人公、直人。そして、ヒロインかつ、もう一人かの主人公と言えるミズチとの遭遇から彼を襲う、事件と怪異。
いつもの現実と、その裏で起こる非日常、それら二つの世界の描写が実に良く感じられた。
一見変わらない日常を意識する分、その裏に潜む怪異の不気味さを覚え、作品に没入する良い味わいになっている。 まさに、ホラー、怪奇小説として傑作と言える物に仕上がった作品だ。

★★★ Excellent!!!

ソリッドシチュエーションから始まり、謎の女が気になりすぎ!


学園もの、魔術ファンタジー、アクション、微エロ、ラブロマ、サスペンス、スリラー、あらゆる要素あり。

文章、物語の出す順番上手い。ドキドキの連続。

なろうでランキング入りしてるの納得。


謎が解明されはじめ、興奮中。続きがどう収束するか気になります!