宅録ぼっちのおれがあの天才美少女のゴーストライターになるなんて。

作者 石田灯葉

おじさんも思わず泣きました

  • ★★★ Excellent!!!

『1曲目』あたりはまだ「そこそこよく書けてるけど、よくある鈍感主人公のハーレムものだね」と高を括っていました。しかし話が進むにつれて登場人物の状況と作中の歌詞(作者オリジナル)がリンクをして読者の心を揺さぶってきます。正直作者の掌で踊らされているようで星3を上げるのが癪だと思う自分もありますが、甘酸っぱい青春劇を読んでキュンキュンし、失恋シーンに涙することでデトックス効果を期待したい人にはお勧めです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@iwasi104さんの他のおすすめレビュー 95