【詩集】月の道標(つきのみちしるべ)

作者 つきの

130

45人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

言葉で言い表すと陳腐になってしまう気がするので、あまり多くは語りません。
喩えるなら、夜の海を揺蕩う小舟に寝そべって宇宙を見上げたとき、明るい月が導いてくれる感覚でしょうか。
目に入る言の葉はどれも心地良くグイグイ引っ張ってくれます。
どこに辿り着くのかはわかりません。でも、このまま身を任せてもいいと感じてしまいます。
この感覚は、言葉ではなかなか伝わらないと思います。
百聞は一見に如かずです。まずは目を通してみてください。

★★★ Excellent!!!

つきのさんは、どうしてこんなに私の心をピタリと言い当ててしまうんだろうと、毎回驚いています。それからあらためて、ひとつひとつの言葉をじっくりと味わい直して、深く感動しています。これはもう言葉のマジックです。

朝のさわやかさも、昼のあたたかさも、夜の切なさも、歓喜も辛苦も、風景も風の音も、つきのさんの紡ぐ言葉によって一段と色鮮やかにその正体をあらわします。ふだんは目に見えないものが、次々と目の前に浮かび上がってくるかのように。

つきのさんの詩を読んでいる時間は、心がどこか遠い懐かしい場所へ飛んでいって、ほんの少し奥行きが深まって帰ってくる、毎回そんな小さな旅をしてる感じがします。

★★★ Excellent!!!

つきのさんの詩には、それこそ月を見ているときのような、憧れやせつなさや優しい気持ち、さらには苦い気持ちから冗談の楽しさからありとある感情がたくさん詰まっているような気がします。
 つきのさんは、本当に月を見てきた目をしていらっしゃるんじゃないかな・・・なんて想像してしまっちゃたりもします。
 「風の行方」が特に好きです。他にも素晴らしい詩がたくさんありますね。
 人の心の奥深くまで、こんなにも表現できるつきのさんがうらやましいです。

★★★ Excellent!!!

夜空に優しい光を放つ月を見て、つきのさんのことを思い浮かべました。
つきのさんの詩は、確かにわたしの心に届いていているのだと感じました。
優しさや辛さなど様々な感情を全てひっくるめた、つきのさんの人としての美しさが、溢れて、澄んだ言葉となって、零れて、そしてこの詩集となっているのではないかと思います。
素敵な詩を読ませて頂けることに感謝を込めて。

★★★ Excellent!!!

拝読途中でのレビューとなりますが、ひとつひとつの詩を読ませて頂きながら感じること。

それは言葉の美しさと、生きていくこと……生かされていることの儚さと喜びです。


時に辛く鞭打つように描かれる心情の中、共感と共に感じる取る命を慈しむ想い。


是非、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

まだ読み途中ですが、あまりの素晴らしさにレビューを書かせて頂きました。
とても言葉の美しさを体感できる詩集です。日本語という言葉を丁寧に扱い、純粋に想いを綴っているなあと勝手ながら大変感動させて頂きました。
なにより、ただ美しいだけでなく不意にポカリと胸に穴があく感覚を覚えるような、かと思えばそこに何かが埋まるような不可思議な気持ちを抱きます。
美しく、純粋で、置いてきてしまった何かを思い出すような、どこか懐かしさすら感じる端麗な作品です。この言葉達に出逢えたことに感謝します。
大変素晴らしい作品を見させてくださってありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

初めまして、Rinです。
イベントにご参加頂きありがとうございます☆彡.。

いい詩集ですね。
私は、こう言う作品「好き」ですね。

タイトル・構成・ストーリー。

私も、ジャンルは問わず書いていますが、
優しい感じの作品ですね。
時間がある時に、またお邪魔しますね!

いい作品を読ませて頂きありがとうございますヽ(*´∀`)ノ