宅録ぼっちのおれがあの天才美少女のゴーストライターになるなんて。

作者 石田灯葉

圧倒的“青春”

  • ★★★ Excellent!!!

こういう作品こそ、小説投稿サイトの存在意義なんだと思ったりします。

言葉の選び方のセンスが天才なんだと思います。
価値観を、一から構成されていくような感覚に襲われます。
強い生命力というか、輝いている想いというか、何だか分からないけど、抗えないものがぶつかってくるんです。

多分、この感動はどうやってもまとめられません。言葉って薄情です。
この作品の全てを伝えるには、この作品を読んでもらうしかないです。

この作品が虚構であることに泣きそうです。本当に素晴らしい作品の出会った時に、こんな気持ちになってしまいます。人生でも(まだ短いですけど)ほんの数回しか、こんな経験はありません。

ぜひ読んでみてください。貴重な読書体験、レベルじゃすみませんよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

延暦寺さんの他のおすすめレビュー 1,128