北乃家をめぐる些細な物語と意外と長い歴史の短編集~北乃家サーガ~

作者 関川 二尋

8

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

嫁は攫われ、悪逆非道な巨悪を前に、平和を愛する主人公が拳を振るう。

「いまは身内で争っている場合じゃあないんだ!」

「いつの世も見えぬ大威より、目に見える小威で人は諍いをおこす」

進むべき道をしりながら、目に見える近しい人々を救うために、ちいさな日々にはまりこんでいく。そんな中、出逢った人物が、その後の彼の運命を変える。

「いまは国を開いて、貿易をおこない。国を富まして力を蓄えなくてはいかんぜよ」

「リョウマさん……ボクが間違っていました。拳だけでは解決しないのですね。北乃神拳は封印します」

そんな中、凶報が北乃のもとに届いた。

恩人が暴徒の凶刃に斃れたと。