わたしの怖い団地

作者 小鳥 薊

18

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

意味怖、都市伝説、怪談好きの方にお勧めです。
しっかりとした文章で丁寧に描かれる団地のどこか懐かしい風景。
しかし徐々にうすら寒い空気に包まれて、気付けば得体のしれない不気味な空間に導かれています。
恐ろしいのは描かれたエピソードが”あり得る”ように思えてしまうことです。
グロ描写のないホラー、お見事です。

以下 作者様向け
完結おめでとうございます。
更新を楽しみにしていた一人です。
楽しいひと時をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

団地に纏わる怖くて奇妙でゾッとするホラー短編集。濃密でしっかりとした文体で描かれたお話は、どれも鳥肌が立ち背筋が震えました。当たり前の日常が、ふと恐怖に染まる瞬間……非現実的でありながらもどこか生々しい雰囲気にどんどん引き込まれていきます。
なにが怖いって、どのお話も本当に有り得そうなのですよ。
露骨に非現実的な怖い話ではなく、確かにオカルティックでありながらも息を潜めてじりじりと近付いてくるような、気付けば身近にいるような、等身大の怖い話で本当にあったと言われても納得できてしまう恐怖を孕んでいます。怖い話が好きな方は絶対に好むお話でしょう。ホラー好きの私にはどれも最高のお話でした。心から恐怖を楽しませて頂きました!
こんなに素敵で恐ろしいお話が、それこそ闇に潜むようにひっそりとしているのは勿体ないと強く思います。ホラーが好きな方は是非にご覧ください。正直これほどの純度が高い恐怖系のお話は、ホラー好きならば見ないと勿体ないと思います。
しっかりとした文体なのでWeb媒体では些か読み難く感じるかもしれませんが、リズム感や流れが素晴らしく、読み辛さは一切ありません。むしろ丁寧で細かい文章は細部まで恐怖演出にこだわっており、味わい深い最高の恐怖を堪能できますよ。
短編集なので気になったタイトルから覗いて行くのも楽しいでしょう。個人的なオススメは『押し入れの男の子』と『影鬼』です。
息を飲む恐怖の数々……是非にご自身で体験してください。