大震災の記憶 あの時、僕は。

作者 未翔完(みしょうかん)

「大きくなった」作者様が見たもの

  • ★★★ Excellent!!!

3.11の被災地を訪れ、現状を見て回りながら書かれた紀行文です。
当時6歳、そしていま14歳になった作者様が、多感な時期だからこそ考えつく感想、感情は、プラスもマイナスもあります。
本文の最後にあるとおり、このお話は回顧のためのものではなく、この先起こりうる災害への意識を喚起するものです。
思いにふけりつつ、自分事として読んでみて下さい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

じゅんすたさんの他のおすすめレビュー 162