どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。

作者 六つ花えいこ

忌避された魔女の片思い

  • ★★★ Excellent!!!

軽い気持ちで読み始めたはずが気付けば一気読みしていました。
人々に忌み嫌われながら片思いを募らせるロゼが非常に魅力的です。
自己肯定感が低く、恋愛方面が純粋で、ずぼらで――それでいて強か。
ロゼのあらゆる面が活き活きとコミカルに描かれて、くすりと明るい気持ちになれます。
真面目でまっすぐなハリージュはまさに騎士そのものですが、ロゼと関わることで慌てたりがっかりしたりと人間らしい姿を見せてくれます。
二人の可愛いやり取りを永遠に見つめていたいです。
素晴らしい作品をありがとうございました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

朝研(早蕨薫)さんの他のおすすめレビュー 5