美術室の美男子幽霊と十人目の少女

作者 ayane

勇気と優しさが際立つパンデミック学園恋愛劇

  • ★★★ Excellent!!!

美術室の美男子幽霊が見える流音。
彼をモデルにしてコンクール用の絵を描こうとするが……。

幽霊とヴァンパイア、勇者と地縛霊、不思議な設定ですが、
これが最後まできちんと絡み合ってうまくまとまっています。
いやぁ、作者様の手腕が素晴らしく、読後感も最高で、中盤から一気読みでした。

幼馴染の澄斗が気に入ってましたが、最後はハカセに心が鷲掴みされていました。
もちろん美男子ジュナも素敵でしたし、なんといっても主人公の流音が優しくて積極的で応援したくなるキャラクター。

適役の本橋さんも嫌いじゃなかったですし、物語の中で彼女が担った役割は大きかったですね。

手放しで楽しめる物語でした。
ありがとうございました!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

コノハナサクヤさんの他のおすすめレビュー 638