エントリーNo.05

 どこへ行った。

 

 ただでさえ人が多いGW。家でゆっくりしたいけど、妻と、幼い娘が許してくれない。

 仕方なく、近場の河川敷公園へ出掛けることになったが、人も車もすでにいっぱい。

 

 駐車場内で娘はぐずりだし「トイレーッ!」と叫ぶ。

 園児に我慢しろといっても、車の中で漏らすだけ。

 ここは二手に分かれて、あとで合流することになった。


 それから十分後にようやく車をとめて、どこまでも緑が続く河川敷にたどり着いた。

 妻のスマホに電話をすると、僕の荷物から軽快な着信音がなる。 

 あのおっちょこちょいめ!

 

 整備された河川敷は、かなり広い。

 このだだっ広い中から、妻と娘をさがすミッションがはじまった。まだ五月だというのに、いきなり夏がきたかのような暑さの中で。

 

 とにかく腹が立つ。

 流れる汗をぬぐう気力も失われていく。ぶっ倒れそう。

 だから家でゆっくりしたかったのに。見付けたら、絶対に文句をいってやる。

 

 でも、大きな川は涼しげな水音を響かせて、とても心地が良い。

 青臭い草の匂いも、湿った土の匂いも、どこか懐かしい。

 自然はとても不思議で、ささくれた心を癒やしてくる。

 はやく妻と娘に、会いたくなった。


 僕は、河川敷の遊歩道から上の土手にあがった。

 すると、レンガ調の道が見える。

 そこには家族連れでにぎわうテラスが。

 自動販売機もある。


 ようやく憩いの場を発見したけど、僕の目は、テラスとは反対側の階段で遊ぶ、娘の姿をとらえていた。

 妻の白い帽子も、ひときわ輝いて見えると、ふたりの声だけが耳に飛びこんできた。


「じゃんけん、ぽん」

「わぁい、勝ったぁ。パ、イ、ナ、ツ、プ、ル」 


 和やかに遊んでいる姿に、思わず頰がゆるむ。

 この場所が広すぎても、大切な妻と娘がそこにいたら、瞬時にとらえることができるようだ。

  

 薄雲がかかった空の下、さわやかな風と共に、幸せが駆けめぐるのを感じた。

 妻がいて、娘がいる。

 この幸せは、当たり前ではない。それなのに僕は、不満ばかりぶつけていた。

 

 胸のポケットからスマホを取り出して、カシャッと一枚、記念に撮った。

 パノラマで。

 

 やたらと広いこの場所で、ようやく見付けた大切なふたり。

 声をかければ、とびっきりの笑顔で娘は走ってくる。

 やさしい妻は、申し訳なさそうな目をして謝ってくるだろう。

 それに胡座をかいていてはいけない。


 いつまでも、愛し、愛される家族でいたいなら。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます