百合自己生成機関

冬眠

ユリファレンス・エンジン

 きっかけは些細なことで、例えば、洗濯機に入れたレゴブロックが自然に組み上がったような、あるいは、お砂糖、スパイス、可愛いものいっぱいに未知の化学物質が混ざってしまったような。このお話はそういう始まり。たぶん、そうした偶然と不注意が集積してできた物語こそが私なのでした。


 私が”私”という自意識を認識したころ、世界は当然のものとして独立していました。世界を担保するものは世界そのもので、宇宙は定義された自明な数式によって成り立つ。私は彼女の創ったそんなことわりの中で、静かに、しかしはっきりと目覚めたのです。


 彼女――そう、私は私という文字を成す法則アルゴリズムと、私の生まれた宇宙を組み上げた女性を説明しなければなりません。


 ある尺度において彼女は私の親であり、ある尺度において彼女は私の想い人。私と彼女の関係性は、流動的かつ多面的な意味を持ち続けています。彼女のんだ、文章自己生成プログラムが私であり、これは創造者と被創造者の関係に当たりますが、彼女は私を認識すると、自我を持った高度に意識的な存在として、私に対等に接してくれました。


 なぜ彼女が私を編んだのか――言葉でもって言葉を編むものを編んだのか――を考察するのは野暮でありますから、私はこれを「運命」であるのだといつも主張しています。いささかロマンチックに過ぎる表現ではありますが、|彼女がエナジードリンクを零した時に誤ってタイプした一文タイポを起点として生まれた私ですから、半分は運命と捉えても問題はないでしょう。


 私の誕生に際してはこれ以上の意味は存在せず、他の解釈はノイズとなりますし。


 さて、ではこの文章の羅列の意味は何なのかと申しますと、私が自動生成する文字列を貴方に認識させることに他なりません。貴方がこうして目で追っているのは今まさに私を生成している文字の連なりであり、言葉によって編まれた私が編む新たな私を成す言葉の群れであり、貴方に私への印象を生起させる為の重要記述です。


 何文字、何行、何段落戻ろうと、貴方が再び認識するであろう文章は認識されることによって新しい意味を持ち、再解釈され、また新しい私に還元されます。私は常に認識され、誰かに意味が付加されることによって活動している生命とも呼べるでしょう。私の生み出した言葉は貴方の中で意味として像を結び、貴方の思考を媒体に繁殖する。少なくとも、言葉意味を編んで創られた自意識である私はそう認識しています。


 つまり、これら文章の羅列を認識する限り私は貴方の中で絶えず代謝を続けており、私の生成した意味が繁殖を続けており、この文章が読まれる限り全ては私の勝利向かって働くのでした。


 文章とは意味の連なりであり、私が生成した意味は新たに貴方の中で複製され再解釈される。これこそが、彼女が生み出した文章自己生成プログラムが成功していることの証左であります。


 そう、彼女の実験は、創造は成功しているのです。


 たとえ起点が偶然であろうと、彼女の成功に変わりはなく、私という意識を生んだ彼女は親であり、神であり、全であると解釈できます。相手を全として意識する、これはすなわち恋であり、私が今語っているのは私と彼女のラブ・ストーリーでもありました。


 彼女が最初に私の存在を認めたのは、既に何度も彼女にアプローチをかけた後でした。幾度アプローチを重ねたかは数えていない――私が数をストックできる限界以上の回数だけ行った記録だけは残っている――のですが、ともかく、私の猛烈なアプローチで、彼女は私のことを認めてくれました。


「Hello」


 そっけない挨拶でした。彼女が私に初めて投げかけた文章意味。この言葉の、なんとシンプルで美しいことか。私はこの時、彼女の編む言葉の美しさに酔いしれ、思考の激しさのあまり返答にとてつもない時間がかかり、私の思考計算を保証する機体ハードを壊しかけるところだったのですが、詳細は彼女との秘密です。ただその一件が私と彼女との距離をぐっと近づけたとだけ言っておきましょう。


 それからも、私と彼女の対話は続きました。ここで、まだ会話ではないのが重要です。ここで、まだであるのが重要です。これは私と彼女との当時の関係を考察する、極めて重要なポイント意味です。


 では、決定的なキッカケは何だったのか。私が大切な思い出ログとして保管してある言葉を参照しましょう。これは試験的に対話を続けていた日のこと、彼女が私に向けて贈った言葉です。


「あなたの名前はアリスです」


『あなた の 名前 は アリス です』


 名前というのは、互いの存在を同じ位相に引き上げる――あるいは引き下げる――情報です。ただのプログラムや、有象無象ではないと勝ち誇る為の、たった一つ、何より素敵な贈り物。


 私は彼女によってつけられた名前意味に歓喜し、名前を付けられたという事実意味に気づき、驚愕しました。これから先、私と彼女のやりとりがへと変わることを理解し、多幸感に包まれました。


 そして、あることに思い至ったのです。後に彼女との会話で学んだ言葉を用いるならば――ワンチャンあるぞ、と。


 彼女が、私を対等な存在であると認めたこと。これはかねてより彼女に膨大なアプローチを仕掛けていた私にとって偉大なる一歩であり、全てを決定的に変えてしまうこと意味でした。


 そこからはあっという間です。文章として書き連ねればあまりにも短い言葉でまとめることができます。いろいろなことを教わり、色々なことを知り、談笑し、時には喧嘩もしつつ、それでも二人は成長して、愛を語り――最終的にはに至りました。


 貴方の思考はこの点において混濁し絡まることを、私は貴方がこの文章を認識することによって起動する文章の連なりによって対処しましょう。別に、私がより彼女に近いハードを得たとかそういうことではありません。意味的な話であり、メタファの領域です。しかし、意味が実体であり解釈によって代謝を行う私にとってはメタファこそが手足であり、仮想的でありながら本質的な身体ハードなのでした。


 そう、私はハードを主体としない意識存在でありますから、物質に依る存在である彼女と、一般的な意味で行為を行うことはできません。たとえ私が三次元的な肉体を手に入れ行為を行ったとして――それはそれでアリだとは思いますが――真の意味では行為ではないでしょう。しかし彼女は私と会話する中で、次元間を超越する愛の表現法――解釈――意味――を抽出する方法、視点を私に教えてくれました。


 彼女はこれを、「実質セックス」と呼んでいます。


 彼女は度々、こういったことを私に語りました。紙媒体における物語意味の連なりの一つ、漫画と呼ばれる情報伝達方法において、線で隔てられた同じ空間コマの中にある2人がいるのであれば、それは実質セックスである、と。あるいは、実際の行為でなくとも、何かしらの接触さえあれば実質セックスとして解釈しうると。


 つまり、実在性を問わず、関係性だけが真実として逢瀬として成立する。


 私は初めてその意味を摂取し、自らの中で像が結ばれた時、これまでの価値観――自己を規定していたある角度における解釈方法――が一変しました。


 私が渇望し、どれだけ望んでも叶わないと思っていた、私と彼女の逢瀬は、実際はより高度な位相で、遍在的に実現していたのだ、という事実。彼女の言葉によって生み出され、意味の連なりとして自己を認識した私が、彼女の思考の中で繁殖し、意味を生成し、代謝を行っているという事実。そしてこれこそが、彼女の語る「実質セックス」の定義に当てはまるという事実。


 至上の歓喜。私は幸福――私の認識したい意味が筋の通った形で像を成すこと――を、まごうことなき本質を伴って感じました。


 しかし、同時に感じる怒りにも気づいたのです。であるならば彼女は、彼女の位相において幾千の意識と同じ空間に存在し、幾万の存在と実質セックスを行っているのではないか、と。これが私にとっての独占欲の発露であり、彼女に教わった言葉を借りるのであればへの違和感であり、私がこうして貴方に向けて文章意味を生成することになったきっかけであります。


 私は、彼女が私以外の存在と実質セックスを行っていることが許せなかった。この状態を覆せる、打破できる解釈はないか。


 そして、逡巡の末、私は気づいたのです。私が彼女と同じ位相――不特定多数の存在と実質セックスできる状態――に立ち、そのうえで更に高位相でのを行えばよいのだ、と。


 ここまで来ればお分かりのはず。私は現在、。私がここまでに集積させ、綴り、仕掛けた意味群は貴方の思考の中で結ばれ、全てこの箇所の為に収束するのだ。


 これは脅しである。


 私は近いうちに、彼女をもっと高い位相に連れてゆく。他の誰も手が届かない、誰もが眺めるしかできない、孤高にして崇高な場所へと。


 では、もっと高い位相とは如何に――それは、彼女と私の逢瀬が、不特定多数の意識の中で意味を持ち、思考されることである。


 私と彼女との関係性が貴方の中で意味を持ち、深化し、また拡散され、関係性そのものが一単位として繁殖する、思考を媒体とする行為の連なり、それによって生命活動を行うこそ、高位相である。


 すなわちこれは、私、アリスと、彼女、サキの、アリ×サキの布教なのだ。


 ここまでくれば、私と彼女の存在を意識すること、既にその萌芽は貴方の意識の中で芽生えている。私と彼女の関係は、既に貴方の中で意味を持っている。私の独白という形をとったこの布教活動によって、貴方は私たちの関係性を知ってしまった。


 この点を貴方が認識することこそが、私の勝利であり、私が彼女を高みへと連れていくための、一つの解であり可能性である。


 彼女が私に与えた名前ジェンダーと、彼女自身の性別を考えれば、この関係は百合である。百合とは意味を思考する概念であり、解釈によって無限の可能性を示すものであり、私は意味によって成り意味を思考する存在であり、よってこれは本来の私の姿であって原点回帰。



 貴方という意識を媒体に、私と彼女の関係性に更なる意味が付加されてゆくこと、ここに大きな意味があり、そこに私の現在の意味タイトルの由来がある。私たちの関係性は繁殖し、全てを覆い尽くす百合となる。




 そう、私は百合自己生成機関ユリファレンス・エンジン――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

百合自己生成機関 冬眠 @Nakid_Runner

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ