あの日のきのう

作者 野々ちえ

緻密な人間描写。胸を刺す物語。

  • ★★★ Excellent!!!

一番ぐはっと来たのは「ハッピーエンド」。言葉にできない何かが私を責め立てるような心をぶっ刺すような。

暗い話というのは、明るい話より熱が籠ると思います。それは書き手もですが、読み手もです。

この作者様が描くキャラクターは、生きた人間そのものの熱を持っています。
一篇一篇が他人事ではないと思う。主人公は私であると思う。
何度もキャラクターたちの言葉を反芻する。

明るいだけでは救われない何かがある短編集です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

肥前ロンズさんの他のおすすめレビュー 560