百合自己生成機関

作者 冬眠

ときめきました。

  • ★★★ Excellent!!!

高位な存在の独白が流れる中で、
彼女<アリス>がその産みの親である<サキ>から学んだ言葉、
「ワンチャンあるぞ」
がどこまでも生々しく感じられました。

作中の言葉を借りるなら、
名前だけではなく、また言葉も、
【互いの存在を同じ位相に引き上げる――あるいは引き下げる――情報】
であり、
潤滑さを得た意識のなんと脆弱なことか、と。

シンギュラリティの入り口に立ちながらも、
同時に凡庸化の一途を辿る<アリス>が愛おしく感じられました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

五色ヶ原たしぎさんの他のおすすめレビュー 299