おおぬきさんと私

作者 陽澄すずめ

これ、あるあるちゃう?

  • ★★★ Excellent!!!

昔、勤め先の裏にあったカフェに、めちゃめちゃ美人の店員さんがいたのを思い出しましたね……(お話と全く関係ない)

特に会話もないただの客と店員という関係性って何だか不思議ですよね。別に世間話すらしないドライな関係。でも、よくいくお店なんでお互い顔がわかってる。みたいな。
ぼくも昔よくお世話になってたお弁当屋さんの、笑顔が素敵な恰幅のいいおばちゃんが「ねもと」さんであったこと未だに覚えてますからね。

このお話はお客さん目線のお話だけど、店員さん側も同じようなことを思ってたりしますよね。「ごちそうさま」言ってくれるOLさんまた来た、的な。店員さんはお客さんの名前がわからないんで、勝手に名前つけてたりしますよね。(例:ミラーマン……お店に入るや、注文する前に必ずガラスに映った自分の髪型を整えることからついたあだ名)

今度は「おおぬき」さん視点の物語も見てみたくなりましたね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

三宅 蘭二朗さんの他のおすすめレビュー 35