月面のジーニアス

作者 石田リンネ

150

53人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

トップエリートたちが集う月面カレッジ、その青春群像劇と思わせて、じれじれで甘々の恋愛小説でもあります
はい、騙されたと思って26章の最後まで読んでみてください(*´ω`*)

宇宙もの、SF設定ですが、専門用語はジュブナイル程度に抑えてあって、馴染みのない人でもきっと楽しく読めるはず

『おこぼれ姫と円卓の騎士』の作者さまの未書籍化作品です
これを読むためにカクヨムに登録したのがおよそ1年前、そして一度非公開になっていた作品にまた出会えました!
この作品の面白さをもっと大勢の人と分かち合いたいです
でもって、書店員的には『おこぼれ姫〜』の面白さも分かち合いたい

★★★ Excellent!!!

文章も展開もリアリティがあって、意外性もありながら期待も外さず、読者を引き込むってこの事だと思います。
綺麗な文だけど、しっかりユーモアがあって、ライトノベルとしても、小説としても凄く魅力があります。
そしてなにより、キャラクターが凄く輝いていて、生き生きとしています。
私もこんな青春を過ごせたらいいのに…笑

★★★ Excellent!!!

天才であるがゆえに青春を知らない少年少女の成長物語。月面に存在するというカレッジも、ストームブルーという宇宙戦闘機による競技も、全く架空のものなのに目に浮かぶような臨場感がすごい。きっと生き生きと悩んで笑ってそこに居る少年少女の体温を感じるからだろうなと思う。『チーム』として初めて挑む対抗戦と、もどかしくて不器用な恋の行方がとても楽しみです。