美術室の美男子幽霊と十人目の少女

ayane

プロローグ

 ――五十年前――


 この学校の生徒だった俺は、霊感が強いばかりに学校にうごめく無数の地縛霊が見えた。


 やがて悪霊と化した地縛霊たちは、霊力のある俺を恐れ、放課後美術室で絵を描いていた俺を捕らえ呪いをかけようとした。


 命からがら逃げ延び、車道に飛び出した俺の目の前には、大型トラックが迫っていた。


 悪霊に呪われるくらいなら、転生して勇者になってやる!


 悲鳴のようなブレーキ音とドンッという鈍い衝撃音。体が宙を飛び、地面から無数の黒い手が伸び俺の体を掴んだ。


 ――そう……俺は失敗したんだ。


 トラックに跳ね飛ばされたが、転生するどころか、俺の体は奴らに捕らわれてしまった。


 ――俺は悪霊に呪いをかけられ幽体となる。


『美少女十人の魂を抜き取り絵画に封じ込めることが出来たなら、お前の呪いはやがて解けるだろう。この世に甦りたければ、美少女の魂を絵画に封じ込めろ』


 俺をこの世から消し去ったことで、奴等は俺の霊力を封じ込めたつもりだった。


 ――だが……

 俺は幽体となったことで、さらに彼等より勝る力を持った。


『俺の体を消し去った醜きお前らを、この地底に封じ込めてやる!』


 ――勢いで発した言葉。

 だが両手を前に突きだし念じただけで、手のひらから不思議な光が発射され、悪霊の体に大蛇の如く巻きつき光のたまとなり、悪霊どもを地底に引きずり込み封じ込めることに成功した。


 俺はこの学校に蔓延る悪霊を、校庭の桜の木が植えてある地底に封じ込めたのだ。


 彼らは俺の力を、完全に見くびっていたようだ。


 もう誰も俺に手出しは出来ない。ただしこの体は悪霊に呪われたままだ。


 天国に逝くことも、地獄に堕ちることも、転生することも勇者になることもできない。


 従って、この美術室が終の住処だと諦めていた。


 ――十人目の彼女が俺の前に現れるまでは……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る